離婚を決める前に知っておきたい「男女の違い」夫の気持ち 妻の気持ちがよくわかるカウンセリング

バツイチ同士の再婚~離婚危機~夫婦修復したカウンセラーです。3000名以上の相談を受け続けているカウンセラーの離婚ブログ

ハズレ妻!?結婚に向かない妻8つのタイプ

2019-11-02 10:54:40 | ハズレ妻


ハズレ妻!?

なんだそれ!
って思いました?

ハズレ妻というのは、
ひとことで言ってしまうと、
結婚に向かない妻のことです^^


こんにちは。夫婦問題カウンセラーの小林美智子です。

結婚に向かない妻8つのタイプ

夫婦関係が悪くなってしまったり、
妻からいきなり離婚なんて
言われてしまうと、

ついつい
「妻しかみえない!」状況に
陥ってしまい、
ご自分のことを責めはじめ、
ただただ責め続けてしまうことがあります。

でもね、本当に、
あなただけが100%悪くて、
今の状況になっちゃったのかな?

ちょっと、立ち止まって、
客観的に、今までの結婚生活を
振り返っていただけたらと思います。

ということで、
今までの相談者さまのお話を
振り返りながら、
結婚に向かない妻8つのタイプについてお伝えします。

ハズレ夫!?結婚に向かない夫12のタイプはこちらです!

1.女王様タイプの妻

子供の頃から、
比較的裕福な家庭、

プラスアルファ、
ちやほやされて育った
妻のような場合、
たとえ、大恋愛の末、
結婚したとしても、
裕福な生活を捨てることは難しいです。

結婚当初は、
うまくいっていても、
「稼ぎ」の話を平気で
するようになりますし、
夫側も稼ぐことで愛情表現しようと
必死になってしまいます。

ただ、女王様タイプの
1番の問題点は、
夫への要求がどんどん
エスカレートして、
なかなか満足しないという点になります。

結果的に、夫婦喧嘩がたえず、
夫は稼ぐことに必死になり、
いろいろなものが
見えなくなってしまい、
ただただ妻に振り回されてしまうこともあります。

2.恋する乙女妻

不倫をするのが
男性だけとは限りません。
もともとが恋愛体質で、
不倫を何回も繰り返す女性も増えつつあります。

また、モラルが低いため、
自分が不倫してるときは
乙女のようになり、
夫は相手にされず、

自分の不倫が終わると
夫にお姫様のように
扱うことを求めるような場合もあります。

結果的には、
この繰り返しとなり、
夫はただただ振り回されて
しまうことになります。

3.完璧主義なヒステリー妻

結婚前はしっかりしていると
思っていた女性が、
しっかりし過ぎると
完璧主義の白黒妻に
なってしまうことがあります。

白黒妻というのは、
白か黒か、
0か100かみたいな、
極端な思考回路をもってしまうことです。

また、しっかりきっちりしている妻は、
夫にも同じように求めます。

そして、それができないと
感情的になり、
いつしかヒステリー妻に
変貌してしまいます。

結果的には、
いつもいつも妻に責められ続け、
自分が悪いような気持ちになり、
妻のことがだんだん怖く
感じてしまうこともあります。

参考記事:妻が怖いと感じている男性へ

4.実家依存症で母親絶対!の妻

実家依存症というのも、
マザコン夫と一緒で、
母親がつくりだすものです。

そこに絶対的な
母親の存在が
プラスされてしまうと、
もう収拾がつかなくなってしまいます。

そして、常に、夫対妻の家族、
という図式になりやすく、
夫は孤立してしまうこともあります。

参考記事:実家依存症の妻に悩んでいるあなたへ

5.父親を嫌ったりバカにしている家庭で育った妻

父親を嫌ったり
バカにしている家庭で育った妻とは、

・父親が婿養子だったり、極端に立場が弱い

・母親から父親のグチを、聞かされ続けていた

・家族間で父親を、嫌ったりバカにしていた

などなど、もともと、
父親にあまり良い印象がなく、
尊敬の念を持ちにくい環境で育ちました。

そのため、父親対家族、
が当たり前となり、
家族の中で誰かひとりを
孤立させてしまう傾向があります。

そして、実は、それが結婚後、
あなたになる可能性がとても高いのです。

父親大嫌い!=夫大嫌い!

になってしまう
傾向がありますので、
家庭内での、
あなたの居心地が悪くなってしまいます。

6.暴言暴力罵倒妻

暴言暴力罵倒妻は
最近、とても増えてきています。

・ついつい乱暴な言い方をしてしまった…のと暴言は違います!

・つい引っぱたいてしまった…のと暴力は違います!

・もともと言葉遣いが悪かった…のと罵倒は違います!

たとえ、あなたが悪いこと
(不倫・小さなウソなど)
をしてしまったとしても、

言っていいことと
言ってはいけないことがあります。

やっていいことと
やっちゃいけないこともあります。

暴言暴力罵倒妻は、

・何時間もの暴言罵倒説教
・しつこいほどの暴力

など、暴言にしても
暴力にしても
しつこい傾向があります。

参考記事:妻が怖いはずなのに離婚したくない!…暴言暴力罵倒妻

7.絶縁する妻

夫の両親や親戚との、
ホンのちょっとした
行き違いやトラブルから、
夫の家族との関係を絶縁してしまいます。

夫の実家にも行かず、
夫の実家からの電話にも出ず、
夫の実家からの届け物を
拒否したりすることもあります。

結果的に、
夫の両親は孫の顔すら
みることもできないという場合もあります。

また、妻が妻の両親と絶縁したり、
実家に寄り付かないようなこともあります。

親子間の確執は
根深いものがあり、
夫婦関係にも
実は大きな影響を与えます。

もちろん、親子間では、
さまざまな想いや、
いろいろな出来事があったことでしょう。

ただ「絶縁状態」というのは、
やはりどんなことがあったとしても
異常なことではないでしょうか。

8.行方不明妻

行方不明妻というのは、
そのまんまの意味で、
いきなり、妻がいなくなってしまうことです。

年代的には、比較的若い世代、
20代30代で起こっています。

別居すると言って
出ていくこともあれば、
夫が家に帰ってきたら、
いきなりいなくなってしまうこともあります。

参考記事:行方不明妻になってしまう妻の7つの特徴

まとめ

8つのタイプを
ひとつずつみてきました。
あなたは、どう感じましたか?

夫婦関係はとても長く
身近な存在なので、
感覚がマヒしてしまい、

何が正しくて、
何が間違っているのかという、
判断が日を追うごとに
できにくくなってしまうことがあります。



また、ハズレ妻の夫って、
実は気弱で合わせてしまう
タイプのかたが多く、
まじめで責任感が強いため、
ついつい見て見ぬふりしてしまったり、

自分のせいにして
自分に言い聞かせたり、
自分がどうにかしないとと
必死になってしまう傾向があります。
そして、

・子供さんのことを考えると、なかなか決断ができない!

・幸せだった頃のことが忘れられない!

・自分がダメだったところをちゃんと反省してやり直したい!

などと、ズルズル流されてしまい、
気づいたら、十数年、数十年、
なんてことになってしまうこともあります。

だからね、ココで、
冷静になって、今までのことを
よ~く振り返ってみてくださいね。

・あなたが、妻と初めてあった時の第一印象は?

・あなたが、結婚する前に、妻に対して「あれ?」って感じたことは?

・あなたが、結婚した後に、妻に対して「なんか違う?」って感じたことは?

そして、あなたの妻は、
あなたと結婚したから
うまくいかなかったのかな?

「たぶん、妻は誰と結婚しても結果は同じだったと思います。」

こんなふうに振り返る
男性相談者さま、結構多いんですよ^^

人生=時間

です。
時間の積み重ねが人生なんですね。

なので、ついつい流されて
離婚しなかったのは、
意地悪な言い方になっちゃうけど、
あなたの選択です。

人生の選択って、新しいことをはじめることだけではありません。継続させることも選択肢のひとつです。

あなたは、このままの
生活で後悔しませんか? 

そして、あなたは、これから
どんなふうに生きていきたいですか?



ハズレ妻から解放されて、
新たな人生を踏み出した
男性相談者さまは、
たくさんいらっしゃいます。

でも、もし、あなたが
離婚の道を選ばないのであれば、

まずは、今の生活を
立て直すことに
目を向けることをおすすめします。

最新情報:普通じゃない妻!?「発達障害らしき妻・心の病らしき妻6つの特徴」を初公開!

妻とは
・話が通じない
・会話が成立しない
・普通が通用しない

ひとつでも
心当たりがあった
あなたへの
参考記事です。

まずは必見!「発達障害らしき妻・心の病らしき妻6つの特徴」を初公開しました

★発達障害らしき妻・心の病らしき妻6つの特徴とは?
特徴1)強いこだわり
特徴2)話し出すと止まらない
特徴3)気に入らない人との関係をバッサリ切る
特徴4)結婚前の妻と結婚後の妻が、まるで別人
特徴5)偏った子育て
特徴6)妻の家族はなんか変わっている

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

有限会社 ハッピー夫婦

★ハッピー夫婦になるために!
5日間無料メールセミナー:夫婦関係を良くするために知っておきたい「男女の違い」

★小林美智子ってこんな人!
・バツイチ同士の再婚~離婚危機~夫婦修復できた出来事
・ユーチューブにて小林美智子のテレビ出演風景がご覧いただけます


★お悩み解決ヒント集
・男性相談者さまからいただいた感想
・女性相談者さまからいただいた感想

★カウンセリングの詳細はこちらです!
・男性のためのカウンセリング
・女性のためのカウンセリング
・よくある質問
・カウンセリング料金

★メールで問い合わせ!
相談フォーム

★お電話で問い合わせ!
カウンセリング中などは電話に出ることができません。ぜひ留守電にいれてくださいね。また、現在、無料相談はお受けしておりません。

固定電話044-211-5622に電話する
ソフトバンク携帯080-6518-4122に電話する

★著書のご案内
夫婦喧嘩のすべてがわかり、夫婦喧嘩を減らせる1冊!


今までの夫婦関係を見直す1冊!


★オリジナルマガジン
(1)大好きな夫と正しく話し合う方法


このブログは、夫婦問題カウンセラー小林美智子が、管理・運営・執筆しています。本サイトの情報を活用する際は、ご本人の判断でお願いします。

Copyright(c)ハッピー夫婦 All Rights Reserved


コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 離婚問題から気づいた「こう... | トップ | 離婚したほうが、自分らしく... »
最新の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ハズレ妻に当てはまったら、、 (まりえ)
2015-06-24 02:38:12
こんばんは。夫から離婚を切り出され、悩んでいろいろ探してこちらにたどり着きました。夫が私を怖いと言った過程等もはっとさせられました。
その中でこの記事を拝見し、自分が4~6にとても当てはまっていると思います。
4:黙って不機嫌になり、夫から話しかけてもらうのを待ちイライラする等感情的になりやすい(女性ならある程度なのか、一般的にみてヒステリーの度合いが高いかは自分ではわかりません)
5~6:3歳の時親が離婚してから、ずっと母と2人だったので、なんでも話す、「『親が離婚してるからと後ろ指さされないように出来るだけのことはしたい』と言ってくれた母に認めてもらえる生き方をしなきゃ」とずっと無意識に考えながら生きてきた気がします。
結婚に向かない私は夫との関係修復を望まないほうがよいのでしょうか…?
まりえさんへ (小林美智子)
2015-06-24 06:19:44
まりえさんへ

コメントありがとうございます。

●結婚に向かない私は夫との関係修復を望まないほうがよいのでしょうか…?

→まりえさん、ブログの内容は、あくまでも私の個人的見解で書いていますので参考になさってくださいね。

夫婦関係が3倍よくなる妻の心得なんかも書いてますので、よかったら読んでみてくださいね。
http://blog.goo.ne.jp/mikoba-may/e/edd3cd2512a3cb03607f794f86e3551e

小林美智子
Unknown (鈴)
2016-09-25 02:18:04
先生初めまして。
こちらに辿り着いてからはいつもブログを参考にさせて頂いてます。

主人にいきなり離婚を言い渡されてから出て行かれてしまい別居5ヶ月になります。
子供の卒業とともに言い渡され、不安神経症になり安定剤を飲んで過ごしています。
先生のブログを読むと後悔することばかりで、今は自分に反省の毎日です。
特に今回のハズレ妻に私は4,5番が当てはまり、まさに白黒妻ですし、母親というよりはすべて実家頼りでした。

私は修復を望んでいますがこれらのハズレ妻を乗り越えなければ無理なんでしょうか?
主人には「お前とは合わない。ずっと馬鹿にされてきた。」と言われラインもフェイスブックもブロックされています。

私は身勝手ですが本当に疲れ切ってしまい、今は先生の「少し休んでみて」と言う言葉を信じて仕事を減らして体と心を休ませていましたが、今回のブログを読んで私がハズレ妻ならば主人には申し訳なかったな…と今なら思えるようになりました。
ハズレ妻…、克服出来るように頑張りたいです。
鈴さんへ (小林美智子)
2016-09-27 11:35:16
鈴さんへ

コメントありがとうございます。

お返事をブログ記事にて書かせていただきました。よかったら読んでくださいね。

http://blog.goo.ne.jp/mikoba-may/e/9bdfa97141e937375b6580c0505215fd

Unknown (ジェンキン)
2019-10-13 22:58:29
記事を読ませていただき、参考にさせていただきました。
ありがとうございます。
妻は3,4,6,7に当てはまり、ヒスと罵詈雑言が強いタイプでしたが、なんとか私なりに結婚生活を維持しようと努力してきました。
でも、私の努力の方向性が間違っていたのか、我慢の限界が来てしまい、現在別居中です。
ほかの記事も参考にさせていただき、自分なりの答えを見つけたいと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ハズレ妻」カテゴリの最新記事