波乱万丈 乳がん転移ライフ!

39歳で乳がん ステージⅢ告知。術後1年経たずに肝臓、骨に転移。そこから始まる長い転移ライフ!

「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」を初日鑑賞~いつものワクワク感を持てず

2018-06-29 21:36:38 | スターウォーズについて
☆アッピア夫です。

ついに、来週から仕事に復帰することが決まりました。
左足は相変わらず痺れていて、当面は杖をつきながらの通勤となります。

筋力のない左足をかばうために右足首を頻繁に痛めたり、少し疲れると背中の手術痕が痛むなど、
まだ万全な状態ではないものの、退院後約3ヶ月を経て取り敢えず普通の生活に戻ります。

早くも梅雨が明けて本格的な夏到来となり、猛暑の中での体調管理も大変になりますが、
貴重な平日休み最終日の今日、公開初日の「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」を観てきました。

この映画は、スターウォーズの主役級のキャラクターの一人である「ハン・ソロ」の若き時代を描いた、
スターウォーズのアナザーストーリーです。

これまでは、アナザーストーリーも含めスターウォーズ関連の映画は全てワクワクしながら観て、
「やっぱりこの世界観だよ・・・」となるのですが、今回は初めてワクワク感を持てませんでした。

1つのSF映画としてはそれなりに面白いのですが、「ハン・ソロ」の映画としては物足りなかった・・・

今回、若き日の「ハン・ソロ」役を演じた主演の「オールデン・エアエンライク」と言う俳優には、
残念ながら「ハリソン・フォード」のような魅力を感じることが出来ませんでした。

「ハリソン・フォード」演じる「ハン・ソロ」は、独特のクールな雰囲気がカッコよく唯一無二の存在です。
その青年時代を演じるとすれば、「リバー・フェニックス」しかいない・・・

「リバー・フェニックス」は、「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」でハリソン・フォードの少年期を演じ、
見事にハマっていました。

彼を「スタンド・バイ・ミー」で初めて見た時に、まさに「ハリソン・フォード」の雰囲気を感じましたが、
その彼も残念ながら今は亡き・・・こればかりは仕方ありませんね。

因みに、スターウォーズの最初の主演3人のキャスティングには半年以上もかけ、数千人もの面接をしたようです。

「ハン・ソロ」役には新人を・・・と言うルーカス監督の思いがあり、
過去のルーカス映画に出演歴のある「ハリソン・フォード」は元々候補から外されていました。

他の候補者のオーディションの相手役を務める内に、自然と彼が「ハン・ソロ」役に決まったようです。

ところで、誰にでも、好きな配役とストーリーが結びついて特別な存在の映画があるのではないかと思いますが、
私にとってのそのような映画は洋画と邦画で1つずつあります。

まず、洋画は「白い家の少女」・・・「ジョディ・フォスター」がまだ少女時代のサスペンス映画です。

中高校生時代に「ジョディ・フォスター」のファンだったため、彼女の映画は全て観ましたが、
彼女の少女時代の大人びたミステリアスな雰囲気と映画の内容が見事にマッチした、大好きな映画です。

そして、邦画は「海街diary」・・・「万引き家族」でカンヌ映画祭のパルムドールを受賞した是枝監督の映画です。

この映画も受賞はなりませんでしたが、カンヌ映画祭に出品されました。
鎌倉に住む4姉妹の物語ですが、この姉妹の配役が豪華で、「綾瀬はるか」「長澤まさみ」「夏帆」「広瀬すず」・・・

主役級の豪華な4人が見事に融合して独特の雰囲気を生み出しているのが好きで、
最後の鎌倉の浜辺のシーンは今でも強く頭に焼き付いています。

今日の「ハン・ソロ」の映画を観て、改めて配役について考えさせられました。
私も、来週から改めて仕事で存在価値を発揮してしっかりキャスティングされなければ・・・ですね。

2018年6月29日


男二人を応援いただける方、応援クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
コメント

「『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を満喫」~一瞬で子供に還れる世界観

2017-12-22 22:11:56 | スターウォーズについて
☆アッピア夫です。

12月と言うと、私の中ではここ数年は「スター・ウォーズ」が風物詩・・・
今年も満を持して息子と最新作を観てきました。

今回も決して裏切られることなく、その世界観に存分に浸り、すっかり子供に還って来ました。
唯一、新しいキャラクターだけは(名前も覚えていない)、全く印象に残りませんでしたが・・・

「スター・ウォーズ」は、旧3部作を経て、時代を遡る前3部作、
そして旧3部作の未来を描く現3部作・・・今回はそのど真ん中の8作目となる作品です。

CGによる戦闘シーンの迫力やスケール感はますます磨きがかかり、
その中で繰り広げられる魅力的なキャストによる人間ドラマ・・・
そして、ちょっと笑えるやり取りなど・・・

このあたりはいつもながらの「スター・ウォーズらしさ」なのですが、
今回特に感じたのは、「キャストの多様性」と旧3部作を思い起させる「懐かしいシーン」の数々・・・

前作に続き主人公は女性、そしてそれに絡む主要人物は人種・年齢・性別が見事にバラバラ・・・
色々なところで多様性が語られる現代を反映していると感じます。

「懐かしいシーン」としては、私が旧3部作の中でも特に好きなシーンの一つとして、
「宇宙人たちが集うバー」のシーンがあるのですが、今回もそれを彷彿とさせるシーンが出てきます。

また、これも大好きな「ミレニアム・ファルコン号」から敵を撃ち落とすシーンがありますが、
今回は、同じシーンを別のキャストが演じていて、懐かしさと新しさが混在した不思議な感覚を覚えます。

現3部作は、特に「スター・ウォーズファンのための作品」と言う言い方もされるのですが、
「懐かしいシーン」を観ていると、確かにその通りだろうなとも思います。

少なくとも、「スター・ウォーズ」は全体のストーリーとキャストの関係性が分からないと、
観ていても入り込めない映画ですね。

新3部作では、世代交代が浮き彫りとなるのですが、前3部作からすると三世代に亘っての物語となり、
三世代に亘って壮大なドラマが展開されるパール・バックの「大地」を思い起させる壮大さがあります。

「世代」と言う意味では、親としては「自分の好きなものを子供と楽しみたい」、
「子供にもその良さを知って欲しい」と言う思いがあります。

私が「スター・ウォーズ」の記念すべき1作目を観に行ったのが、ちょうど今の息子と同じ中学生の時・・・
今、中学生の息子と一緒に映画を観に行くことがとても感慨深いです。

「どっちでもいい」・・・映画を観に行く前はそう言っていた息子も、
観終わった後は「これは凄い!やられたわ・・・」「やっぱりスター・ウォーズは違うわ・・・」
と心騒いでいる様子に・・・「よっしゃ!」

因みに、「スター・ウォーズ」は既にジョージ・ルーカスが構想していた9部作を超えて、
その先の全く新たな3部作が計画されています。

これはもう「いつかは孫も一緒に」・・・と三世代を目標にするしかありませんね。

2017年12月22日


男二人を応援いただける方、応援クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへにほんブログ村


コメント

「ローグ・ワン スターウォーズ・ストーリー」~突然死したレイア姫を偲びながら

2017-01-13 23:54:21 | スターウォーズについて
☆アッピア夫です。

「ぼーぼ」さん、コメントを有難うございます。
故郷を離れてから、これ程私の古里と繋がりのある方と出会ったのは初めてなのでとても嬉しかったです。
息子さんが連れてこられた彼女のご実家が同じ所とは・・・きっと素敵な彼女ですね(笑)!

「三石山」は、小学校の遠足で必ず行く所ですし、すぐ近くなので子供の頃何度もハイキングに行きました。
その登山口のある「杉村公園」という広い公園内にアッピアの眠るお墓があります。
これからも古里話をちりばめていきますので、よろしくお願いいたします。

さて、年が明けて実母宅から戻ってすぐに、息子とスターウォーズの最新作・・・と言っても本流のシリーズからは離れたもう一つの物語である「ローグ・ワン」を観に行きました。

昨年は、息子の受験があったため公開後1ヶ月程我慢し、受験最終日に「スターウォーズ 7昨目」となる「フォースの覚醒」を観に行き、受験が終わった開放感と共に新しいスターウォーズ物語に酔いしれました。

「ローグ・ワン」は、スターウォーズシリーズでも異色の作品で、初めて公開された「スターウォーズ エピソード4」に繋がる別物語ですが、スターウォーズの世界観を崩すことなく、スケール感と迫力が更にパワーアップした素晴らしい内容となっていました。

しかも、ところどころにサプライズ映像があって、ラストのサプライズには思わず声が出ました。隣で観ていたおばちゃんもラストで同じように声を出し、二人で「あっ!」とハモったのは面白かったです。

一つ一つの作品の内容は違っても「スターウォーズ」は「スターウォーズ」・・・
そこに流れる世界観と哲学は一貫して変わっていないので、安心してその中に入ることが出来ます。
スターウォーズを生んだ「ルーカスフィルム」がディズニーに買収された時はどうなることかと心配でしたが、前作の「フォースの覚醒」を含め、スターウォーズファンの期待は全く裏切られていないのが嬉しいですね。

因みに、「ローグ・ワン」は最初の作品「スターウォーズ エピソード4」を観ていないと、全く内容が理解出来ませんので、観られる方は「スターウォーズ エピソード4 新たなる希望」を観てから鑑賞されることをお勧めします。

また、ちょうどこの作品の公開直後の昨年末12月27日に、初期3部作のレイア姫役の「キャリー・フィッシャー」がこの世を去りました。彼女は、レイア姫で大ブレイクした後、大したヒット作がなくドラッグ中毒と躁鬱病で苦しみます。その後ドラッグからは脱したようですが、やはりその影響でしょうか、60歳での突然死でした。そして、何とその翌日には、女優兼ダンサー兼歌手のエンターテイナーとして有名な母親「デビー・レイノルズ」も後を追うように無くなりました。

「デビー・レイノルズ」は大ヒットした50年代のミュージカル映画「雨に唄えば」のヒロインです。私がアメリカの50年代~60年代の音楽にハマっていた時に、別の映画の中で歌いヒットした「タミー」と言う曲で知り、本人よりも哀愁を感じるこの曲そのものが大好きでした。84歳で病気がちだったようですが、娘キャリーの葬儀の打ち合わせをしている最中に、脳梗塞で倒れてそのまま還らぬ人となったようです。娘の死が致命的なストレスだったのかも知れませんね。

ご存じの通り、アッピアも私以上のスターウォーズフリークで、結婚前にはよく「どちらがより詳しいか」を競い合いましたが、台詞のほとんどを覚えているアッピアには負けることが多かったです。

今でも思い出すのが、アッピアの誕生日に「ミレニアムファルコン号」のプラモデルを息子と二人で作ってプレゼントしたことです。もう5年前になりますが、アッピアが大喜びして雄叫びを上げていたのを昨日のことのように覚えています。プレゼントでこんなに喜ばれたのは他に記憶がないですね。

こちらがその時のアッピアの記事です。

http://blog.goo.ne.jp/milano2323/e/e5bf9f3fd9f5e6bef30fda14a7b54c06

ミレニアムファルコン号は、今でも我が家の宝物で、アッピアの仏壇の近くに着陸したままです。

2017年1月13日 アッピア夫


男二人を応援いただける方、応援クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへにほんブログ村


コメント (1)

スターウォーズ エピソード7「フォースの覚醒」~アッピア家今年最大の話題

2015-01-10 20:01:19 | スターウォーズについて
☆アッピア夫です。スターウォーズの最新作が12月に公開されることは、皆さんもCMなどでご存知かと思いますが、元日に、邦題が「フォースの覚醒」に決定したと言う発表がありました。アッピア家の人間としては、やはりこれに触れざるを得ませんよね・・・

初代スターウォーズ3部作世代であるアッピアと私は、アッピアも随分書いていたように二人ともスターウォーズフリークでした。当時、思春期真っただ中にあった私は、まずはマンガから始まり、映画も本もSFの世界にどっぷりと浸かっていました。当時は、時代背景的にもアポロの月面着陸、米ソ宇宙開発競争・・・さらに、UFOの目撃情報や「米国は宇宙人を捕獲して隠している」だの、「UFOに連れ去られ、宇宙に行って戻って来た」だの、今考えれば「あり得ない」話が巷に溢れていました。「宇宙人がいるかどうか」は日常の話題でしたし、「宇宙人はこんな姿だ・・・」というような想像図をやたら目にしましたね。

まだ物理や科学が今ほど発達しておらず、宇宙を始めよく分からないものに対する興味や憧れが蔓延していた時代でした。そうした中で、私も大いに想像力をかきたてられながら、多感な青春時代を送りました。よく分からないものに対する好奇心が、読書をしたり映画を観たりする原動力となっていましたし、色々なことが好きなだけ自由に想像できて楽しい時代でもありました。それに対し、今は新しいことが次から次へと解明される時代となりました。特に宇宙の成り立ちの解明の速さは想像を超えており、神秘のベールに包まれていた火星もどんどん探査と研究が進み、今や人間の将来の移住先として本気で検討され始めています。数年後には宇宙誕生の謎も解けているかも知れませんね。もちろん、病気もどんどん解明が進むことを望みます。

こうして、新しいことがどんどん解明されていくことは楽しみでもありますが、昔のような自由な想像やロマンと言ったようなものが成り立ちにくくなり、少し寂しい気もします。また、昔は小説や映画の世界でしかなかったものもどんどん現実になってきています。想像していたものが実現するのは楽しいことですが、「まさかこれは映画の世界じゃないよね・・・?」と憂うことも増えました。今回パリで起きた酷いテロ事件もそうですが、2001年の米国同時多発テロ以降、あまりにも惨くて吐き気さえ覚えるような事件が多過ぎます。多種多様なイスラム過激派が台頭し、バラバラであった過激派が今や国を形づくるところにまで発展して来ています。これが進むと、まさにスターウォーズの世界です。この壮大な物語が決して絵空事とは言えず、現実の「正義と暗黒世界との闘い」の時代が訪れることが絶対にないとは言い切れなくなりました。「人間は強い憎しみや悲しみの感情から、暗黒の世界に落ちる可能性がある」・・・これはスターウォーズのテーマの一つですが、真理だと思います。

せっかくのスターウォーズの話をもう少し楽しく書きたかったのですが、あまりに酷いテロ事件が起きてしまったために、このような内容となりました。しかしながら明るい未来を信じて、映画を観る時は、壮大な物語の続きをたっぷり楽しみたいと思います。それにしてもこの映画は、12月までずっと期待を持たせながら宣伝し続けるのでしょうか?いずれにしても、毎月少しずつ新しい映像や情報が出て来そうなので、それも楽しまないと損ですね。

最後に、Nさんのご冥福をお祈りいたします。アッピアがブログを始めた頃、「ちょっとこれ読んで。この人のブログって書いている事が的確なんだよね。」と言われてよく読んでいました。文才がありご自身の意見をしっかり持たれたかっこいい方でした。本当に残念ですが、どうか安らかにお眠りください。

2015年1月10日 アッピア夫


男二人を応援いただける方、応援クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
コメント (1)