あんずますBlog

東京と横浜に挟まれてる巷...街ごよみ なう  
ジャルを問わずに気軽に思いのままに写真ブログを書いています

下向きに儚げに

2017-06-18 | 四季を彩る花

        蛍袋 (ほたるぶくろ)                                                  

      

       子どもが捕まえた蛍をこの花に入れて持ち帰ったので、蛍袋という名がつけられたとの説ですが!。

 

      【あんずますの意味は例えば気持つが良い津軽語であんずますと言う方言です.....心地が良い、ゆったりした、居心地が良い、落ち着く等の意味を包括した感じのことを言う】

ジャンル:
植物
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金糸梅は眩しい | トップ | 偶然が重ったミステリー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

四季を彩る花」カテゴリの最新記事