痛い(州´゜◆゜)>イタタ ★☆★☆日記

私は思う。日々の疑問を共に考えてみよう。

ちりあくたの私であっても…🌠💟

2018-02-15 21:30:51 | 日記
神は、人間をちりで創られました。

ですから、死ねばこの肉体はちりに戻

りますね。


土に戻るということですね。


ところが、人間はちりで創られただけ

ではなく、そこに神の息が吹き込まれ

ましたね。


神は、人間を土で創られはしました

が、同時に神の似姿としての尊い価値

もお与えくださいましたね。


灰の水曜日には、額に灰を塗られま

して、回心しなさいと言われますね。

そして、福音を信じなさいと。


福音は、わたしたちのもとに神さまが

訪れてくださったこと。

よい知らせを告げに来てくださいまし

た。


霊魂の救い。

天国への道へと導かれる。


わたしたちはその民だから、罪から離

れていつも主と出会う。


四旬節は喜びの日々。

神さまの存在をいつもより感じ、意識

し、たとえ誘惑に苦しむことがあって

も、神の愛はけっしてわたしたちから

離れることはありませんね。


たとえ、わたしがちりあくたであるも

のに過ぎなくても、人間が、ちりあく

た以上のものであるのは、神さまがそ

のようにしてくださったからですね。


人間の肉体もやがて朽ちても、復活に

よって永遠のいのちへとよみがえりま

すね。


四旬節、主の愛となぐさめを近くに感じながら、日々過ごせたらと思っております。(*´ー`*)🌠💟



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« チャンスは何度もやって来る?! | トップ | 引き継がれていかないわけ… »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事