痛い(州´゜◆゜)>イタタ ★☆★☆日記

私は思う。日々の疑問を共に考えてみよう。

使徒パウロのテトスへの手紙

2018-11-14 18:14:24 | 日記
第一朗読(テトス3・1ー7)

使徒パウロのテトスへの手紙

〔愛する者よ〕人々に、次のことを思い起こさせなさい。支配者や権威者に服し、これに従い、すべての善いわざを行う用意がなければならないこと、また、だれをもそしらず、争いを好まず、寛容で、すべての人に心から優しく接しなければならないことを。

わたしたち自身もかつては、無分別で、不従順で、道に迷い、種々の情欲と快楽のとりことなり、悪意とねたみを抱いて暮らし、忌み嫌われ、憎み合っていたのです。

しかし、わたしたちの救い主である神の慈しみと、人間に対する愛とが現れたときに、神は、わたしたちが行った義のわざによってではなく、ご自分の憐れみによって、わたしたちを救ってくださいました。

この救いは、聖霊によって新しく生まれさせ、新たに造りかえる洗いを通して実現したのです。神は、わたしたちの救い主イエス・キリストを通して、この聖霊をわたしたちに豊かに注いでくださいました。

こうしてわたしたちは、キリストの恵みによって義とされ、希望どおり永遠のいのちを受け継ぐ者とされたのです。


今日の聖書朗読の箇所でしたね。


神様は、わたしたちを御自身のあわれ

みによって救ってくださいましたね。

そのあわれみから、はずれるものはな

く、信じるすべての人を新たに造りか

えてくださいますね。✨†💓✨


キリスト・イエスの十字架を通して、

その恵みによって義とされたことと、

約束の天の御国を用意されていること

に心から感謝して、この世の労苦を耐

え忍びつつ、信仰・希望・愛がさらに

強められて行きますように…🍀


互いに励まし合いながら、ささえ合いながら、祈り合いながら共に歩めますように。💐😊



コメント

大切な友人との分かち合い🙏✨

2018-11-13 20:28:12 | 日記
今日は前から約束していた友人が自宅

へ来てくださいました。

お祈りを一緒にして、そしてみ言葉の

朗読と分かち合いをしました。

今週の日曜日の聖書の福音の箇所でし

たが、貧しいやもめが乏しい中から

持っているすべての生活費を賽銭箱に

入れたというお話でしたね。


大勢のお金持ちもたくさん入れてい

た。とあるのですが、やはりここでは

貧しい人の捧げた金額はお金持ちから

すれば少ないかも知れませんが、自分

の生活費のすべてを捧げたということ

で、神様はそこをご覧になられている

ということなんですね。


友人はすべてをささげるのは難しいね

と少し苦笑されました。😅


けれど、もっと大切なことは執着しな

いということかも知れないねと思いま

した。

神様への信頼は100%でありたいと誰も

が思いますが、現実には自分のこだわ

りや自分の能力や自分の主張が強すぎ

て過信してしまい、神様を後回しにし

たり自分にとって都合のよい神様を作

り上げたりしてしまうようですね。


大切な友人との分かち合いは心置きな

く話せて、夕食も会話がはずみまし

た。

み言葉は、神様の教えであり、わたし

たちがどのように考え、どのように生

きるべきかを教えてくださいますね。


暗闇に照らされる明るい光ですね。その光に導かれて共に歩める友人がいることを感謝したいと思いますね。🙆💓✨

コメント

模範を示すことができるならば…🍀

2018-11-12 19:00:41 | 日記
どこの聖書の箇所でしたか、あなたは

口ではりっぱなことをいうが、自分で

は何もしないで、人には重い荷物を背

負わしている、と。


み言葉を教える人も教えを教える人も

自らがそれを行う人でありなさいとい

うことでしょうね。


また、謙虚さや信仰がなければ、先ほ

どのみ言葉にあったように、自分では

何もしないで、人に重い物をかせると

いうことになってしまうのでしょう

ね。


み言葉を伝えなさい。

時が良くても悪くてもしっかりやりな

さいという聖書の箇所もありますね。


それは自分自身がそのみ言葉に基づい

て生きていてこそ伝えることのできる

ものなのでしょうね。


あとはひたすら謙虚であることなのか

もしれませんね。

謙虚さがあれば伝え方や教え方に神様

の愛や人への配慮を伴うことを知るの

でしょう。

反感や批判、非難を受けても構わな

い。自由に語りたい。それもその方の

使命ならばご立派なことだと思います

ね。


ただ、皆が同じようには召されてはお

りませんね。


それぞれ背負わされているものが違い

ますし、果たすべき重荷が違うからで

すね。😊

ですから、それぞれ自分の人生におけ

る模範を生きれば素晴らしいんだと思

いますね。

模範とはキリストの歩まれた道がお手

本ですね。


祈り、善行、償い。

愛と忍耐とゆるし。他色々…🌹✨


わたしたちにも各々ができるものを恵みと共に与えられておりますからそれを捧げていければ幸いだと思いますね🎵🙆💛
コメント

あちらこちら教会バザーですね😄

2018-11-11 16:44:30 | 日記
教会によってバザーのスタイルは、さ

まざまですね。


前日分の食券のみの販売で当日券が

いっさいないというのは、当日ブラッ

と来られても食べることができません

ので少し残念なことでした。


バザーに出される商品も持ち主にとっ

ては不必要でも、必要とされるところ

に買い取られていくのですから、良い

ことだと思いますね。

けれど、やはり売れ残りの処分は毎年

かなり大変な作業になるのも事実です

ね。

最近では、教会にさまざまな外国人の

方々が来られていますので、バザーが

単なる販売だけではなく、歌やダン

ス、ミニコンサートなどのパフォーマ

ンスもあり、大いに国際交流を楽しむ

場にもなりつつあるのかなと思います

ね。

ベトナム人の共同体は仲がいいなあ、

男女共によく働くし、いつも男女が協

力し合ってるという感じでしょうか。


日本人の青年たちは、教会内では歌え

ない踊れない料理作れないんですよ

ね。

本当は出来るのにね。

楽しみたいのにね(笑)😅


フィリピンの共同体もスペイン人も皆

陽気で楽しく踊りますね。

わたしも誘われれば一緒に仲間になり

ます。


日本人の良さは何でしょう?


これからも、どんどん外国人が日本に

来られるでしょう。

どんな風にコミュニケーションを取り

ましょうか?

ベトナム料理も韓国料理も中国料理も

スペイン料理も最高に美味しいです

ね。


聖書の勉強会と異文化料理講習会、共に楽しめたらいいのになあとひとりで勝手に色々思うのでした。(笑)😅🙆🎶




コメント

共に住めるということは…

2018-11-10 17:36:18 | 日記
親子であろうと兄弟、姉妹であろうと

家族で共に暮らせるのは今になって思

えば幸せなことなのかもしれません

ね。

大家族で仲良く暮らせているのも、想

像すら出来ないという人もおられるで

しょう。

肉親じゃないけれど、友人、知人と共

に暮らしているという方もいらっしゃ

ることでしょうね。


カトリックでいうなら、修道会という

感じでしょうか。

他人同士が信仰という絆で一つに結ば

れて共同生活をしながら、神様のご用

に身をささげておられますね。


一般の人であっても、個々の部屋と共

同スペースにおいては、互いに話し合

いながらルールや順番やその他の決ま

り事や約束ごとの上に成り立っている

のでしょう。


人が人と共に住むとは、どこかで自分

をおさえたり、どこかで自由や居心地

を考えたり相手との折り合いを考えた

りするでしょう。


親子であろうと夫婦であろうと友人知

人であろうと、共に住む場で、皆が自

我を通してばかりでは波風も立つで

しょう。


会話はとても大切だと思いますね。

なぜなら、お互いの思い込みによる行

き違いも案外仲たがいの原因になるよ

うですから。


きょうだいが共にいるのは麗しいこ

と。詩編133

わたしたちが仲良く暮らせるのは大きな恵みであり喜びなのですね。そうでなくても、祈りに支えられて歩んで行けますように…🌹😊🌱✨


コメント