心もよう

 ・趣味の粘土細工、陶芸、パソコン画、
  詩などの紹介をしたい
 ・友達づくり

~ヒマワリの夏~

2020-08-12 | 
    


 
 泣いているようにも
 笑っているようにも
 見えて
 幾つもの 表情で
 訪れる人を待っている
 野辺に咲いたヒマワリ

 あまりにも 陽射しが強くて
 あまりにも 乾きが邪魔して
 太陽に向かいながらも
 黄色の花びらや大きな葉が
 枯れてしまいそう

 風も吹かず
 雨も降らず
 山並みも 森も 野原も 
 日照りの夏は熱すぎて
 悲鳴をあげている

 「泣きたい時は 泣いてもいいよ!」
 強がりだけで いつも
 元気だけを頑なに見せるけど
 辛い時もあるだろう
 哀しい時もあるだろう
 ヒマワリだから強い…何て
 誰が言ったのだろう

 今日のヒマワリ
 それでもイキイキとして
 逞しく 綺麗で~


 
 
 
 
 





コメント (1)

~伝える言葉~

2020-08-10 | 粘土細工
     


 
 言葉をさがす
 言葉に託す
 言葉を集め
 言葉で話す

 何がある
 何がいい
 何を求め
 何を言う

 いつでも 何処でも
 どんな時も 何でだろう
 言葉の中にいるのに
 言葉が出ない
 ひとことが 出ない
 
 言葉で遊んで
 言葉に泣いて
 言葉を悔やんで
 言葉を求める

 いま 気持ちの中で
 戦っているから 待って欲しい
 少しだけ 繫ぎたい想い
 精いっぱいに 表せる言葉を
 必死になって さがしている~
コメント (1)

~夢の風船~

2020-08-08 | 粘土細工
      



いっぱい いっぱい
想いを詰めて 風船を膨らませる
何処へ 飛ばしたい
何処へ 飛ばそう

何もかも 詰められないのに
何かをリセットしたくて
赤い風船をさがしている

風に吹かれて
風に乗って
何処へ 行くのか
想いどりには ならない
空想の世界で 夢を見ているよう

果てしない 場所
いつか 行きたかった処
何処までも続く 続くだろう世界
未知の道 夢処 天空  

何をしたいのか
何がいいのか わからない
待っているとの言葉 想い出して 
”今更なんで”と呟いている

やはり 飛ばしたかった風船
思いのほか 飛ばなくて
ファファ 舞いあがったら
知らぬ間に戻って来る まるで
何も無かったように 庭で舞う

そう~あの 昔、飛ばした 
赤い夢風船~…


コメント (2)

~いつもと違う夏~

2020-08-07 | 

        

 
 何かが違う
 いつもと違う
 
 何かに襲われ
 いつもと違う

 誰もが 困って 
 いつもと違う

 不安でいっぱい
 いつもと違う
 
 何だろう この喪失感
 いつもと違う

 どうにかならないか
 いつもと違う

 だから 如何する
 いつもと違う

 いつまで待つ いつなら抜け出せる?
 いつもと違う
 
 空気も 光も 環境も 気持ちも 変化の波も 
 風の行方も 希望と言う名の未来も 夢物語も
 これからという先も 想い出話も 現実も 
 いつもと違う

 何を信じて 何を待つ?
 
 解かっている 今の状況は
 叫んでみても 何も変わらない
 いつもと違う 日常や暮らし
 ただ 黙って
 時の過ぎるのを待つだけなのか
 我慢の先で 長いトンネルは抜けられるか
 暗くて 暑くて どうにもならない先に
 抜け穴はあるのか
 
 どうにかしょう
 どうにかしたい
 何かが出来る ただ
 待っているだけでは どうにもならない
 皆が試されている 
   
 コロナの夏は始まったばかり~
  
コメント

~思い出を拾い集めて~

2020-08-04 | 粘土細工
       

 
 
 いま
 思い出の箱をひっくり返し
 心に残っている 忘れられない想い
 解き放そうとしている
 だけど
 無くしたもの
 壊したもの
 零したもの
 また
 拾い集めているのは 何故

 これまでの
 長く険しかった道のり
 多くの出会いや別れがあって
 喜びや哀しみに 泣いたり 笑ったり
 数えきれないほどの痛みが
 波打つように 渦巻いていたけど
 いまでは 何もかも懐かしい
 
 引き出しのなか
 ひとつ ひとつが大切な宝物になって 
 蘇えるのは
 時の流れか それとも
 老いたせいだろうか

 後戻りも
 前に進むも
 揺れる気持ちを宥めながら
 元に戻している

 不思議だけど
 思い出と遊び 生かされている
 人と繋がり 積み重ねる”生きた証”
 これからの残った道 ゆっくり歩いて行く~ 
  



コメント

~不思議な雨の雫~

2020-07-22 | 粘土細工
     



風もないのに 
木々の小枝を揺らし 静かに降り注ぐ雨 
部屋の出窓を 隠してしまうほどに
広がった木斛の 柔らかな薄緑の葉に
宿った雨の雫
 零れて 跳ねて 流れて
 落ちたら何処へ
  何を呟いているのか
   何で並んでいるのか

無数の小さな珠 
淡い光を放ち キラキラと煌めいて 
涼やかに咲き始めた
紫陽花を驚かせる

雨音だろうか 
奏でるような調べが
寂しく聴こえてしまうけど・・・・
 天からの贈り物 不思議な雫
  ひととき 心を和ませて~

窓辺の梅雨空 仰いでも
止みそうにない雨
優しい音色に 魅かれて
そっと 耳を澄ませて 
聴いている
コメント (4)

~雨の日だから~

2020-07-12 | 
         


雨空を見上げて 
曇り空と にらめっこ
天に向かい 誰かが意地悪で
灰色の水彩絵の具を 流したような 
薄暗い空が広がっている 

いつまで降り続くのだろう
いつになれば碧空が戻るのだろう

止みそうにない雨
木々の梢を濡らし 風を呼んでいるのか
微かに揺れながら 小さな小粒の雫
並んで光って 落っこちそう
すっかり お洒落した薄紫の紫陽花も
とにかく 元気で眩しい向日葵も
庭で仲間とざわめきながら 
瑞々しく潤い 弾んで映る

いつの間にか 窓辺では
雨音が調子をつけて リズミカルで軽やかに
演奏しているようにも聞こえ
パタパタ ポトポト パタ~ン トン

何だか 賑やかになって
周りを驚かせているから
いつまでも 知らんぷりで
何処までも 降らせる 
雨の日だから~



 






コメント

~何を待っている~

2020-07-11 | 粘土細工
   




何を待っている
吹き抜ける風を待っている

何を待っている
眩しいほどの陽射しを待っている

何を待っている
碧空に浮かぶ雲の流れを待っている

何を待っている
止みそうにない雨の雫を待っている

何を待っている
届かない声にかける言葉を待っている

何を待っている
何も言わない木に梢の囁きを待っている

何を待っている
探しても見つからない希望を待っている

何を待っている
希望の向こうの小さな光を待っている

何を待っている
小さな希望の住む 優しい風を待っている 

何を待っている
風のなかで逢いたい人を待っている

何処まで行こうか?
何処へ行こうか~



コメント (2)

~風のなかにいる~

2020-07-03 | 

          

 
 何故だか 
 風のなかにいる
 
 何処にいても
 何をしていても
 誰かと 一緒でも
 ひとりでも
 賑やかにしていても
 嬉しくても 哀しくても
 野辺の小道 雑草に揉まれても
 窓辺のテラスで お喋りしていても
 庭木と遊んでいても
 ヒマワリ畑でも すすき野でも
 街なかでも 雑沓に塗れても
 
 不思議だけど
 不思議のなかにいる

 風が吹いて
 木々が叫んで
 森が溜め息ついて
 風の音を静かに聴いて
 
 風を待っている
 風のなかで~
 
コメント

~風と戯れて~

2020-07-01 | 粘土細工
     



誰かが 待っている
いいえ 誰もいない

誰かが 話しかけてくる
いいえ 誰もいない

誰かに 会いたい
いいえ 誰もいない

誰かを 追いかける
いいえ 誰もいない

何処からか 風が吹いて
何処へ 通り抜けるのか
窓ガラスを 揺らしているのに
誰もいない部屋で ひとり 

なのに
何故だか 風と戯れて
いつか
飛び出したいと 
天を仰いで 誰かを 
捜している~



コメント

~雨の中で~

2020-06-20 | 
 
        

雨の中で
滴が泣いている
小粒の涙の珠 風もないのに
零れて 木々の緑に
揺すられて

雨の中で
陽が泣いている
陽射しの光 風もないのに
閉ざされて 広い雲間を
さ迷って

雨の中で
空が泣いている
澄んだ碧空 風もないのに
隠されて 叫んでみても
流されて

雨の中で
草花が泣いている
庭で潤い 風もないのに
綺麗に咲いて 静かに花びら 
飛ばされて

雨の中で
繰返される 出来事に
いつしか 気づかないで
天を仰いでいる~



コメント

~雨の雫~

2020-06-19 | 




いつ頃から 
降り始めたのだろう
止みそうにない 今朝の雨
梅雨空を灰色に染めて 
静かに降りそそぐ 

窓辺で
青々しい若葉に宿った 雫の珠
まるで 水晶のようで
無数に散りばめられ 
キラキラと光り 煌めく

何処へ 流れて
何処へ 落ちて
飛んで 飛ばされ 跳ねて 溢れる
雨の雫

庭の草木や野花
イキイキとして潤い
仲間と戯れながら いきずき
雨の日を楽しくさせる

いつまで続くのだろう 
雨雲の行方 気にしながら
天を仰いでいる
いつかは消えていく 雫
何処までも 追いかけて~









コメント

~白いページに何を描く~

2020-06-16 | 粘土細工

        


 
 やっと 
 ブログに 向き合っている
 
 何を 描こう
 何が 心にあり
 何を 求めて
 何を 云いたい

 何もない
 何かを探して
 振り返り 見つめて 問うている

 何気ない日常の 平穏に
 いつも通り 当たり前 普段と同じ…は
 無くなってしまい
 思いがけない 思いもよらない 
 出来事が襲って 
 誰もが直面し 逃げられなくなった 
 どうにもならない 辛い 苦しい
 状況の始まりだろうか
 
 だからと言って
 何も出来ない無力さに ただ
 時の過ぎるのを 静かに待っている
 
 どうする どうしたい

 白いページに 
 何が書けるのだろう 
 何を描けるのだろう
 何故だか 考えてしまうけど
 何でも 吐き出せるのが 
 私のブログ
 
 いまは 大切なツールになって
 気持ちを許せる 友達のようなもの
 出番を待っているのかな?
 何だか 聴いている~ようで…

 
 
 
コメント

~紫陽花の雨~

2020-06-14 | 
         


 
 いつの間にか 
 咲き始めた 薄紫の紫陽花 
 涼やかな 雨に濡れながら
 青々とした新葉に 透明な雫の珠
 いっぱい いっぱい 宿って
 煌びやかに 輝いているよう
 
 何を待って
 誰に会いたいのだろう

 雨の雫は
 弾けて 飛んで 落ちて 流れて
 次から 次へと
 消えていく
 さだめのような 行方に
 誰もが 知らん顔で
 ただ 見守るだけ

 庭に咲いた 紫陽花 
 香りを残しながら 
 雫と一緒に草木の中で
 梅雨空に映える~ 
 
 
 
 
 
 
 
コメント

~沈黙~

2020-06-12 | 粘土細工
      


 
 何も言わず
 何も言えず
 何もかも 解かったふりで
 黙ってしまう

 何かを語り
 何かに縋ったら
 何が変わる 何を変える?

 いつも通り 黙って 
 いつも通り 何も出来ない
 いいえ 何もしない
 
 だけど 沈黙するから
 答えている
 きっと あなたには
 わかって貰える…
 
コメント