メカニック日記

メカニックです。仕事ネタから感じた事思った事など気まぐれに更新していきます…

最近の作業…39

2021-05-27 09:29:00 | 整備
まずは2PG系のプロフィアA09CのEGRクーラーの交換作業…
2PG系A09のEGRクーラー初めて作業しましたが少々面倒くさい造りになっちゃいましたね…


インテークパイプやサーモケース外さないとEGRクーラー外れてきません…


クーラー内部でパンクして冷却水が減る事例で内部にはクーラント漏れた跡がクッキリあります…




新品のEGRクーラーを組み付けて冷却水も交換して完了。







お次はこちらも2PG系レンジャーのターボ&エンジンハーネス交換作業。
現行モデルになってからというもの、この手のチェックランプが点くと音声やアラームがうるさいのなんの…



これがツインターボだったらスケジュール的に厳しかったけど、シングルターボで一安心…笑

指の関節がもう一個あればと思う箇所もありましたがそれ以外はさほど苦労する事もありませんでした。










今回はエンジンハーネスも交換。
ターボかハーネスのどちらかが原因でコントローラを壊しちゃう事例のようです…


ターボ、ハーネス、コントローラを交換して故障コード消去&テストして完了。










洗浄でお預かりしたプロフィアのDPF…
案の定スタッドボルトは折れ込みフランジは腐食して使い物にならないので修理するんですが…


工具当てて少し緩めようとする段階で嫌な予感はプンプンしてましたが、案の定センサーがポッキリと折れました…
酸素で炙っても折れる時は折れます…


場所にもよりますがDPFの温度センサーが折れ込んだ場合、熱害の影響でエキストラクターでは抜けないレベルの固着がほとんどです…
そんな場合はドリルでギリギリまで削り…




残ったネジ山部分だけをクルクル抜き取ります。


あとはタップをたてて完了。


洗浄では大量のアッシュが…

洗浄&再生させて完了。



他にもチェックランプ点灯してエンジンが吹けないというレンジャー。
故障コードはサプライポンプの電磁弁…


SCVかな?と思ったけど、データ見ると電流目標値が0なので…
SCV単体の抵抗値測定すると約8Ωで正常。


ここから先は見事に写真撮り忘れたけど…結果、エンジンハーネスが途中で擦れて断線してました…
切り繋いでチェックランプも消え修理完了。
根本原因はハーネスクランプのツメが折れ、エンジンの振動でハーネスが擦れる事例。
よくハーネスのクランプ付け忘れてたり、ツメが馬鹿になってる車両見かけますが地味だけど重要な部分ですね…




車検&エアコン不調のコンドル。
エアコンが効いたり効かなかったりという事で預かった時には症状は確認出来ず…
とりあえずコンデンサーモーター古そうなのでモーター交換して一旦納車…


結果、症状がまだ出るという事で再度お預かり…
今回は電源来てるのにコンプレッサー回ってない事を確認出来たのでコンプレッサーとレシーバーも交換。
二度手間になりご迷惑をおかけしました…


リビルトコンプレッサー。


届いたリビルトコンプレッサー、コネクターのロック忘れてます…
確認不足ですね。


キチンとロックするとこうなります。


配管内のリフレッシュとガスチャージして完了。

どうでもいいけど、ウチのA/CマシーンもDST仕様になって頂きました。笑




車検のデュトロ。
1年間ほとんど使用していないという事でキャリパーのスライドピンが固着。
キャリパー共にオーバーホール…


あまり使わないからとメンテがいらないと勘違いしてる方も多いですが、使わない車には使わない車なりのメンテナンスが必要です…




他にもスタビリンカー持ち込みでブッシュ交換依頼のギガ。
半割れのタイプなので圧縮した状態からの圧入なのでSSTが必要です…
今回のも含め今まではφ65のブッシュだったんですが、ある年式からφ70っていうブッシュサイズになってます…
そのたった5mmの差のせいで同タイプのSSTがもう一個必要になります。
こういう仕様変更は嫌がらせですかね…笑


ガイド入れて…


プレスで圧入。




完成。


あとは引き取り待ちです…



最後は6Wでは定番のオイル漏れ修理…


タイミングギヤケース付近の漏れです。


コレね、間違いなくフランジシール剤が悪いと思いますよ…


パッキンも滲み始めているのでついでに交換します…








ケース側は幸いにも漏れていないのでノータッチ。




シールは問答無用で交換。




それ以降の写真ありませんでしたが、あとは水廻りも少し修理して完了です…




いつのまにか洗浄待ちのDPFがこんなに…
そろそろ溜まってきたDPFを洗って在庫しておかないと急なトラブルに対応出来なくなる…


しかしポスト新長期規制のレンジャーはチェックランプ点いてDPF降ろすと8割破損してますね…


TKG系のレンジャーはチェックランプ点いてからでは手遅れです。
破損する前に予防洗浄をお勧めします…






コメント (6)   この記事についてブログを書く
« クオン…インジェクター交換。... | トップ | 最近の作業…40 »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (元UDさーびすまん)
2021-05-28 00:42:21
各メーカーの車両
排気ガス規制の対策が落ち着き出して安定して来ている矢先にトラブルが、発生
事業で使うディーゼル車
ランニングコストが掛かる上にメンテナンスコストや修理コストが収益を圧迫しているのは事実で「頭が痛い」処です
Unknown (mikiaxis)
2021-06-02 19:10:10
元UDさーびすまんさん

おっしゃる通りで修理コストが利益を圧迫しているのが現状で、運送会社さんとしてはその利益を取り戻すために車両の稼働率を上げ回収しようとするわけですが、そうなると今度はキチンと整備する時間が足りなくなってくる側面もあります…

これにはやはりユーザー側と整備側の意識を変えていかないと難しい問題なんですよね…

今のユーザーさんの多くは"今"乗れるなら使う…というスタンスの方が多いです。
DPFなんかもそうなんですが、再生頻度が多くなってきた段階で洗浄しておくのがベストなんですがほとんどの方はチェックランプ点いて走れなくなるまで乗り続けます…
その結果修理コストが上がるというパターンが非常に多いんです…
Unknown (Unknown)
2021-06-03 00:32:49
御二方仰る通り、難しい問題ですね。
ビジネス、商売であるが故の判断なのでしょうけども。

整備側の意識については、ある程度ユーザーに左右される部分も大きいでしょうから、意識改革が必要なのはむしろユーザー側じゃないかと最近思う次第です。
件のDP再生頻度など、ユーザー側管理者にはわかるはずもなく、現場ドライバーからの報告が無ければ、管理者も個別車両の現状把握など到底不可能であり、結果対応が後手に廻ってしまってるものかと推測します。

主様の事業所が近隣にあればと、何度枕を濡らした事か。。
願わくば全国各地に主様のフランチャイズ店舗を作っていただき、主様はリモートで各店舗の運営補助と指導を行うといった、そういう取り組みを勝手に期待してます。


コメントとして不適切であれば、遠慮なく削除下さいませ。。
m(_ _)m
Unknown (令和の新人)
2021-06-17 23:09:23
お疲れ様です。
ギガでクーラントのサブタンクから吹き返しがあると相談受けています。
コンプレッサーはオーバーホール済み。
残るはEGRクーラー、ヘッドガスケット、ノズルチューブでしょうか?
また、過去のプロフィアの記事でふと思ったのですが、クラッチブースターの仕組みでエアーと油圧の関係を知りたいのですが…
①油圧を使ってエアーでアシストですか?
②逆にエアーを使って油圧をアシストでしょうか?
4トン車とかのブレーキはエアーを使って油圧をアシストしてると思うのですが、クラッチマスターから油圧が有ることを考えると頭が混乱して訳が分からず…
あまり関係ない話で申し訳ないのですが、お手透きの時にでも返答頂ければと思います。宜しくお願い致します。
Unknown (mikiaxis)
2021-06-20 07:52:22
Unknownさん

たしかに…
ユーザーに左右される部分が大きいです…
そういう意味ではユーザー側の意識改革が必要ですが、それと同時に整備業も今後の整備の方向性をアドバイス出来るだけの知識と情報が必要になってきます…

今のトラック業界は修理コストを減らせばそれだけ利益が残るということを理解している担当者さんは少ないように感じます…
そのため殆どの方は運行を優先させて無理な使い方をして、結果、後から高額な修理費用がかかるというケースが多いんです…

フランチャイズというのは考えていませんが…
ある程度の情報共有は必要だと考えています。
全国に優秀な整備工場と整備士はたくさんいるので、正しい情報を共有すればそれぞれの地域で高品質なサービスの提供は可能だと考えてます…
実は全国の優秀な整備士が情報を共有出来るネットワークの構想は考えていて、今後、少しずつ形にしていくつもりです…
Unknown (mikiaxis)
2021-07-16 11:28:06
令和の新人さん

コンプレッサーは問題ない上での吹き返しという事であれば、そのあたりを疑う事になるでしょうね…
クラッチブースターは油圧制御の作動をエアーでアシストする役割があります…
圧着力が強ければ強いほど人間の踏力だけではクラッチが切れないので、エアーでアシストしてあげる訳です。

コメントを投稿