波乱万丈 乳がん転移ライフ!

39歳で乳がん ステージⅢ告知。術後1年経たずに肝臓、骨に転移。そこから始まる長い転移ライフ!

「仕掛けに乗るよりも仕掛ける側になれ」~ヤフーCSOの安宅和人氏の講演を聴いて

2020-02-14 21:43:24 | ためになる話
私の会社では、「マイデー」という名の誕生日休暇を誕生日前後の1ヶ月内で取ることが出来ます。
毎年2月上旬に息子の学校で「創立記念講演会」があるため、最近はそれに合わせて休みを取っています。

中高校生向けの講演なのですが、希望する保護者も参加でき、保護者にも人気のある講演・・・
毎回、なかなか話を聴く機会のない貴重な方の話を聴けるので、息子よりも私の方が楽しみにしているのですが、
今回は、慶応大学環境情報学部教授兼ヤフー(株)CSO(チーフストラテジーオフィサー)の安宅和人氏でした。

東大大学院で生物化学を修めた後、イェール大学大学院に留学し、脳神経科学のPh.D(博士号)を取得。
米国大手コンサルティングファームである「マッキンゼー」を経て、2001年の911同時多発テロを期に帰国。
上記以外にも、慶應義塾SFC研究所副所長、データサイエンティスト協会理事、内閣府の公職を複数兼任。

経歴を並べるだけで相当凄い方であることは一目瞭然ですが、専門は「データサイエンス」・・・
これからのデータサイエンスとAIの時代の先頭を走り、社会に提言する第一人者であることは間違いありません。
華麗な経歴から取っつきにくい人かと思いきや、大変面白い型破りな方で、最後まで話に引き込まれました。

さすがにヤフー(株)の戦略部門のトップだけあって、最初に見せられたのはドライブレコーダーの画像・・・
車が走行中に急にブザーが鳴り響き、斜め前方で車同士がぶつかって事故が起きる。
また、別の場面で車の走行中にブザーが鳴ると、横をすり抜けて行ったバイクが他の車に衝突する。

次に見せられた画像は、人混みの中を歩く一人の男性の色が変わり、カメラがずっとその姿を追っていく・・・

前者は、「ビッグデータ×AI」によって、事故の起きやすい状況を瞬時に察知できることの実証画像で、
後者は、歩き方の癖などから、指名手配者を群衆の中から簡単に見つけ出すことが出来ることの実証画像・・・

ちょうど今、家入レオが主題歌を歌っていることから、2年前に続き「絶対零度」というドラマを観ているのですが、
「ビッグデータ×AI」によって、犯罪を計画している人を見つけ出して未然に防ぐという近未来的な内容・・・

2年前はまだ現実感を持てなかったのですが、今は「近い将来に現実にあり得る」と感じながら観ています。
今回の講演を聴きながら、このドラマの設定は「近い将来本当に現実になる」可能性が高いと、確信させられました。

彼は、「ビッグデータ×AI」が社会に大変革をもたらし、10年後には現在の企業の1/3はなくなると・・・
18~19世紀にかけて起こった「産業革命」に匹敵する「情報産業革命」がこれから起きる、と断言されました。

中国では、あらゆる交差点の四つ角毎に10個もの監視カメラが設置されるほどの監視社会になっていますが、
「ビッグデータ×AI」の研究への投資額も半端ではなく、国家が主導してあらゆるデータ吸い上げています。

犯罪防止以外に反体制派を見つけ排除する目的もありますが、データを通じた世界覇権が最終目的で、
「情報産業革命」により、中国が経済的にアメリカを抜いて世界のトップになることは間違いないだろうとのこと・・・

ちょうど翌日の新聞に、中国が新型肺炎の感染経路割り出しに、監視システムを利用していることが出ていました。
何と、感染者の過去の移動経路、滞在場所や滞在時間、電話の通話記録など全ての行動が把握出来るそうです。

スマホ決済で誰がいつ何を購入したかの把握は勿論のこと、中国の監視社会としての実態は恐ろしく、
米国が中国最大の通信機メーカーであるファーウェイ社の製品を排除しようとするのもリスク管理上当然かと・・・

そして、「情報産業革命」の真っ只中を生きることになる今の学生にとって大事なことは、データそのものではなく、
「体験」「気づき」「発信」・・・という、やりたいことを実体験し、感じたことを伝えることなんだという話でした。

最後にもう一つ別の動画が流されましたが、大勢の人が座ってくつろいでいる海外の芝生公園の風景でした。
その中の一人の学生が上半身裸になって立ち上がり、両手を挙げて前後に振る変なダンスを始めました。

最初は笑って見ていた周りの人も学生が楽しそうにやっているのを見て、その内に一人二人と一緒に踊り出し、
ついには大勢の人が一緒になって壮大に踊り始めました。

彼のメッセージは、「大変革の時代には、仕掛けに乗るよりも仕掛ける側になった方が得るものが大きい」
「自分が好きなことをやってみて、面白いと思うことを発信していけば、仕掛けるチャンスが生まれる」と・・・

「自分の好きなことをやっていい」と言われ、これから社会に出ていく学生達は自信を持ったと思いますが、
社会人経験の長い私も、「息子が手を離れたら、もう守るものもないので自由に面白いことをやっていこう」
・・・そう確信できた楽しい講義でした。

2020年2月14日


男二人を応援いただける方、応援クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


乳がんランキング

コメント

「世界一の楽器の町」の歴史を知ると「ピアノ」が愛おしい~ブラタモリ「浜松」編を観て

2020-01-31 21:06:52 | ためになる話
1月27日に誕生日を迎え、また1点加点されました。取り敢えずは100点を目指して気持ちも新たに・・・

誕生日が正月に近いこともあり、昔から1年の目標は正月に決めずに誕生日に決めることが多いのですが、
今年の目標はもう半年前に決まっています。息子が留学から戻ったら華麗なピアノ演奏を披露すること・・・

去年の8月から始めた完全ど素人の「ピアノレッスン」ですが、あれからもう半年が経ちました。
最初の3ヶ月位は指が筋肉痛になったり、腕や肩が痛くなったり、まあ無駄な力が入りまくっていましたが、
最近はリズムを刻む左手とメロディーを弾く右手との違う動きが、割と自然に出来るようになってきました。

とは言え、曲の途中で指が迷子になってしまったり、指を見ていると譜面の場所が分からなくなったり・・・
まだまだ初心者の域を脱していないので、短時間であっても毎日ピアノを弾くようにしています。

ところで、先日の「ブラタモリ」で「浜松編~なぜ世界一の楽器の町になったのか?」が放送されました。
「浜松」は、世界的なピアノ作りの町として有名ですが、何と今では4種類の楽器で「世界シェア№1」・・・

ピアノは40%の世界シェアを誇り、それ以外の「世界シェア№1」は、電子ピアノ、鍵盤ハーモニカ、管楽器・・・
鍵盤楽器はピアノの派生として当然としても管楽器まで№1とは知らなかったので、新しい発見でした。

まず、「浜松」は戦国時代に徳川家康が17年間居住し、浜松城を建てたことで城下町として発展しました。

江戸時代には、温暖な気候風土から綿花の栽培が盛んとなり、綿花と綿織物の一大産地となっていきますが、
当然、織物のためには木製の織機が必要となり、織機を作る木工職人もたくさん集まって町が栄えました。

その後、明治へと時代が変わり、唱歌教育が行われる中で小学校に米国製のオルガンが導入されました。
当地で機械器具全般の修理を行っていた「山葉寅楠(やまはとらくす)」氏(後の「ヤマハ」創業者)が、
米国製オルガンの修理を請け負ったことから、その構造を学び、日本初のオルガン作りを始めます。

会社を起こした山葉氏は、渡米視察によって今度はピアノ作りを学び、日本初のピアノ作りも始めますが、
ピアノを作るためには多くの種類の木材と、そしてその木材をしっかりと乾燥させる必要があります。

「浜松」は、天竜川によって南アルプスの木材が運ばれる集積地でもあり、元々木材が豊富だったようです。
地形的にも常に乾燥した空っ風が吹き下ろし、木材の乾燥にも適していて、ピアノ作りの条件が揃っていた。

こうして、「浜松」がその地理的条件と木工職人の腕で世界一のピアノ作りの町として発展していくことになります。

番組では、薄い板を重ねて独特の形に曲げていく、グランドピアノの製造現場を見ることが出来ましたが、
ものづくり自動化全盛の今の時代に、職人によって一台一台丁寧に手作りされていることが新鮮な驚きでした。

グランドピアノの形を上から見ると、まさにPianoの「P」をガバッと広げたような形だなと思ったことがありますが、
薄い板を何枚もくっつけて手作業であの独特の曲線の型にはめ込んで、形作っていく作業工程は美しかった・・・

多種類の木材を重ねることで良質の音色を生み出せ、最高級のグランドピアノは何と完成に3年もかかるそうです。

そして、その後戦争の時代となりますが、「浜松」は東京と大阪のちょうど中間にあることや、
平らな土地が広がり滑走路を作るのに適した場所でもあったことから、航空自衛隊の最初の基地が作られました。

ピアノ作りの技術が、当初木製だった戦闘機のプロペラ作りに活かされ、その後プロペラが金属製になることで、
今度はその金属の加工技術が管楽器作りに活かされていく・・・という連鎖があったようです。

世界の管楽器の3分の1を製造する工場も見ることが出来ましたが、ここでも一台一台手作りされていました。
脈々と続く歴史と、地形、気候風土、多くの職人の腕と音へのこだわりにより、浜松が「世界一の楽器の町」に・・・

家にあるのは残念ながらグランドピアノではなくアップライトですが、こういう背景を知るとグッと愛おしくなりました。
元々アッピアが子供の頃に使っていたピアノなので、弾き手は「アッピア⇒息子⇒私」と家族の歴史でもあるし・・・

益々レッスンに気合いが入りそうですが、そろそろ調律もやって労ってあげないと・・・

2020年1月31日


男二人を応援いただける方、応援クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


乳がんランキング

コメント (1)

「ディズニーの魔法」~カリスマトレーナーと言われた方から学ぶ人の育て方

2019-03-29 23:02:38 | ためになる話
ついに東京では桜が満開となりました。毎年のことながら、やっぱり浮き浮きします。

学生にとっても今は春休み真っ只中で、ディズニーランドもシーも毎日人で溢れていることかと思います。
去年までディズニーで遊び尽くしてきた息子は、もうすっかり飽きたようですが・・・

ディズニーでいつも思うのは、スタッフの活き活きとした姿と明るい笑顔、そして気持ちの良い対応・・・
アトラクションやショーを盛り上げるスタッフばかりではなく、パーク内の全てのスタッフが皆楽しそうに働いている。

だからこそ、本当に夢の国だと思えるし、やっぱり楽しいし、また行きたくなるんですよね。
ディズニーで働くスタッフは全員「キャスト」と呼ばれ、今や世界一とも称される夢の国の舞台の一員です。

先日、10万人以上のディズニーの「キャスト」を育てたカリスマトレーナーで、現在は大学で講師をしながら、
人材育成コンサルタントとして活躍する櫻井恵里子さんと言う方の講義を受ける機会がありました。

さすが夢の国の大勢のキャストを育成された方だけあって、大変魅力的な方で話も面白く、
随所に飽きさせない工夫がされていて本当に楽しい時間を過ごせました。

ほとんどがアルバイトとして採用されるごく普通のスタッフが、いかに「キャスト」として成長していくのか・・・
その過程の一端に触れることが出来、「人を育てる」と言うことを真剣に考えさせられたひとときでした。

元々、人に夢を売る仕事に就く人を採用するため、ホスピタリティ力のある人が採用されるのは当然ですが、
キャストとして表舞台にデビューするまでの研修はたったの3日・・・

実は、表舞台にデビューしてからが大事で、OJTを受けながらどんどん「キャスト」として変化し成長していく。
そして、驚いたことにそこに「マニュアル」は存在しないのだそうです。

当然のことながら各アトラクションの「手順書」はありますが、それはサービスマニュアルとは異なり、
「SCSE(安全、礼儀、ショー、効率)」という行動基準と、「ゲストにハピネスを提供する」という理念があるだけ。

但し、身だしなみに関しては徹底した決まりがあり、二人一組でお互いにチェックし合うようですが・・・

マニュアルがない代わりに、一流の「キャスト」に育てるためには、基本となる「魔法の教え方」があるのだそうです。
その3つの特徴は、「ゴールを見せる」「感動を体験させる」「行動を見守る」・・・

その具体的な説明やエピソードを聞いて、お仕着せや決められたことに盲目的に従うのではなく、
人が育つのは「自分で考え、自分で気づき、自分の判断で行動する」ことなんだと思いました。

そうすることで、人はやりがいを感じ、モチベーションを持ち、喜びを感じて成長していくんですよね。

興味深い話の中で、特に印象に残ったのがご自身の5歳の娘さんについての話でした。
平日は大学で教え、休日も色々なところに研修講師で呼ばれるため、娘さんとの時間が取れないのが悩み・・・

そんな娘さんに「お母さんの仕事が忙しくて、ゆっくり相手してあげられなくてゴメンね」と言うと、
「お母さんが楽しそうに仕事をしているのが好き。私もお母さんみたいに働きたい。」と言うのだそうです。

お母さんの活き活きと働く姿が、自然と娘さんを育て成長させてもいるんですね。
子供は親の背中を見て育つ・・・これも子育ての「魔法の教え方」と言えそうです。

2019年3月29日


男二人を応援いただける方、応援クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


乳がんランキング

コメント