mikiko.お家でカフェ時間

神戸生まれ、神戸育ちのパティシエールです。

しめじとかぼちゃのクリームキッシュ

2007-09-27 22:40:06 | タルト・パイ

しめじの旨味たっぷりのクリーム煮込みをキッシュにしました。
生クリームを使わないキッシュだから思い立った時いつでも。

<ブリゼ生地の材料>直径20cmのタルト型1台分
薄力粉  70g
強力粉  50g
塩     2g   
バター  60g(常温に戻しておく)
卵黄    1個
水    30cc

<作り方>
1.ボウルに粉と塩をいれ、バターを加え、指先でバターの塊がなくなるま
  で混ぜます。

2.卵黄と水を入れ、軽くこねて一まとめに。ラップに包んで冷蔵庫で30
  分寝かせます。

<具材>
しめじ     半パック(石づきを取ってばらばらに)
玉ねぎ     1/4個(薄くスライス)
ニンニク      1片(みじん切り)
プティトマト    4個(横半分に)  
オリーブオイル 大さじ2
小麦粉      15g
牛乳      200cc
かぼちゃ    100g(レンジで3分程柔らかくなるまで加熱)
ピザ用チーズ、塩、胡椒 

1.フライパンにオリーブオイルとニンニクのみじん切りを入れ弱火にかけ
  ます。良い匂いがしてきたら、玉ねぎを加えます。玉ねぎがしんなりし
  てきたところでしめじを投入。途中で水大さじ1を加え軽く塩、胡椒し
  て全体の味を馴染ませます。
2.小麦粉を振り入れて炒めます。
牛乳を入れて杓文字でよくかき混ぜなが
  ら一煮立ち。牛乳の量を増やせばスープストックも使わずに、これだけ
  で美味しいスープが出来上がります。

仕上げ
1.寝かせた生地を型の大きさより3cm大きく、2mm厚さに伸ばし、型
  に敷き込みます。型を回しながら、底の部分の角は親指を生地を押し付
  けるように、壁の部分は生地と型を指ではさんで生地を押し上げるよう
  に。余分な生地は上から麺棒を転がすと綺麗に切り取れます。
2.15分冷蔵庫で寝かせたら、パラフィン紙を敷き、小豆などで重石をし
  て200℃で約10分、縁が薄く色づくまで空焼きします。

3.重石を取り除き、まずかぼちゃを並べ、その上にしめじのクリーム煮と
  トマトを乗せ、最後にチーズをたっぷりと。

4.220℃のオーブンで約30分焼きます。
  型から外すときは火傷に十分注意して。タオルを手首までぐるぐる巻き
  にするといいですよ。


今日もヤケド注意報
甘酸っぱいトマトがとってもいいアクセントになってます。

キッシュといえば生クリームと卵の流し生地を使ったものが定番。でもいつもお家で作るシチューも水分を少なめにして作るとこんな風にキッシュになります。
何度も煮返して濃くなったシチューとかいいかも。そういう時もプティトマトはオススメ 
お料理に新鮮さを与えてくれます
 
今日は中秋の名月でしたね。仕事から帰る途中、前方の空に夕日のようにすっごくおっきなオレンジ色のお月さまが浮かんでました。 今はお家の天窓を仰ぐと、高い空で白く光っています。

駅から家に向かう途中って、結構空が広く見渡せて、月を探すのがクセになってるんです。なんだか月を見ると安心するんです。今日も一日無事にやり終えたことを実感できるというか。月が出てるのと出ていないじゃ、夜空の明るさも全然違う。

ちなみにフランス語で月は、lune(f.)リュヌ。満月はpleine lune-プレンヌ・リュヌ
三日月は言わずと知れたcroissant de lune-クロワッサン・ドゥ・リュヌ

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ  レシピブログ『わたしの旬レシピ・9月』
ランキングに参加しています 

ぽちっとすると私のランキングが上がります。
ぽちっと応援してくれたら嬉しいです。ブログ作りの励みになります
皆さんからのコメント&ご質問、楽しみにしています! 


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 焼オクラとはちみつレモン鶏... | トップ | パイナップルとバナナのココ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mt-nori)
2007-09-27 23:03:28
おいしそぉ~
このパイ生地なら私にも挑戦できそうです
お休みのランチにぜひ作ってみますね
おはようございます、mt-noriさん (mikiko)
2007-09-28 08:31:40
混ぜるだけの簡単パイ生地です
コツは生地をこね過ぎないこと。
いろんな具材で試してみてくださいね

コメントを投稿

タルト・パイ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事