メカニック日記

メカニックです。仕事ネタから感じた事思った事など気まぐれに更新していきます…

スプリングピボット修理。

2017-08-17 23:00:55 | トレーラー
休み明け早々に走行中後ろの方から聞き慣れない金属音がする…という事で入庫したタンクトレーラー。


BPW2軸のリフトアクスル車両。


運転手さんは異音は比較的空荷の時が多い…という事で…


試運転をしてみると…

段差や路面の凹凸でサスペンションが上下する時に金属が擦れるような音が確かに発生してました。


車両をリフトアップして点検するんですが、もうリフトアップする時点で後軸のスプリングピボット部が目視で分かるほどガタがあるのを確認…

恐らく異音の原因はスプリングピボットのガタで間違いないだろう…という事でそのまま預かり作業をする事に。
この辺りの部品は在庫してます。

この車両は2バッグ式エアサスペンションでスプリングピボットを軸にトレーリングアームを介してリヤ側のベローズで衝撃を吸収する構造で、スプリングピボット部に使用しているブッシュはゴムブッシュなので経年劣化でガタが発生します…


ブッシュ自体は外部からは見えないのでそのままでは非常に分かりづらいですが…
リフトアップする時にピボット部の動きを見ればガタがあるかどうかはすぐに判断できます。

で、このブッシュ自体はプレスじゃないと抜けないのでトレーリングアームごと取り外して作業する必要があります…
まずは右から…




写真だと小さく見えますが、このトレーリングアームめっちゃ重いです…笑
ウチでは天井クレーンで吊りながらプレス作業します。

ピボット部は見事にガタガタ。


ここのブッシュも結構放ったらかしにされてる事が多いです…
定期的な点検と交換は必須ですね…

プレスで打ち替えて…


右側は完了。

反対側を取り外すと…





コレは酷い…


ブッシュのゴム部は見事に無くなり金属同士が擦れてます…


更にブッシュ外側の金属部分まで摩耗してトレーリングアーム側のベースサークルにまで若干の摩耗が…



左が取り外したブッシュで右が新品のブッシュ…




もはや原形を留めておりません。
この状態を更に放置しておくとピボットボルト本体が摩耗→折損→走行不能という最悪の状況になります。



摩耗したブッシュを抜いて当たり面をキレイに磨き…
新品のブッシュをプレスで圧入。


圧入されたブッシュ。


ピボットボルトとスペーサプレートは無条件で新品に交換…
ピボットボルトの締め付けトルクは900Nmです。



左右共に交換完了…




タイヤも取り付けて作業完了…



試運転では無事に異音も無くなりました。



このピボット部のブッシュはゴムなので経年劣化や走行距離によって必ずガタが出てきます。

BPWのエアサス車はピボットボルトの定期的なトルク締めが指定されてますが、ボルトが適正トルクで締まっていてもブッシュの減りには全く関係ありませんので車検時などの車軸を浮かして行う整備の時には必ず確認しておいた方がいい項目ですね…



ただ、ここもメタルブッシュでグリスアップ出来る構造にしておくとゴムよりは長持ちすると思うんですけどねぇ…


コメント (4)    この記事についてブログを書く
« 3LD1…O/H 再開。 | トップ | 3LD1…O/H 再開2 »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (にわか整備士)
2017-08-18 22:31:18
お疲れ様ですm(_ _)m
台車の2バックは放置が多いですよね・・
ウチのFS54又はFY54系も2バックですが
車検班を見ていると放置・・・
やろーよ!って感じです(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾
この手のブッシュは上手くいくと
プレス使わずにいけますよ^ ^
ウチでは古いブッシュは半分に溶断して
抜き取り、あとは新品を
Uボルトで作ったSSTを使って
インパクトで引っ張って入れてます^ ^
ベローズを外さずにシャックルだけ下に
落とす?スペースを作る感じです^ ^
若者がブッシュとバネ両方切って
怒った事が過去にありますwww
話変わって今、自分の方で
4P10のエンジンと格闘してます
バルブが着いてピンストンが逝ったんですが・・・
ライナーが存在しないとゆうwww
お客様と揉めて凹んでる
にわか整備士でしたm(_ _)m
返信する
Re:Unknown (mikiaxis)
2017-08-19 23:14:30
にわか整備士さん お疲れ様です。

やはりにわか整備士さんの地域でも放ったらかしにされてますか…笑

確かに左右同時にピボットを下げて軸を浮かせれば、後はSSTがあれば車上での交換も可能ですね…
勿論ウマはかけるんですが、私は車軸を宙吊りにして整備するのにビビっちゃいました。笑

でも確かに車上で交換出来れば早いですよね…
ウチもSST作って今度チャレンジしてみます^ ^

酸素の溶断に慣れてないと関係ないトコまで切っちゃう人って居ますよね…笑

4P10ってウチでは圧倒的に管理車両が少ないんですが、ライナーが存在しないんですか⁉︎
返信する
Unknown (にわか整備士)
2017-08-20 23:06:45
お疲れ様です(〃ω〃)
初めの頃はビクビクしながらスプリングを下げてましたねwww
ただ左右共に落とさないと三菱の場合はブッシュを抜く事が出来ないので
半分ウマ頼りになってますwww
大型は素直にいけるんですが
中型FK系の2バックはスプリングを戻す時が厄介でセンター合わせないと一苦労しますね(/ _ ; )

さすがフィアットと言いますか・・
三菱流行りの常識を覆されてますwww
SSTがないとカムカバー又はトップカバーすら外せないとゆうwww
ライナーも存在しませんwww
4P10に関してはエンジン自体が安価なので
ブロック交換とヘッド、ターボ類エンジン脱着の工賃を入れると
新品のエンジンの方が安いですwww
ミッションを残したまま降ろせるので
1日あれば出来ちゃいますよ(〃ω〃)
ちなみに明日新品のエンジンが来ちゃいますwww
返信する
Re:Unknown (mikiaxis)
2017-08-21 08:50:40
にわか整備士さん お疲れ様です^ ^

そうなんですね…
車上で交換しようとするとBPWも軸を宙吊りにして両方同時に下げないと出来ないので、どうしても片側づつトレーリングアームを外す方法をとってしまいます…笑
ただ、ハスコーのシャックルブッシュツールはあるのでアタッチメントを製作してBPWにも対応出来るようチャレンジしてみます…笑


4P10ってSSTが無いとカムやヘッドカバーすら外れないんですか⁉︎
それは全然知りませんでした…
今のところウチには4P10積んだ管理車両は数台しかないんですが、今後が少々恐いですね…(^_^;)
ミッション残してエンジンが降ろせる事も知りませんでした…笑
返信する

コメントを投稿