離婚を決める前に知っておきたい「男女の違い」夫の気持ち 妻の気持ちがよくわかるカウンセリング

バツイチ同士の再婚~離婚危機~夫婦修復したカウンセラーです。3000名以上の相談を受け続けているカウンセラーの離婚ブログ

★めんどうくさいオトコ!? 1年も口をきかない夫! 半年も無視する夫! 悪いのは本当にあなたですか?

2019-06-02 10:57:24 | ハズレ夫 
めんどうくさいオトコ!? 1年も口をきかない夫! 半年も無視する夫! 悪いのは本当にあなたですか?



・夫が、3カ月も口をきいてくれません

・夫は、半年も無視します

・夫は、長いと1年も口をきいてくれません

そして、妻は、夫にこんなことを言われてしまうことがあります。

「お前が、悪いからこうなった!」

「お前が、俺を怒らせるからだ!」

「俺のこと、ちゃんと察しろ!」って。

でもね、コレって単なる夫のわがままで自分勝手ないいぶんかもしれないし、ハズレ夫かもしれないよ^^


こんにちは。夫婦問題カウンセラーの小林美智子です。

だってね、口をきくかきかないかは、自分自身のことだもん!

でもでも女性って、こんなことを言われ続けてしまうと、なんだか、そんな気になっちゃうし、こう思っちゃうの。

「自分がダメだから、こうなっちゃったんだ!」

「自分のせいでこんなことになっちゃって、子供たちにも気を遣わせちゃってる!」って。

自分のこと責めちゃうの。

そして、何回も何回も繰り返されることで、感覚がマヒしてきちゃって、物事の本質がみえなくなってしまうこともあります。

だからね、もしかしたら、あなたが抱えている問題は、あなたの問題でもなく、夫婦の問題でもなく、単なる夫の問題かもしれないよ。

そう、ただただ、めんどうくさいオトコってこともあるかもよ



だってね、3カ月も口をきかない、半年も無視する、長いと1年も口をきかないって、どう考えてもおかしくないかな?

だからね、これ以上、自分のこと責めなくても大丈夫だから、まずは、冷静に、夫のこと観てごらん。見るんじゃなくて観るんだよ。

参考記事:ハズレ夫:結婚に向かない夫11のタイプ



ホンのちょっとだけ、心当たりがあった男性のかたへ
参考記事:ハズレ妻!?結婚に向かない妻8つのタイプ

おすすめ記事:ブログのおまとめ記事一覧

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

有限会社 ハッピー夫婦

★ハッピー夫婦になるために!
・5日間無料メールセミナー:夫婦関係を良くするために知っておきたい「男女の違い」
・夫婦のお悩み一覧
・夫婦問題解決 離婚回避ヒント集:相談者さまの感想と効果
・相談者の不安と苦悩と葛藤

★小林美智子ってこんな人!
・バツイチ同士の再婚~離婚危機~夫婦修復できた出来事
・ユーチューブにて小林美智子のテレビ出演風景がご覧いただけます


★カウンセリングの詳細はこちらです!
・男性のためのカウンセリング
・女性のためのカウンセリング
・カウンセリング料金
・カウンセリングに関するよくある質問

★メールで問い合わせ!
相談フォーム

★お電話で問い合わせ!
カウンセリング中などは電話に出ることができません。ぜひ留守電にいれてくださいね。また、現在、無料相談はお受けしておりません。

固定電話044-211-5622に電話する
ソフトバンク携帯080-6518-4122に電話する

★探偵を迷っているあなたへ
不倫発覚!…証拠をとったほうがいいのか、迷っています

★執筆・取材・講演・その他
問い合わせ・依頼フォーム

★著書のご案内
夫婦喧嘩のすべてがわかり、夫婦喧嘩を減らせる1冊!


今までの夫婦関係を見直す1冊!


このブログは、夫婦問題カウンセラー小林美智子が、管理・運営・執筆しています。本サイトの情報を活用する際は、ご本人の判断でお願いします

Copyright(c)ハッピー夫婦 All Rights Reserved


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 夫と別居したら、なにをすれ... | トップ | ★なんか妻の様子がおかしい~... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
長文・駄文、失礼いたします (coba)
2019-06-29 05:25:12
結婚や親業に向かないタイプの男性や女性が、世の中には存在する…。
このことをもっとはやく、まだ幼い子どもだった35年くらい前に知りたかったです。

可愛い子には苦労(旅)をさせよ。
獅子は千尋の谷に我が子を突き落とす。etc…
私の親には、心の奥底には(相手の成長や幸せを願う)隣人愛があるものだと思っていました。

4歳のときに風邪で熱を出して寝込んで、水や食事や薬を与えられず、布団のなかでグッタリと脱水症状になりました。
ふすまを挟んだ隣の部屋からは、香ばしい焼きそばの匂いとテレビの歌番組の音。
力無い声で「おかーさーん」と呼んでも、無反応。
…それは、「私のことを想ってくれての(自律を願った)厳しい愛」なのだと思っていました。

長い夜が明けて、朝帰りしてきた父が私を見つけて、驚いて言いました。
「ミー、きのうご飯、食べたか?」
「……たべてなーい」
父と母が言い合います。
「ほら! 食べてないって言ってるだろ!!」
「ちゃんと食べさせたもん!」
私は、父と母の声を聞きながら思いました。
これは「厳しい愛」なのだから、決して母が間違ったことをした訳ではない、と。

総合病院に運ばれ、診察をしてくれた男性の内科医師が怒っていて、怖くて萎縮してしまいました。
「お母さんから、なにをされたの!?」
「お母さんには言わないから、ちゃんと正直に言って!!」
「風邪で寝込んだくらいじゃ、ここまでならないよ!?」
「お母さんをかばってるの!?」
男性医師の言っていることがまったく理解不能で、自分がお説教をされているようでした。

結婚や親業に向かないタイプの男性や女性が、世の中には存在する…。
おかげさまで、他人を見る目がひとつレベルアップできた……かな。
「厳しい愛」なんかじゃなくて、単なる「無関心」ですよね。
自分の人生のために活かす所存です。
cobaさんへ (小林美智子)
2019-06-30 11:27:02
貴重な体験コメントをありがとうございました。

私のブログが、少しでもお役に立てたこと、とても嬉しく思います。

cobaさん、どうぞ、今を大切に生きてくださいね。

小林美智子

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ハズレ夫 」カテゴリの最新記事