離婚 を決める前に知っておきたい男女の違い★夫の本音 妻の本音がよくわかるカウンセリング

不倫 夫婦喧嘩 家庭内別居 帰宅恐怖症 実家依存症など 離婚したい!けど離婚したくないあなたへ「小林美智子」公式ブログ

男女の違いがズバリ!よくわかります

5日間無料メールセミナー:夫婦関係を良くするために知っておきたい「男女の違い」  

妻の帰宅恐怖症(4)番外編

2019-05-15 12:17:47 | 妻の帰宅恐怖症
妻の帰宅恐怖症(4)番外編



前回は、妻の帰宅恐怖症で、共働き夫婦の妻編について書きました。


こんにちは。夫婦問題カウンセラーの小林美智子です。

まだ、読んでいない方はこちらです!

今回は、番外編をお伝えします。

妻の帰宅恐怖症:番外編

番外編は、夫婦問題や離婚問題から感じる恐怖心のようです。

メルマガ読者さまの声



★夫の不倫

不倫を疑い出してから、夫の私物をこそこそとチェックすることを、悪気もなく当然のこととしてやっていました。

じきに、夫に知られてしまいました。



そういう生活の頃は、夫の足音、生活音、匂い等々の全てが恐怖だったと思います。

夫から発せられる音全てが気になり、音を追っている自分がいました。



出かけて行く音を聞いたら、不倫相手に会いに行ったのかと想像しては悲しみ、香水のような匂いがしたら、それをつけて誰に会うのかと考えてはイライラしたり。

帰って来た音を聞いても、誰と会って来たのかと考えて想像、妄想で頭がいっぱいになり眠れなくなりました。



もう、毎日の生活の全てが恐怖でした。

消えてしまいたいと、本気で悩むほど心も体も疲弊しまくりでした。



そんななか、その時々の心の変化を言葉にしたり文字で書くことをしたり、一瞬でも忘れられるように好きな音楽を聴いたり、映画を観たり。外に出かけたり。

自分なりに、努力もしてきました。



でも、そのうち、私にとって、夫は敵のような存在になってしまいました。

でも、敵にしてしまったら自分自身の生活も苦しい。

毎日毎日、人を憎みながら生活するなんて悲し過ぎます。

今、少しずつ私の時間が楽しめるようになってきたと感じています。


★夫の不倫~離婚宣告

うちの夫、単身赴任先から帰ってくる頻度が極端に減りました。

そして結果が「離婚したい、うちに居場所もなく、お前が怖い」でした。

ま、それだけが理由ではなかったんですけどね。親しくしている女性がいましたから。



今はまだ離婚成立してないので、たまに家に帰ってきますが、帰ってくるとわかると、私が恐怖を感じてしまいます。

恐怖っていうと大袈裟かもしれませんが、なんとなく、動悸がしたり、頭が痛くなったり、落ち着かなくなったり…



だからといって、帰ってこなかったら、こないで、よからぬことを想像してしまうんです。また、あの浮気相手と会っているのか…とか。



小林先生が言う女性の帰宅恐怖症に当てはまるかわからないですが、今のわたしは自分の気持ちの浮き沈みについていけず、旦那の行動、メールに恐怖を感じたり一喜一憂して、疲れてしまってます。



帰宅恐怖症は男性にだけあるものではないと思います。同じように女の人にもあると思います。

私は、離婚してほしいと言われている側で不倫もされていて、夫の帰宅に多少なりとも恐怖がありますが、それでも別れたいとは思えないんです。

一緒にいたい、別れたくない、やり直したいのに、体調を崩します。困ったものです。



★夫のうつ病~夫の不貞行為~お互いに帰宅恐怖症?

帰宅恐怖症…私の場合、夫に帰宅恐怖症を与えていると思います。

そして、私もまた夫に帰宅して欲しくないと思っています。



夫が帰宅したくないと思っているかもしれないと思う理由は、夫に優しく接することができないからです。

うつ病の夫。うつ病になってから、献身的にサポートしてきました。心のサポートをしてきました。

にも関わらず、夫は不貞行為を犯しました。未だに信じられませんし、許せませんし、気持ち悪いですし、言い方悪いですが、思い出すとヘドが出そうです。



忘れよう、心の中にしまうんだと自分に毎日言い聞かせています。でも、毎日、毎日思い出すんです。思い出さない日はない。

だから、毎日夫の目を見て優しく話しかけることができません。

夫の出来ていないことが目について、言ってしまうんです。



うつ病だから、会話を展開していくのはいつも私。家族の雰囲気を明るくしようとするのはいつも私。

まだ子どもがいるから救われます。

だけど、何でいつも私から歩み寄らないといけないのか、何でいつも私が盛り上げないといけないのかと思ってしまいます。



私が、そうしなければいいのかもしれません。

だけど、そうしなければ、ずーっと暗い雰囲気のまま。テレビを見続ける。テレビを消せば、寝てると言った感じで、楽しいことがありません。



だから、小言が多くなるし、夫を傷つけたくなります。

そんな自分が大嫌いです。



子供の為に離婚は選択しませんでした。

いろいろな面で、離婚しても自分にはメリットがほとんどないと思ったから離婚しませんでした。

けど、心が穏やかになるのなら離婚してもいんじゃないかと今更ながら思うのです。



少しは夫婦の関係が、もしかすると好転するかもしれないという思いもあるのはあります。

離婚を選択する勇気がない自分もいるんだと思います。

そんな自分が少しでもいるのなら、まだ離婚を決断するタイミングではないのかなとも思います。



脱線しました。

なので、夫が帰ってきたら、そんな醜い自分になってしまうのが嫌で、夫がいるところにいたくない自分がいます。

また、そんな自分がいるからこそ、夫に、家に帰りたくない気持ちにさせてるのではないかなと思っています。

夫から帰りたくないって聞いたことはありませんが…。


専業主婦編、共働きの妻編、番外編と、お伝えしてきました。

お読みいただき、あなたは、どんなことを感じましたか?



「帰宅恐怖症」という言葉。

とても、インパクトがありますし、特殊な夫婦間にだけ存在するようなイメージがあるかもしれませんが、浅さ深さは、ありますが、誰もがなってしまう可能性がとても高いと感じています。

そして、「帰宅恐怖症」の1番の問題点は、一方が、帰宅恐怖症のような想いをしているという事実を、パートナーが知らないことにあります。

今回、メールをお送りくださったメルマガ読者さまの夫も、妻の、こんな想いを、知らないんじゃないかな? って感じています。



今回の「妻の帰宅恐怖症」の記事内容は、メルマガ読者さまの声をお届けして、私の、個人的見解と、勝手な想像と仮説で書いていますので、参考になさってください。

また、少しずつ、解明して、対処法などをみつけていきたいと思っています。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。


妻の帰宅恐怖症をまとめてお読みいただけます!

妻の帰宅恐怖症(1)実は、帰宅恐怖症は女性にもあった!?

妻の帰宅恐怖症(2)専業主婦編

妻の帰宅恐怖症(3)共働き夫婦の妻編

妻の帰宅恐怖症(4)番外編←今ココです!


有限会社 ハッピー夫婦

★まずはココから読んでください!
ブログのおまとめ一覧

★メールで問い合わせ!
相談フォーム

★お電話で問い合わせ!
カウンセリング中などは電話に出ることができません。ぜひ留守電にいれてくださいね。

固定電話044-211-5622に電話する
ソフトバンク携帯080-6518-4122に電話する

★執筆・取材・講演・その他
問い合わせ・依頼フォーム

*このブログは、夫婦問題カウンセラー小林美智子が、管理・運営・執筆しています。本サイトの情報を活用する際は、ご本人の判断でお願いします。

Copyright(c)ハッピー夫婦 All Rights Reserved

コメント

妻の帰宅恐怖症(3)共働き夫婦の妻編

2019-05-14 12:46:41 | 妻の帰宅恐怖症
妻の帰宅恐怖症(3)共働き夫婦の妻編



前回は、妻の帰宅恐怖症で、専業主婦編について書きました。


こんにちは。夫婦問題カウンセラーの小林美智子です。

まだ、読んでいない方はこちらです!

今回は、共働き夫婦の妻からいただいた内容をお伝えします。

妻の帰宅恐怖症:共働き夫婦の妻の場合

共働き夫婦の妻の帰宅恐怖症というのは、家に帰りたいという気持ちはあるけれど、家に帰ってからの自分への負担の恐怖心が大きいようです。


メルマガ読者さまの声



★女性の帰宅恐怖症についておしえてくださいと書いてあるのを見て「あっ私のこと?」と思い、メールさせていただきました。

夫が休みの日、夫が私より早く帰宅している日は、仕事帰り、涙が出ます。



どんなに疲れていても、夫が仕事をしているんだ~とわかっている日は、「子供が待ってる!」と小走りに帰れるのに、

夫が待つ家は、怖くて帰るのに足が止まってしまうことも。

「おかえり~」とのんびり出迎えられればまだしも、ソファーでダラーと眠っている夫の姿を見ると、怒りと悔しさで吐き気さえもします。



そんな家に帰ると想像するだけで泣けてきます。そして恐ろしくなります。

私は夫と同じだけ働き、夫以上に家事育児をこなしているのにとイライラするのは、私がおかしいからでしょうか。

夫がくつろぐ側で、慌ただしく夕食の準備をする自分が情けなく思うのは、主婦失格でしょうか。



イライラしていると、「イライラしている君が悪い」「期待をしすぎだ」と怒られるため、我慢をするしかありません。

子供たちとだけ暮らせたらいいのにと、何度思ったことか。


★昨日 ちょっとした事から主人の機嫌が悪くなった瞬間から…

私自身の精神が不安定?

主人と顔を合わせるのが怖い。大袈裟かな。。

普通の人なら全く気にする内容ではないと思うのですけど。今日も帰るのが怖いです。


★私はフルタイムで働いていますが…

毎日家のドアの前で、「今日は怒らない」と自分に言い聞かせています。

私が遅く帰ることで、子供も頑張っている。家が散らかっていても、一緒に片付ければいいんだ、と思いつつ、ドアを開けると毎日のように、泥棒が入ったような家になっています。

あまりにひどいので、かたづけながらも、ついつい声を荒げてしまい、口ごたえされ、夕飯作る頃にはぐったり、という毎日です。



帰りたくないというより、早く帰りたいですが、ドアをあける瞬間、今日も散らかっているんだろうと思うと、躊躇する自分がいます。



子供たちには、まず、「自分の学校のもの、食べたもの、飲んだもの、脱いだものを、片付ければ、ここまでならないよ」と言ってます。でも、なかなかうまく行きません。ものすごいストレスです。帰宅恐怖症とは違いますか?


★帰宅恐怖とは逆のような気がしますが…

私が感じていることは「夫より早く帰らなきゃ!」です。

私の母は生前厳しい人で、子供の頃に甘えられませんでした。



今の私は遊びに行った時はもちろん、仕事の時でさえ遅くなると本当に焦ります。帰宅して夫の車がないとホッとします。

土日に夫が家にいて、自分が留守にする場合は大丈夫なのですが、平日は夫よりたとえ1分でも早く帰らないと罪悪感があります。

「電気のついてない暗い家に帰るのは男は嫌がる」という、母からの刷り込み? があるのかもしれません。



以前、母を見舞っていて帰りが遅くなった時に、夫に叱られたことも原因です。メールはしたのですが、夫は携帯を見ない人なので気がつかなかったようです。

平日の夕方はいつも「早く帰らなきゃ!」状態です。

最近、夫は血糖値が高くてカロリーオフのお弁当を買っています。私もカロリーには気をつけて調理してたのに、残すおかずが多いので諦めてました。私の料理は食べなくて他人のは食べるようです。とてもモヤモヤします。


★先生がお書きになった『帰宅恐怖症』の本を読ませていただいたら…

我が家の事を覗いていたのではないか!? と思うほど当てはまってしまい、驚きました。

読ませていただいた本は、男性側の症状が中心でしたので、女性はならないのか? と疑問に思っておりました。



なぜなら私は別居する前、主人のいる家に帰りたくなくてわざと遠回りをしたり、帰ったら出迎えてくれる主人にうんざりしていたからです。

なぜ嫌だったのかと思い返してみると、会話をするのが怖かったから。



関わることで喧嘩になるのが嫌だった。主人に対して嫌な態度を取ってしまうのが嫌だった。

復縁を目指している今となっては後悔しかありませんが、あの時は嫌だという感情を押さえる事が出来ませんでした。


お読みいただき、あなたは、どんなことを感じましたか?

メルマガ内で、ある読者さまから、こんな感想をいただきました。

★小林先生、共働きの帰宅恐怖症の他の方のメールも読ませていただきました。

感想ですが、責任感の強い? 女性がそうなりやすいのかも、と思いました。

家事は女のやること、やらなくてはいけないこと、そう思っているので、思い描いた女性像(妻の立場でも母の立場でも)が成立しないとストレスになるのかなと。



きっと鬼嫁(笑)なら、旦那にあれやって、これやって、と頼んでやってもらってラッキー……で終わるし、夫が仮にやっていなかったとしたら猛烈に怒れるのでしょう。(想像ですが…)

ものすごい亭主関白な夫なら、出来ていない事を怒られて怖くてストレス…なのでしょう。



亭主関白な夫でないのに、自分の仕事が忙しくて家事が追い付かない、夫は非協力的、でも家事は女がやるものだ……と自分を追い込んでストレスがたまる。

(でもそこで夫に、やらなくていい、やれって言ってない、とか言われるのもすごくストレスなんですけどね。うちのパターンです。)

女って損だな―と思います。

あれこれ気がまわる人程、自分を追い込むパターンに陥るのではないでしょうか。

片付かない現実があるから、どのみちやらなきゃいけないですしね。


私も、真面目過ぎる妻、責任感が強すぎる妻が、なってしまう可能性が高いような気がしています。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

妻の帰宅恐怖症をまとめてお読みいただけます!

妻の帰宅恐怖症(1)実は、帰宅恐怖症は女性にもあった!?

妻の帰宅恐怖症(2)専業主婦編

妻の帰宅恐怖症(3)共働き夫婦の妻編←今ココです!

妻の帰宅恐怖症(4)番外編

有限会社 ハッピー夫婦

★まずはココから読んでください!
ブログのおまとめ一覧

★メールで問い合わせ!
相談フォーム

★お電話で問い合わせ!
カウンセリング中などは電話に出ることができません。ぜひ留守電にいれてくださいね。

固定電話044-211-5622に電話する
ソフトバンク携帯080-6518-4122に電話する

★執筆・取材・講演・その他
問い合わせ・依頼フォーム

*このブログは、夫婦問題カウンセラー小林美智子が、管理・運営・執筆しています。本サイトの情報を活用する際は、ご本人の判断でお願いします。

Copyright(c)ハッピー夫婦 All Rights Reserved


コメント

妻の帰宅恐怖症(2)専業主婦編

2019-05-11 15:05:46 | 妻の帰宅恐怖症
妻の帰宅恐怖症(2)専業主婦編



前回は、女性にも、帰宅恐怖症があるのではないか?

という内容を書きました。


こんにちは。夫婦問題カウンセラーの小林美智子です。

まだ、読んでいない方はこちらです!

では、妻の帰宅恐怖症って、いったい、どんなことなのでしょうか?

今回は、メルマガ読者で専業主婦の方からいただいた内容をお伝えします。

妻の帰宅恐怖症:専業主婦の場合

専業主婦の帰宅恐怖症というのは、家を避けたいという思いもあるけれど、夫が帰って来ることへの恐怖心が大きいようです。


メルマガ読者さまの声



★私は先月離婚したのですが、結婚していた時は帰宅恐怖症に近いような現象がありました。

専業主婦だったので、帰宅恐怖症もありながら、主には帰ってくる元夫が怖い現象もありました。

元夫の態度が怖くて。何しても何を話しても冷たくて。今思い出すだけでもゾッとします。

離婚をして、もうその恐怖に触れることはなくなりましたが、離婚したことでかなりエネルギーを消費しました。

これから少しずつ自分を取り戻したいです。


★「女性の帰宅恐怖症」と拝見して、

私自身は専業主婦のため自分が帰宅するわけではありませんが、夫が帰ってくることに身構えてしまうところがあります。


★一人で家にいるときは感じなくても…

主人がいると何か妻らしいことをしなくてはいけないような気がする時があります。

実際、何もしなくても、そんなプレッシャーってあると思います。

きっと家庭がうまくいっている人はそれが楽しいのでしょう。



私の場合、帰宅恐怖症というより「帰ってこなければいいのに」という思いのほうが強いのでちょっと違うかもしれませんが…

ただ、一応「行ってきます」「ただいま」「行ってらっしゃい」「お帰り」は努めて明るく言うようにしています。

それは誰のためでもなく私のためです。

もう、家に言い聞かせるように言います。そうでないと、家の中が暗くなってしまって、幸運が逃げていくような気がするからです。

ちょうど節分の豆まき「福はうち~」って感じに。主人はちょっと置いといてこんなことをしています。


★夫は、会社経営者なので、縛られた生活ではありません。

なので、会社から近距離の自宅に一旦帰宅して、身支度し直して、また出かけていきます。

夫は、日中に家に帰ってくる日が多いため、私が用事や買い物に出かけてその時間にぶつかると、

・夫の不機嫌そうな顔つき
・夫の話しかけるなオーラ
・夫の目つき
・夫の無返事
・夫の文句

など。夫の威圧感がたまらず、恐怖です。

・何を言われるか、、、
・何を否定されるのか、、、
・何て返事がくるのか、、、



家に子供がいると安心して、自分の居場所を感じます。夫とだと私の居場所を感じられない。

二人だと、無言で過ごさないとならない。寝ていると静かにしていないといけないと気をつかう。

しみじみ、過去の夫とは別人だなあと、悲しい毎日を送ってます。


★女性の帰宅恐怖症についてですが、私は専業主婦で仕事をしていないのですが、私みたいな感じでも参考になるでしょうか?

夫の不倫がわかり、修復しようと決めた時、買い物に出て家に帰りたくないって思ったことがありました。

修復したいのに、夫婦仲良くしたいと思ってるのですが、夫の気持ちが私にないし、夫の顔を見るとずっと険しい顔してるし、私が家にいなかったら、部屋から出てたばこを吸ってる形跡があって、私がいない方がいいんだって思ったりして、家に帰りたくなかった時期がありました。



しかし、夫の行動やどう思っているかの気持ちは夫にしかわからないので、自分がどうしたいかっていうことだけ考えて、1年頑張ってきました。

私は夫と修復したいし、また愛されたいし、自分から離れていってしまってはいけないと思い、気持ちを切り替えました。

もし、私が仕事をしてたら、今の夫と一緒で残業だからとか仕事のせいにしてるかもしれません。夫は朝から夜遅くまで仕事です。仕事だとこちらは何も言えないです。


★結婚2年目専業主婦です。

夫が帰ってくるのが怖いということはまだありませんが、夫は私に対して口調がきつく、何を言われるかとビクビクしたり、夫の言動が怖いと思う事があります。

また、優しい反応が返ってくると、すごくホッとしたりします。



そして、最近気付いたことは、夫の私に対する態度は、私が母にしている態度と物凄く似ているということです。

私は「怒ったことあるの?」と周りから、よく聞かれるくらい温和な性格だと思いますが、母にはついついキツイ口調になってしまいます。

(そして子供の頃から母は、周りの人に同情してもらいたいのか、私の事が怖いとか、気が強い、意地悪だの、よく悪口を言ってます。)



それで思ったのですが、私もなぜが母に対してだけ、そういう態度になってしまう様に、夫の態度をそうさせてしまうのには、妻側にも何か原因があるのだろうと思いました。

その原因は今の所よくわからないので模索中ですが、相手に気に入られたいと思えば思うほど逆効果な様な気がしています。


★私はパート勤務なので、専業主婦の立場と近いです。

夫が、以前と別人のようで、

・不機嫌
・話しかけるなオーラ
・返事をしない夫

にどう対処していいか考えすぎて疲れてしまいました。夫の帰宅におびえています。



子供の前では素直な自分でいられるけど、夫の前ではなるべく自分を出さないようにしているので、夫にも私の気持ちはわかるはずがないと思います。

お互いを全て理解し合うのは無理だとわかっています。愛する子供のことも一部しかわからないから。

でも、まともに会話できない・思いやりを示せないのでは何のための夫婦なのか、空しくなります。


★帰宅恐怖症なのかはわかりませんが、帰宅に関してのストレスは12年にも及び、今は夫とは別居したのでストレスフリーです。

新婚当初、残業ばかりの夫は深夜まで帰ってきませんでしたが、夫婦2人の時はそれでも帰宅を楽しみに待てました。



子供が生まれても状況は何も変わらず、ワンオペで疲れ果て、夫に苛立ちを通り越して憎しみを覚えるようになり、その憎しみは仕事をしている夫に向けるべきものではないとわかっていても、

当時専業主婦だった私に、家事育児はお前の仕事と言い放つ夫に絶望もしたし、とにかく夫はいないと思うようにしました。



その頃には、夫の帰宅を笑顔で迎えてあげなければいけない、でもその笑顔が出来ない、喋ることが文句以外思いつかないといった、明るい家庭にできていないジレンマが大きく、

車の音がすると心臓の鼓動が早くなり、胸が苦しくなり全身の血の気が引いていくような気がしました。



その後、夫の仕事が変わり、自宅で仕事の時間が増え、私がフルタイムの仕事から帰ると夫がいる事も多くなりました。

帰宅してから大急ぎでこなさなければならない家事を考えると、フラリーマンなんてしている余裕などなく、どうか夫がいませんようにと願いながら帰宅する毎日。



駐車場に夫の車があると「夫はいないと思う事」と自分に言い聞かせて玄関を開けました。

そうしないと、散らかった部屋や1人で宿題もせずにテレビ見ている子供を、なぜほったらかしなのかと叫んでしまいそうでした。



夫が帰ってくる、私が帰っていく、両方の帰宅恐怖症?を経験しましたが、私の場合、おかえりもただいまも笑顔でいなければならないのに、それが出来ない事が辛くて、その辛さを味わいたくないという思いが強かったように思います。


お読みいただき、あなたは、どんなことを感じましたか?



私は、「帰宅恐怖症」という男性向けの本を出させていただきましたが、根本的には一緒だな。

ということを感じました。



ただ、違う点を挙げるとしたら、

帰宅恐怖症の夫は、妻から、あれこれ言われることから、帰宅恐怖症になっていくとしたら、

妻の場合は、夫がなにも言わない、無反応みたいなことから、恐怖心をもっていくのかな?と感じました。



それと、女性は、もともと、夫に合わせすぎたり、気を使い過ぎて、疲れてしまうようなところがあります。

また、想像力が働きやすいから、より、疲れちゃうのかな?

なんて、勝手に感じてしまいました。



また、専業主婦の悩みのひとつに「専業主婦と堂々と言えない」という悩みがあります。

・専業主婦は、誰にでもできる
・専業主婦なんだから、ちゃんとしなくちゃ
・専業主婦は、家事育児をやって当たり前

みたいに、周囲からみられているような気持ちになったり、本人が、そう感じていることで、より苦しんでしまっているような気がします。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

妻の帰宅恐怖症をまとめてお読みいただけます!

妻の帰宅恐怖症(1)実は、帰宅恐怖症は女性にもあった!?

妻の帰宅恐怖症(2)専業主婦編←今ココです!

妻の帰宅恐怖症(3)共働き夫婦の妻編

妻の帰宅恐怖症(4)番外編

有限会社 ハッピー夫婦

★ハッピー夫婦になるために!
・5日間無料メールセミナー:夫婦関係を良くするために知っておきたい「男女の違い」
・夫婦のお悩み一覧
・夫婦問題解決 離婚回避ヒント集:相談者さまの感想と効果
・相談者の不安と苦悩と葛藤

★小林美智子ってこんな人!
・バツイチ同士の再婚~離婚危機~夫婦修復できた出来事
・ユーチューブにて小林美智子のテレビ出演風景がご覧いただけます


★カウンセリングの詳細はこちらです!
・男性のためのカウンセリング
・女性のためのカウンセリング
・カウンセリング料金
・カウンセリングに関するよくある質問

★メールで問い合わせ!
相談フォーム

★お電話で問い合わせ!
カウンセリング中などは電話に出ることができません。ぜひ留守電にいれてくださいね。

固定電話044-211-5622に電話する
ソフトバンク携帯080-6518-4122に電話する

★探偵を迷っているあなたへ
不倫発覚!…証拠をとったほうがいいのか、迷っています

★執筆・取材・講演・その他
問い合わせ・依頼フォーム

★著書のご案内
夫婦喧嘩のすべてがわかり、夫婦喧嘩を減らせる1冊!


今までの夫婦関係を見直す1冊!


このブログは、夫婦問題カウンセラー小林美智子が、管理・運営・執筆しています
本サイトの情報を活用する際は、ご本人の判断でお願いします


Copyright(c)ハッピー夫婦 All Rights Reserved




コメント

妻の帰宅恐怖症(1)実は、帰宅恐怖症は女性にもあった!?

2019-05-10 10:25:17 | 妻の帰宅恐怖症
妻の帰宅恐怖症(1)実は、帰宅恐怖症は女性にもあった!?



あなたは、帰宅恐怖症という言葉を聞いたことがありますか?

そして、帰宅恐怖症は、男性だけに起こっていると思っていませんか?

実は、先日、帰宅恐怖症らしき症状で悩んでいる女性から、コメントをいただきました。

「家に帰りたくない」みたいなことで検索していたら、こちらのブログに辿りつきました。

「帰宅恐怖症」の本も読みました。

なんとなく理解できるところもあるのですが、自分自身におきかえても、どうしたらいいのかわからない状況です。

このような内容でした。


こんにちは。夫婦問題カウンセラーの小林美智子です。

私、ホンのちょっとだけ、なるほど!って思っちゃったんですね。



共働き夫婦が増えている現代。

妻の行動言動で、帰宅恐怖症になってしまう夫がいるとして、

でも、反対に、家に帰ることが億劫になってしまう妻がいても、不思議じゃないような気がしました。



そこで、私が管理しているメルマガの読者さまに、アンケートのご協力をお願いしました。

すると、読者さまから、さまざまなお返事がいただけました。

ということで、「妻の帰宅恐怖症」についてまとめてみようと思いました。



妻の帰宅恐怖症といっても、妻の立場は、いろいろです。

そのため、

・専業主婦編

・共働き夫婦編

・番外編(夫の不倫・夫からの離婚宣告などで、悩みを抱え込んでしまった場合)

について、少しずつお伝えします。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。


妻の帰宅恐怖症をまとめてお読みいただけます!

妻の帰宅恐怖症(1)実は、帰宅恐怖症は女性にもあった!?←今ココです!

妻の帰宅恐怖症(2)専業主婦編

妻の帰宅恐怖症(3)共働き夫婦の妻編

妻の帰宅恐怖症(4)番外編

有限会社 ハッピー夫婦

★ハッピー夫婦になるために!
・5日間無料メールセミナー:夫婦関係を良くするために知っておきたい「男女の違い」
・夫婦のお悩み一覧
・夫婦問題解決 離婚回避ヒント集:相談者さまの感想と効果
・相談者の不安と苦悩と葛藤

★小林美智子ってこんな人!
・バツイチ同士の再婚~離婚危機~夫婦修復できた出来事
・ユーチューブにて小林美智子のテレビ出演風景がご覧いただけます


★カウンセリングの詳細はこちらです!
・男性のためのカウンセリング
・女性のためのカウンセリング
・カウンセリング料金
・カウンセリングに関するよくある質問

★メールで問い合わせ!
相談フォーム

★お電話で問い合わせ!
カウンセリング中などは電話に出ることができません。ぜひ留守電にいれてくださいね。

固定電話044-211-5622に電話する
ソフトバンク携帯080-6518-4122に電話する

★探偵を迷っているあなたへ
不倫発覚!…証拠をとったほうがいいのか、迷っています

★執筆・取材・講演・その他
問い合わせ・依頼フォーム

★著書のご案内
夫婦喧嘩のすべてがわかり、夫婦喧嘩を減らせる1冊!


今までの夫婦関係を見直す1冊!


このブログは、夫婦問題カウンセラー小林美智子が、管理・運営・執筆しています
本サイトの情報を活用する際は、ご本人の判断でお願いします


Copyright(c)ハッピー夫婦 All Rights Reserved




コメント

小林美智子著書のご案内

・夫婦喧嘩のすべてがわかり、夫婦喧嘩が減らせる1冊です!


・今までの夫婦関係を見直す1冊です!