離婚 を決める前に知っておきたい男女の違い★夫の本音 妻の本音がよくわかるカウンセリング

浮気 不倫 夫婦喧嘩 家庭内別居 帰宅恐怖症夫 実家依存症妻など 離婚したい!けど離婚したくないあなたへ

離婚 夫婦の悩み相談:離婚後もココロの整理ができません

2010-01-20 12:33:17 | その他の離婚相談事例
★離婚後もココロの整理ができません


バツイチ同士の再婚~離婚危機~夫婦修復した
カウンセラー 小林美智子です
人気ブログランキングいつもクリックありがとうございます^^

今日は、夫婦の悩み相談&離婚相談です。

【相談】ロビンソンクルーソーさんより
初めまして。昨年末に離婚しました。今更と思うのですが、気持ちの整理をしたく思い恐縮ですがよろしくお願い致します。

主人とは結婚2年でした。私はずっと仕事ばかり頑張ってきたので、交際中は彼に頼れる気がして好感をもってました。父を若くに亡くしいて家業を継いでしっかりされているなと思ってました。時々?と思う事もありましたが当時はそれより頼もしく感じていました。

最初のトラブルは結納・式の準備です。親には迷惑をかけたくないと言いながら、結婚の為仕事を辞めた私が全てやれるはずだと。結局私の実家でほとんどの事をやりました。

また新居探しも新居への彼の引越(大物家具運びめ手伝いました)、結婚前でも引越後の部屋の掃除や洗濯ズボンのプレスや靴磨きもやりました。

家具や電化製品も一人で探し、最後の決定だけ彼にみてもらいました。当時は新居から90キロ離れた実家にいましたから、全てをしきれずにいると、母を呼んで家の事をしてもらっていたようで「母親が奥さんになる人が田舎で何してるのか?と怒ってたぞ。母に嫌われないよう気を付けろ」と。

最後はマンションに私が泊まると母が怒るからと近くのビジネスホテルに泊まって家事・準備をしました。事態に心身がついていけず式前日に爆発しました。

その後も新婚旅行は会社の経営上行けないと。彼母からも、あなた達は英語ができないのだから外国で何かあっても対応できなくてはいけないとか(私は日常会話はできますし、彼も海外一人旅沢山してます)、海外に私を連れていって何かあってはいけない、と彼は責任感があると。新婚旅行には行きませんでした。

結婚半年で彼が風俗に頻繁に通っている事が発覚。それでもせっかく結婚したしこんな事で別れてはいけないと必死でした。また彼の会社の方から旅先のお土産を私にと頂き、うれしくなり彼にお礼をしなくていいの?と聞くと「オレの会社の人と個人的に仲良くする事は、親族一同迷惑する!」と怒ってしまい。ただ単なる品物を頂いたお礼だよ、そこまで言う事じゃなくない?と言い返してしまいました。

後日たまたま彼の携帯が開いたままで何気なく覗いた所彼母から「あの子は社長の秘書をしていたから、会社の人と関わると面倒な事になるから会わせる必要なし」と。私は確かに秘書してましたが奥さんと仕事が違う事分かってるつもりでした。彼母はご主人を亡くされてて寂しがっているからと言われ、定期的にお昼を一緒にしていたのですが、彼は私との揉め事を全て話してるらしく(私が実家で話す厳しく叱られていた)全てあなたの為に彼がしてるのが分からないのか?とか彼にはもっといい縁談があったとか、それを断ってまで結婚した人がどんな人か見てやろうって皆思ってると。

彼に泣いて話したら母は悪気はない、オレにどうしろと怒り。私の実家に私が言い返すので離婚になりますよ!と電話をかけてきました(それ以外にも私の母に何度も電話かけてたらしい)。また彼は日中忙しいから私用な連絡は良くないと母から言われていたのに、頻繁に平日昼間に家族と高級な店でランチしてるのも分かり。彼母は彼の言葉には傷つかないケドあなたが嫌だと感じなら相性が悪いと。

母には10万以上の誕生日プレゼントとフレンチディナー、私には割引券でランチだし。頼りになると思っていたのに何かと母に意見をきいたりグチったりマザコン?モラハラ?とやりきれない一年間でした。

それでも離婚は良くないし、大変なお仕事をして私はパート程度なのに、生活をさせてもらってるし、普通よりは高級なマンションに住まわせて頂いていたし感謝しなければと思っていたのですが心に常に葛藤があり。結果イライラしがちな私が嫁としてなってない、いくら家事が完璧でも俺の気分を害するなら家政婦以下だと私の両親の前で言われ私も限界でまた怒ってしてしまい相手もキレて離婚になりました。

最後数ヶ月は両親に対して娘の不出来を詫びろや、心から詫びてないとか、嫁の実家の分際で自分をたてない、生意気だ、土下座しろと大騒ぎで。弁護士を立てて慰謝料を頂く事はできましたが全て終わり、小さな良かった事も思い出したり虚しい気持ちでいっぱいです。私は最初訳分からなくなり口撃が激しかった事は反省してます。何があっても黙ってついていけば分かりあえる時がきたのかなとか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<<アドバイスの前に、ロビンソンクルーソーさん・皆さんへお願い>>
文面だけに対するアドバイスとなっていますので、私の個人的見解・間違った解釈などもたくさんあると思います。参考になさっていただき、今後のことは自分なりに判断なさって下さい。

またもっと突っ込んだ相談をご希望の方はプライベートな情報も必要となってきますのでカウンセリングをご利用下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【アドバイス】ロビンソンクルーソーさんへ
ロビンソンクルーソーさん、お疲れさまでした。さぞかしココロが悶々としていることでしょう。ロビンソンクルーソーさんが「ああ~離婚してよかった!!」と思えるようなアドバイスができればと思います。ただ今回は個人的見解がかなり強く入ると思います。参考程度にお読みくださいね。

気になる文面
■私はずっと仕事ばかり頑張ってきたので、交際中は彼に頼れる気がして好感をもってました。父を若くに亡くしいて家業を継いでしっかりされているなと思ってました。
→男性は特に女性の前では大きく見せたいという想いが強いです。まして彼は、弱くてちっちゃな人間なので、特にええかっこしいだったのでしょう。

■時々?と思う事もありましたが当時はそれより頼もしく感じていました。
→「恋は盲目」とはよく言ったものです。「頼もしい」というレッテルを夫に貼り付けてしまって安心していたのでしょう。でもこの?、ここが重要でしたね。人間は考える能力をもっていますので、どうしても頭で考えてしまいがちですが、ココロで感じるということの方が真実の場合もあります。

■「母親が奥さんになる人が田舎で何してるのか?と怒ってたぞ。母に嫌われないよう気を付けろ」と。
→これが彼の人生の指標のようなものです。彼と母親は親離れ子離れできていません。また今後もできそうになさそうですね。彼は一生母親の中で「子供」でい続けなければならないような依存関係が出来上がってしまっているように感じます。

■海外に私を連れていって何かあってはいけない、と彼は責任感があると。新婚旅行には行きませんでした。
→いい人ぶってますが、結局は二人が幸せそうにしているのがイヤなんでしょう。

■また彼の会社の方から旅先のお土産を私にと頂き、うれしくなり彼にお礼をしなくていいの?と聞くと
→こう聴くことは別に間違っているとは思えません。

■「オレの会社の人と個人的に仲良くする事は、親族一同迷惑する!」「あの子は社長の秘書をしていたから、会社の人と関わると面倒な事になるから会わせる必要なし」と。
→この親子は弱いもの同士で支え合っています。何でもできるロビンソンクルーソーさんが脅威なんでしょう。要するにロビンソンクルーソーさんが何をやっても、もれなく文句がついてくる。な~んて感じます。

■頼りになると思っていたのに何かと母に意見をきいたりグチったりマザコン?モラハラ?とやりきれない一年間でした。
→これが彼の本性ですよ。そしてこの本質的な性格はたぶん一生続く確率の方が高いでしょう。ロビンソンクルーソーさん、早く別れられて良かったですね。このままこの親子と生活していたら、ドンドン自分に自信をなくしノイローゼにでもなってしまいそうですね。

■それでも離婚は良くないし、大変なお仕事をして私はパート程度なのに、生活をさせてもらってるし、普通よりは高級なマンションに住まわせて頂いていたし感謝しなければと思っていたのですが心に常に葛藤があり。
→ロビンソンクルーソーさんは元々自分のせいにする傾向がある方だと感じます。そこに今回のことで自分への自信をなくし、ますます自分のせいにして自分を追い込んでいるように感じます。

■いくら家事が完璧でも俺の気分を害するなら家政婦以下だと私の両親の前で言われ
→彼にとって母親以外の女性はすべて家政婦以下です。そして母親を超えられる女性は存在しないと感じます。なぜなら夫が妻に求めているのが「母親そのもの」だからです。それにしても妻の両親の前でよく家政婦以下だなんて言えますね。それこそ究極の非常識!かな?

■両親の前で言われ私も限界でまた怒ってしてしまい相手もキレて離婚になりました。
→ロビンソンクルーソーさんのご両親は何ておっしゃっていますか?

■最後数ヶ月は両親に対して娘の不出来を詫びろや、心から詫びてないとか、嫁の実家の分際で自分をたてない、生意気だ、土下座しろと大騒ぎで。
→この姿を見てどう感じました?

質問の回答
■私は最初訳分からなくなり口撃が激しかった事は反省してます。
→ロビンソンクルーソーさんは今でも結構いっぱいいっぱいだと思います。でも文章はとてもわかりやすく、きっと冷静さも兼ね備え、仕事もできる優しく頑張りやさんの女性だという印象を受けました。

ロビンソンクルーソーさん、口撃が激しかった事は反省してます。という文面がありました。でもこれは今後活かしていけばいいと思います。もう後悔はいいんじゃないですか。反省して次に活かしましょうよ。

そしてロビンソンクルーソーさんが今回の結婚で1番何がいけなかったかと聴かれたら一言(( 単なる選択ミス ))な~んて思っています。キチンと彼を見ていなかったということかな。

ロビンソンクルーソーさん、もうこれ以上自分を責めないで!

ここでスッキリ別れて、神様は次のチャンスを下さいましたよ。いつまでも過去に目を向けていないで、ちょっとだけ前を向いて歩き始めましょうか。

■何があっても黙ってついていけば分かりあえる時がきたのかなとか。
→う~ん。私が間違って彼の妻になったとしてもムリかな。

ロビンソンクルーソーさん、ロビンソンクルーソーさんはロビンソンクルーソーさんのままで大丈夫ですよ。いつまでも応援しています

またどうしてもココロに区切りがつけられなかったらご連絡下さいね。



今日も、最後までお読みいただきありがとうございます。

☆………★………☆………★………☆………★

離婚相談チェンジ

電話番号 
・NTT固定電話 0442115622
・au携帯 08056795503
・ソフトバンク携帯 08065184122
・ウィルコム 07055602829

お問い合わせフォーム

Copyright(c) 201チェン0ジAll Rights Reserved

☆………★………☆………★………☆………★

『家族』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 【離婚相談解決のヒント】離... | トップ | 【離婚相談者の声】妻の実家... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お金の管理について (あゆみ)
2010-01-20 15:02:31
初めまして。ここへの投稿で大丈夫でしょうか?違ってましたら削除願います。
私34歳、夫30歳、結婚して4年目の子供無し夫婦です。
夫のお金の管理能力のなさに悩んでおります。
もう結婚して4年になるのに夫には貯金がありません。
結婚当初から、彼の希望で家計は夫が家賃と光熱費、私が食費と日用品と分担しておりました。
私も仕事をしていたので、貯金しながらやりくりしていました。3ヶ月前に夫の転勤が決まり、私は通勤出来ないので退職し、専業主婦をしています。今でも、家計の分担は変わりません。私は仕事を探しながらは貯金を崩して生活しています。
夫はそのことについて何も感じてくれていません。理由は、支える力が無いからです。
引っ越す前は、毎週ゴルフに行き、飲み会にキャバクラで20万位使うこともあり、ガソリン代や高速代など毎月のクレジットの引落で給料ほとんど使う(車のローンなども含めて)生活ぶりでした。何度も注意しましたが直らず、クレジットもリボ払いに変更したりしていて、毎月の支払いが多額になっていました。
現在テレビも車も壊れ、カーテンもない環境で生活していて情けないです。
夫はプライドが高く、信じてくれの一点張りで、私に給与やクレジットの明細を見せることはなかったのですが、やっと最近給与やクレジットの明細を見せてくれるようになり発覚しました。

夫を信じた私がいけないのですが、夫のような金銭感覚のない人と一緒に生活するのは難しいでしょうか?真剣に離婚を考えています。
旨くお話出来ませんでしたが、出来れば夫のお金も全て私が管理できれば何とか1から生活することが可能とは思うのですが・・・
あゆみさんへ (夫婦コンサルタント小林美智子)
2010-01-20 17:27:29
相談の書き込みありがとうございます。

1月22日(金)回答させていただきます。
よろしくお願いします。
ありがとうございました (ロビンソンクルーソー)
2010-01-20 18:53:06
早速のお返事ありがとうございました。長々と、怒りの気持ちがありつつ書いたので、「攻撃的な性格ですね」と思われたらどうしようかと内心ドキドキしていました。選択ミス・・はっきりと第三者の方に言って頂いて、すごく久しぶりに涙が出ました。肩の荷がおりたような気持ちになりました。ありがとうございます。彼は見た目もすごくイケメンでしたから、結婚に焦っていた私は、恋は盲目に拍車がかかったのかも知れません。家政婦以下や、私の父に土下座、実は言われてつらくて仕方なかったのですが、私が彼をここまで怒らせてしまったと、すごく焦ったというのが本音だったんです。私も口撃をしましたから。でも我を忘れてる状態だったんですよね(笑)。そして事あるごとに、俺をたててくれないという彼と、仕事をしてきたから?主張が強い長男嫁という、彼母。ずっと自分を見失ってしまったような気持ちになってましたが、きっともっと弱気な女性だったとしても文句を言われていたのかもな、と今改めて思いました。前をむいて一歩踏み出せそうな気がしてきました。少しずつ、過去に傷ついた気持ちを手放していきたいと思います。本当にありがとうございました。
ロビンソンクルーソーさんへ (夫婦コンサルタント小林美智子)
2010-01-21 07:29:14
コメントありがとうございます。

少しでも前向きになれるお気持ちになって良かったです。

自分の選択に間違いなどありません。
たとえ間違っていたとしても、
軌道修正はいくらでもできます。

自分を信じて大丈夫ですよ。

ロビンソンクルーソーさんは
ロビンソンクルーソーさんのままでOKです。

いつまでも応援しています
落ち着きました (ロビンソンクルーソー)
2010-04-11 03:16:20
以前、無料相談と電話相談をして頂きましたロビンソンクルーソーです。その節は本当にありがとうございました。離婚して3ヶ月経ち、お陰様で気持ちが大分落ち着きました。仕事も決まりそうで、一安心。趣味のアクセサリー作りも始めて、作品を置いてもらえるお店もできました。ひたすら悶々とした時間を過ごしていた頃より、一歩前進した気持ちがしています。あれから落ち込んだ時に、無料相談して頂いた時の文章を何度も何度も読み返し、また電話相談の時におっしゃって頂いた言葉(メモしています)も何度も読み返しました。なんという惨めな結婚生活だったかと(笑)。それに引き換え、今は実家の家族と、沢山の友達に囲まれて、こんな普通の暮らしがいかに幸せかとしみじみ感じております。一時は不幸のドン底にいるような気がしてこんな気持ちに自分がなれるとは思えなかったのですが、時間が心を癒してくれたように思います。自分を大切に、という小林先生からの言葉だけを軸に、今はやりたい事をできるだけやる事にしています。仕事も結婚前のようなハードな仕事ではなく、その分お給料は大分下がりますが、興味のある美術館での仕事につけそうです。以前の私は立派なキャリアウーマンにならなければ、とか、立派な嫁をしなければ、とかよく分からない立派何かにならなければいけない気がしてキリキリしてたな、と。離婚は私にとって本当に辛い出来事でしたが、自分を見つめなおすいい機会となったように思います。ありのままの自分をしっかり受けとめますね。「だメンズ」じゃない男性と、またいつかまた結婚できるよう、焦らず毎日を積み重ねて行きたいと思っています。毎日のように沢山の方の書き込み、辛い渦中にいる方沢山いらっしゃいますが、小林先生の言葉で、道を見つけられますように。長くなりましてすみません。
ロビンソンクルーソーさんへ (夫婦問題カウンセラー小林美智子)
2010-04-11 12:54:42
嬉しいコメントありがとうございます。

4月18日(日)コメントさせていただきます。
よろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

その他の離婚相談事例」カテゴリの最新記事