離婚 を決める前に知っておきたい男女の違い★夫の本音 妻の本音がよくわかるカウンセリング

不倫 夫婦喧嘩 家庭内別居 帰宅恐怖症 実家依存症など 離婚したい!けど離婚したくないあなたへ「小林美智子」公式ブログ

妻の帰宅恐怖症(3)共働き夫婦の妻編

2019-05-14 12:46:41 | 妻の帰宅恐怖症
妻の帰宅恐怖症(3)共働き夫婦の妻編



前回は、妻の帰宅恐怖症で、専業主婦編について書きました。


こんにちは。夫婦問題カウンセラーの小林美智子です。

まだ、読んでいない方はこちらです!

今回は、共働き夫婦の妻からいただいた内容をお伝えします。

妻の帰宅恐怖症:共働き夫婦の妻の場合

共働き夫婦の妻の帰宅恐怖症というのは、家に帰りたいという気持ちはあるけれど、家に帰ってからの自分への負担の恐怖心が大きいようです。


メルマガ読者さまの声



★女性の帰宅恐怖症についておしえてくださいと書いてあるのを見て「あっ私のこと?」と思い、メールさせていただきました。

夫が休みの日、夫が私より早く帰宅している日は、仕事帰り、涙が出ます。



どんなに疲れていても、夫が仕事をしているんだ~とわかっている日は、「子供が待ってる!」と小走りに帰れるのに、

夫が待つ家は、怖くて帰るのに足が止まってしまうことも。

「おかえり~」とのんびり出迎えられればまだしも、ソファーでダラーと眠っている夫の姿を見ると、怒りと悔しさで吐き気さえもします。



そんな家に帰ると想像するだけで泣けてきます。そして恐ろしくなります。

私は夫と同じだけ働き、夫以上に家事育児をこなしているのにとイライラするのは、私がおかしいからでしょうか。

夫がくつろぐ側で、慌ただしく夕食の準備をする自分が情けなく思うのは、主婦失格でしょうか。



イライラしていると、「イライラしている君が悪い」「期待をしすぎだ」と怒られるため、我慢をするしかありません。

子供たちとだけ暮らせたらいいのにと、何度思ったことか。


★昨日 ちょっとした事から主人の機嫌が悪くなった瞬間から…

私自身の精神が不安定?

主人と顔を合わせるのが怖い。大袈裟かな。。

普通の人なら全く気にする内容ではないと思うのですけど。今日も帰るのが怖いです。


★私はフルタイムで働いていますが…

毎日家のドアの前で、「今日は怒らない」と自分に言い聞かせています。

私が遅く帰ることで、子供も頑張っている。家が散らかっていても、一緒に片付ければいいんだ、と思いつつ、ドアを開けると毎日のように、泥棒が入ったような家になっています。

あまりにひどいので、かたづけながらも、ついつい声を荒げてしまい、口ごたえされ、夕飯作る頃にはぐったり、という毎日です。



帰りたくないというより、早く帰りたいですが、ドアをあける瞬間、今日も散らかっているんだろうと思うと、躊躇する自分がいます。



子供たちには、まず、「自分の学校のもの、食べたもの、飲んだもの、脱いだものを、片付ければ、ここまでならないよ」と言ってます。でも、なかなかうまく行きません。ものすごいストレスです。帰宅恐怖症とは違いますか?


★帰宅恐怖とは逆のような気がしますが…

私が感じていることは「夫より早く帰らなきゃ!」です。

私の母は生前厳しい人で、子供の頃に甘えられませんでした。



今の私は遊びに行った時はもちろん、仕事の時でさえ遅くなると本当に焦ります。帰宅して夫の車がないとホッとします。

土日に夫が家にいて、自分が留守にする場合は大丈夫なのですが、平日は夫よりたとえ1分でも早く帰らないと罪悪感があります。

「電気のついてない暗い家に帰るのは男は嫌がる」という、母からの刷り込み? があるのかもしれません。



以前、母を見舞っていて帰りが遅くなった時に、夫に叱られたことも原因です。メールはしたのですが、夫は携帯を見ない人なので気がつかなかったようです。

平日の夕方はいつも「早く帰らなきゃ!」状態です。

最近、夫は血糖値が高くてカロリーオフのお弁当を買っています。私もカロリーには気をつけて調理してたのに、残すおかずが多いので諦めてました。私の料理は食べなくて他人のは食べるようです。とてもモヤモヤします。


★先生がお書きになった『帰宅恐怖症』の本を読ませていただいたら…

我が家の事を覗いていたのではないか!? と思うほど当てはまってしまい、驚きました。

読ませていただいた本は、男性側の症状が中心でしたので、女性はならないのか? と疑問に思っておりました。



なぜなら私は別居する前、主人のいる家に帰りたくなくてわざと遠回りをしたり、帰ったら出迎えてくれる主人にうんざりしていたからです。

なぜ嫌だったのかと思い返してみると、会話をするのが怖かったから。



関わることで喧嘩になるのが嫌だった。主人に対して嫌な態度を取ってしまうのが嫌だった。

復縁を目指している今となっては後悔しかありませんが、あの時は嫌だという感情を押さえる事が出来ませんでした。


お読みいただき、あなたは、どんなことを感じましたか?

メルマガ内で、ある読者さまから、こんな感想をいただきました。

★小林先生、共働きの帰宅恐怖症の他の方のメールも読ませていただきました。

感想ですが、責任感の強い? 女性がそうなりやすいのかも、と思いました。

家事は女のやること、やらなくてはいけないこと、そう思っているので、思い描いた女性像(妻の立場でも母の立場でも)が成立しないとストレスになるのかなと。



きっと鬼嫁(笑)なら、旦那にあれやって、これやって、と頼んでやってもらってラッキー……で終わるし、夫が仮にやっていなかったとしたら猛烈に怒れるのでしょう。(想像ですが…)

ものすごい亭主関白な夫なら、出来ていない事を怒られて怖くてストレス…なのでしょう。



亭主関白な夫でないのに、自分の仕事が忙しくて家事が追い付かない、夫は非協力的、でも家事は女がやるものだ……と自分を追い込んでストレスがたまる。

(でもそこで夫に、やらなくていい、やれって言ってない、とか言われるのもすごくストレスなんですけどね。うちのパターンです。)

女って損だな―と思います。

あれこれ気がまわる人程、自分を追い込むパターンに陥るのではないでしょうか。

片付かない現実があるから、どのみちやらなきゃいけないですしね。


私も、真面目過ぎる妻、責任感が強すぎる妻が、なってしまう可能性が高いような気がしています。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

妻の帰宅恐怖症をまとめてお読みいただけます!

妻の帰宅恐怖症(1)実は、帰宅恐怖症は女性にもあった!?

妻の帰宅恐怖症(2)専業主婦編

妻の帰宅恐怖症(3)共働き夫婦の妻編←今ココです!

妻の帰宅恐怖症(4)番外編

有限会社 ハッピー夫婦

★まずはココから読んでください!
ブログのおまとめ一覧

★メールで問い合わせ!
相談フォーム

★お電話で問い合わせ!
カウンセリング中などは電話に出ることができません。ぜひ留守電にいれてくださいね。

固定電話044-211-5622に電話する
ソフトバンク携帯080-6518-4122に電話する

★執筆・取材・講演・その他
問い合わせ・依頼フォーム

*このブログは、夫婦問題カウンセラー小林美智子が、管理・運営・執筆しています。本サイトの情報を活用する際は、ご本人の判断でお願いします。

Copyright(c)ハッピー夫婦 All Rights Reserved


『家族』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 離婚を決める前に知っておき... | トップ | 妻の帰宅恐怖症(4)番外編 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

妻の帰宅恐怖症」カテゴリの最新記事