離婚を決める前に知っておきたい「男女の違い」夫の気持ち 妻の気持ちがよくわかるカウンセリング

バツイチ同士の再婚~離婚危機~夫婦修復したカウンセラーです。3000名以上の相談を受け続けているカウンセラーの離婚ブログ

発達障害らしき夫:夫とは、世の中でいう当たり前の夫婦関係を、築くことは出来ないと思います。

2020-08-03 12:51:50 | 発達障害


発達障害らしき夫

昨日、書かせていただいた
発達障害らしき夫:意思疎通できない夫に悩んでいるあなたへ「発達障害らしき夫6つの特徴」
の記事に
読者さまから感想を
いただきましたので
ご紹介させていただきますね。

ブログ拝見しました。

発達障害かどうかわかりませんが、いろんなことが思い出され、いちいち妙に納得しました。

自分の甘えや依存心を認めず正当化し、家族は欲求を満たしてくれる存在と位置づけしていて、

本人はそのことは認めず、自分の欲求を愛だと主張する……。



駄々をこねている、子供のようなのかもしれませんよね。いなきゃ困るくせに、自分の思うようにならないとキレる。

先日、子供に言われて改めて考えましたが、ずっと夫は変わってなかったのだと思います。

夫にとって家族は、刺身のツマみたいなもの。あったら見栄えがいいけど、なきゃないで困らない。その程度の存在だったのかもしれません。



夫自身も特殊な家庭環境で育ってきて、今の人格が形成されたと考えたら、現状も致し方ないのかもしれません。

甘えや依存心を満たされることなく大人になり、私はその感情を満たしてくれるかもしれない存在。



最初に優しかったのは、先生の言葉を借りるなら興味があったからで、今は興味の対象外。

醜く太ったから、は後づけの言い訳で、単に興味がなくなっただけ。

欲しかったものを手に入れたけど飽きた。そんな感じかな〜。



私が変われば何かが変わる……。

十分じゃなかったかもしれませんが努力はしました。妻としても嫁としても。

でも言葉を発することが怖くなるくらいに、意思疎通ができませんでした。

家庭内別居だけど、離婚しないのだから、もう少しわかり合えるかもとか、

お互いを気遣える関係性が築けるかもと思いましたが、そうはなりませんでした。



再びの裏切りがチラチラして、腹立たしい気持ちで憎しみの感情が復活。

毎日が息苦しくて、たまりません。



夫とは、世の中でいう当たり前の夫婦関係を、築くことは出来ないと思います。

私自身に経済力があれば、離婚もありかもしれませんが、残念ながら経済力がない。

形はおかしいかもしれないけど、私が生きて行くために、妻というカテゴリーを捨てないことにします。



ズルいと言われても、みっともないと思われようと、妻の権利を十分に利用しようと思っています。

惨めだと感じたり、一人の時間が寂しくて情けなくて泣けてくることもあります。

受け入れ難い気持ちもありますが、私が私の意思でやろうとしていることに、自信が持てるように、これから先がんばりたいと思います。

私が私の為に変わること、それが自然にできるようになればいいのですが、道のりは険しそうです。

(50代女性 Aさん)


Aさん、貴重な感想を
ありがとうございます。


こんにちは。夫婦問題カウンセラーの小林美智子です。

●形はおかしいかもしれないけど、私が生きて行くために、妻というカテゴリーを捨てないことにします。
はい。Aさん、私もそれでいいと感じています。


●ズルいと言われても、みっともないと思われようと、妻の権利を十分に利用しようと思っています。
うんうん。

Aさん、私ね、ズルいなんて思っていないし、みっともないなんて思ったこともないよ。

だってね、今まで、妻として嫁としてず~っとがんばってきたんだもん。

妻の権利を利用してもいいよ。っていうか、妻の権利を利用して当たり前だと思っています。


●惨めだと感じたり、一人の時間が寂しくて情けなくて泣けてくることもあります。
そうだよね。でも、惨めって感じるのは、自分がっていうよりも、誰かの目を意識しちゃってることもあるんじゃないかな。

もし、そうだとしたら、ココからはきっと、自分との闘いだと思う。でもね、誤解しないでほしいのは、

自分との闘い = 自分との折り合いをつけること
だと思います。

そして、自分との折り合いだから、ゆっくりと折り合いをつけていけばいいんじゃないかな。



Aさん、Aさんの今の気持ちが、ず~っと続くわけではありません。

今の自分を大切になさって、

少しずつ、自分との 折り愛 をつけていってくださいね。

応援しています。

Aさん、ファイト!^^

小林美智子からのメッセージ

私は、発達障害の
専門家ではありません。
特に、情報を集めたり
勉強をしている
わけでもありません。

また、発達障害の診断は
とても難しいようです。

そのため、
記事内では

発達障害らしき夫
という表現を
させていただいてます。

また、
個人的見解で
書いています。



もしかしたら
夫は発達障害
かもしれないと
感じている
女性相談者さまの話を
お聴きしていくと、
女性相談者さまは
うまくいかない夫婦関係を

・自分のせいにしている
↓  ↓
・とにかく頑張っている
↓  ↓
・でも、うまくいかない
↓  ↓
・自分のせいにしている



こんなことを
延々と繰り返して
疲れ切っているのです。



本も読んだ。
サイトでの情報も集めている。
いろいろ試してみた。

でも、うまくいかない。

とにかく、
夫に振り回されての
結婚生活。



そして、女性相談者さまは

がんばってもがんばっても
なぜか報われない。

ただ、
あきらめてしまうことは
今までの自分を
否定してしまうこと。
それもイヤだ。

でも、
自分への自信も
なくなってきている。

何かしていないと
もっと悪くなって
しまうような気がする。

だから、
がんばるしかない
我慢するしかない。

そして、ふと振り返ると
誰の人生なのか
わからないような
人生を送ってしまう
こともあります。



そんな女性に
とにかく、3つ
伝えたいことがあって
発達障害の記事を
書こうと思いました。

小林美智子が伝えたい3つのこと



1.あなたは悪くないんじゃないかな

2.自分が変われば、相手も変わる!でも変わらない人もいるよ

3.もういいんじゃないかな



離婚してもいいよ。
離婚しなくてもいいよ。
5年後に離婚してもいいよ。

でもね、
夫のことで
これ以上、苦しまないで。
夫のことで
これ以上、がんばらないで。

あなたは、
あなたの人生を
歩むために
生まれてきました。

少しずつ
あなたの人生を
生きてくださいね。

参考記事:女性におすすめの記事一覧

発達障害をもっと詳しく知りたい方へ

発達障害は
診断も難しく
誤解されていることも
多々あるようです。

発達障害を
正しく知ることで
乗り越えられる
夫婦関係が
あるかもしれません。

発達障害に
関しての本も
たくさん出ています。

よかったら
読んでみてくださいね。

参考本のご紹介:岩波明著「発達障害」

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

有限会社 ハッピー夫婦

★ハッピー夫婦になるために!
5日間無料メールセミナー:夫婦関係を良くするために知っておきたい「男女の違い」

★まずはココから!
・男性におすすめの記事一覧
・女性におすすめの記事一覧

★小林美智子ってこんな人!
・バツイチ同士の再婚~離婚危機~夫婦修復できた出来事
・ユーチューブにて小林美智子のテレビ出演風景がご覧いただけます


★お悩み解決ヒント集
・男性相談者さまからいただいた感想
・女性相談者さまからいただいた感想

★カウンセリングの詳細はこちらです!
・妻の気持ちがよくわかるカウンセリング
・夫の気持ちがよくわかるカウンセリング
・よくある質問
・カウンセリング料金

★メールで問い合わせ!
相談フォーム

★お電話で問い合わせ!
カウンセリング中などは電話に出ることができません。ぜひ留守電にいれてくださいね。また、現在、無料相談はお受けしておりません。

固定電話044-211-5622に電話する
ソフトバンク携帯080-6518-4122に電話する

★著書のご案内
夫婦喧嘩のすべてがわかり、夫婦喧嘩を減らせる1冊!


今までの夫婦関係を見直す1冊!


★オリジナルマガジン
(1)大好きな夫と正しく話し合う方法


このブログは、夫婦問題カウンセラー小林美智子が、管理・運営・執筆しています。本サイトの情報を活用する際は、ご本人の判断でお願いします。

Copyright(c)ハッピー夫婦 All Rights Reserved



コメント   この記事についてブログを書く
« 発達障害らしき夫:意思疎通... | トップ | 夫の不倫 浮気で悩んでいるあ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

発達障害」カテゴリの最新記事