離婚を決める前に知っておきたい「男女の違い」夫の気持ち 妻の気持ちがよくわかるカウンセリング

バツイチ同士の再婚~離婚危機~夫婦修復したカウンセラーです。3000名以上の相談を受け続けているカウンセラーの離婚ブログ

★離婚予防学:離婚になりやすいタイプをチェック(4)なんでも後回しにしてしまう人

2019-03-29 16:20:09 | 離婚予防学


離婚になりやすいタイプ(4)なんでも後回しにしてしまう人

なんでも後回しに
してしまう人には
2つのタイプが
存在すると感じています。

1.自分基準で「たいしたことない」と判断してしまう人
2.「めんどうなこと」を避けようとする人

では、ひとつずつ
考えてみましょう。

1.自分基準で「たいしたことない」と判断してしまう人

たとえば、
・食べ終わったら、テーブルの上はフキンで拭いておいてほしい
・トイレットペーパーがなくなったら、替えておいてほしい
・洗面所を使い終わったら、拭いておいてほしい

などなど。
ちょっとしたことでも
「こうしてほしい」と
思うことがあります。

特に、
女性のほうが多いかな^^



でも、
気にならない人
にとっては
そんなこと
「たいしたことない」
ことなので

ついつい
後回しにしたり
忘れてしまう
こともあります。

ただ、
気になる人
にとっては
とてもイヤなことでもあります。

このように
気になることの
価値観は
みな違います。



そのため、
・こんなことくらいで!
・たいしたことないのに!

なんて思い込んで
後回しにしていると
とんでもないことが
起こってしまう
こともあります。

なぜなら、こんな
「たいしたことない」
ことすら
やってくれないと
感じてしまうからです。



夫婦間の価値観は
おのおの違います。

ただ、
この判断を間違えて
離婚まで
いってしまった
相談者さま
結構多いんですよ。

だからこそ、パートナーが、何回も何回も、同じようなことを言ってきたら、それは「たいしたことないこと」ではなく、「たいせつなこと」なのかもしれません。

2.「めんどうなこと」を避けようとする人

・超平和主義の人
・揉め事が、超苦手な人

などは、ちょっと
めんどうなことに
なりそうだと感じると
パートナー任せに
してしまったり
時間がないフリをして
必死に避けようと
してしまうこともあります。

そして、
切羽詰まった
状況になると、
更に避けようと
パートナーのせいに
するようなことをして

信頼関係が
崩れてしまい
離婚までいって
しまった相談者さま
結構多いんですよ。



家庭内では
いろいろなことが
起こりますので
「めんどうなこと」
はつきものです。

そんな
「めんどうなこと」
をひとりで
解決していくことは
とても大変で孤独なことです。

また、なんでも
ひとりで解決して
いくようになって
しまったら
パートナーは
必要なくなって
しまいます。

だからこそ
ちょっと大変でも
パートナーと一緒に
乗り越えることで
夫婦らしくなっていく
のではないでしょうか。



パートナーが離婚したい理由に納得できない方が、増えていますが、現代は、明確な理由というよりも、小さな小さな積み重ねから、離婚へと発展してしまうケースがとても多いのです。

だからね
パートナーの言葉
パートナーの行動に
もうちょっとだけ
目を向けてみて
くださいね。

パートナーを
ちゃんとみれば
感じること
わかることが
たくさんありますよ。



離婚予防学(4)まずは、やってみる!


参考記事:離婚になりやすいタイプを今すぐチェック!

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。



このブログは、夫婦問題カウンセラー小林美智子が、管理・運営・執筆しています。本サイトの情報を活用する際は、ご本人の判断でお願いします。

Copyright(c)ハッピー夫婦 All Rights Reserved(無断転載禁止)

コメント   この記事についてブログを書く
« 別居が長引くほど、修復する... | トップ | 共働き夫婦のかたへ:講演で... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

離婚予防学」カテゴリの最新記事