メカニック日記

メカニックです。仕事ネタから感じた事思った事など気まぐれに更新していきます…

クオン…インジェクター交換。その2

2021-05-06 20:51:00 | UD
前回の記事とは別のクオン…
ゴールデンウィーク前に立て続けに重なったエンジン不調の修理…

チェックランプが点灯してエンジンがバラついているという事で入庫。

エラーコードを見てみると現在故障で1番と3番の電流低下or断線のエラー、過去履歴には2番も同内容の履歴が残っています…



前回記事にしたクオンは初期診断こそしていませんが、同じ1、3番だったのでもしかしたらよくある事例なのかもしれませんね…
エラーコードを消去してもすぐに再入力されるような状態。
一度段取りを組むために出庫してもらう時にはチェックランプも消えていたりとランダムに症状が出ていました…

となるとハーネスも疑わしい訳でその辺りも含めて一度ハーネスだけ交換してみるか検討していましたが、インジェクターのエア噛みの症状も出始めている…という事だったので今回はインジェクターとハーネスの交換作業をする事に。


部品を手配して後日再入庫していただき作業を開始…
まずはインジェクター交換を先に済ませておきます…
ここは前回と同様の作業なのでサラっと。




前回も書きましたがロッカーシャフトASSYが重たいので1人でも安全&確実に脱着するために治具を考案中…(製作する時間があるかどうかは謎…)


純正SSTがあるようですがどうせ高いので値段すら聞いてません…


で、リビルトインジェクターを組み付け。





バルブクリアランスとプレリフトの調整時に各シリンダの上死点を出す必要がありますが、GH系のエンジンはクランキング用のサービスホールがクラッチハウジングの真下にあります…
つまり調整時には下に潜ってクランクシャフトを回しては今度は上に登ってカムシャフトの合マークを確認という作業を繰り返す訳ですが…
これが意外と面倒で時間かかるんです…
なので今後の事も考えてクランキングツールを購入しました。


調整も終わり残るはインジェクターハーネスの交換。
古いハーネスを取り外していきます…



問題のインジェクターハーネスは硬化してあちこちで被覆が破れておりました…






いつどこでショートしていてもおかしくない状態ですが…
故障コード自体はショートではなく断線系のコードだったので原因はハーネスなのかどうかはなんとも言えませんね…


で、このインジェクターハーネス…
元々はインジェクターハーネスだけの単品供給設定がなくエンジンハーネスごと交換が必要だったらしいのですが、あまりにトラブルが多いためか現在ではインジェクターハーネスのみの供給があります…

が、元々のエンジンハーネスの設計が一体物で作ってあり当然中継コネクターなど無いため、供給されるハーネスはECUの集中コネクターのピン部から差し換える必要があります…


まあこれは完全に設計当時のミスですね。
ハーネスのシリンダヘッド貫通部をコネクタ接続にしておけばよかっただけの話だし、この方式を採用するんだったらもう少し被覆の材質を考えるべきでしょうね。


各インジェクターとVCB駆動用のソレノイドに入るハーネスをコネクタから抜いて…


コルゲートから引き抜きますが、見事に全部同じ色なんですよね…
これではトラブルシューティング時も困るよなぁ。


で、新品のハーネスを無理のないように通します…




供給されるハーネスも見事に全部同じ色なので事前にどの配線を何番のピンに挿すか印を付けておきました。



各配線を挿してアースも接続したら…


ハーネスキットに含まれるカバー類を取り付けて完了。


ヘッドカバーやら補機類を取り付け。



エラーコードが無いことを確認して…


インジェクターのID書き換え。


エンジンを始動して各データを見ながら暖機。




インジェクターの補正値も良好。


ついでにDPFも強制再生…


温度やデータも特に気になる所も無さそう…


最後にもう一度エラーがないか確認して

最終の試運転も問題ナシ。
これで全ての作業が完了。


試運転時に感じた事…
LKG系も含め現行の2PG系もそうですが運転していて思うのは良い車なんですよね…
乗りやすいし、エンジンとエスコットとの相性も良いし…
故障やトラブルは別として運転手さんからの評判も酷評は聞きませんから…

つまり何が言いたいか…
ボルボトラックが親会社になってからのUDは徹底した情報制限で顧客囲い込みを計りましたが結果はどうでしょう?
あるデータを見れば一目瞭然で、日本国内で言えばそのマーケティングは上手くいっておらず、ブランド力は低下しています。
結局近年はボルボにとってもUDを傘下に収めておくメリットも無くなり、そんな時にちょうど業務提携の話をしていたいすゞに買収を持ちかけた訳です…

一度下がったブランド力を取り戻すのは簡単な事ではありませんが、少なくともベースとなる車両は決して悪い車ではないので、あとは売り方やアフターサービス次第で顧客の満足度や信頼は必ず上がると思うんですけどねぇ…


コメント (15)   この記事についてブログを書く
« クオン…インジェクター交換。... | トップ | 最近の作業…39 »
最新の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (名古屋人)
2021-05-07 06:47:59
 会社のスローガンをUltimate Dependability:究極の信頼性としたのはどこのどの会社でしたっけ?という感じです。
 UDの車自体は決して悪い車ではないし、特にトラクターは積載状態で走行すると低速のトルクやESCOTの変速など絶妙でものすごい運転しやすい車に仕上がっています。ハードの作りが良いのに、ソフトの面でうまくいかないのはもったいないですよね。
 F社は故障が原因の稼働率低下が原因で、リース期間が終わったら車を返却するユーザーが少なからずいます。常識的な故障であれば、修理やメンテナンスをしながら運行させていくのがトラックなのに…修理に必要なデーターを親会社から提出してもらえないのは、外資系ゆえの難しさかもしれません。
 車の振動や音を五感を使って感じ取り、テスターを使ってデーターを調べていく。決して感や勘を使っていないわけではないのですがね。電子制御いえどスキャンツールという工具を使えば、数字というアナログの世界になる訳で。
 例えばエンジンの振動が大きいとき、チェックランプは点灯していないけど、インジェクターの数値のバラツキが大きいのが原因です。ゆくゆくはDPRの目詰まりのリスクが高くなるので交換をお勧めします。といった感じでかなり感に頼った修理をしているのですけどね。
 某モータースの社長は、見立ての難しさを理解していなのでしょうがないですね。見立てが正確であれば、修理の9割は完成しているといっても過言ではないと自分では思っています。
Unknown (元UDさーびすまん)
2021-05-07 11:57:21
一体型ハーネス
レゾナで懲りて、ビックサムで分割カプラー化にしたのに、又一体化にするとは
小生もUD勤務時代にメーカー(埼玉県 上尾市)に行ってライン製造に携わった経験が有りますが、はっきり言って「設備が古い」んですよ
機械仕掛けの時代には通用したかも知れないですけど、電気仕掛けの時代にはそぐわない生産ライン
おまくに、日産全体の部品は「細過ぎる」んですよね
ハーネスに限らず、ボルトやロッド
耐久性の不足を言われる一因なんですよね
燃えなくなっただけマシに
なったんですかね アハハハハ
Unknown (mechanic edge)
2021-05-07 12:58:23
お疲れ様です。
いつも拝見させていただいております。
Instagramでもコメント致しましたが、ハーネス引き換え本当に厄介なんですよね‥
私はハーネスアッセンブリー時代も経験しました。
ちなみに某ディーラーさんはビニールテープで配線を巻くだけの修理をして納車してきた事があります。
勿論、不具合は治ってないので自社工場で再修理しましたけどね‥

いつも貴重な情報ありがとうございます。
Unknown (mechanic edge)
2021-05-07 12:58:25
お疲れ様です。
いつも拝見させていただいております。
Instagramでもコメント致しましたが、ハーネス引き換え本当に厄介なんですよね‥
私はハーネスアッセンブリー時代も経験しました。
ちなみに某ディーラーさんはビニールテープで配線を巻くだけの修理をして納車してきた事があります。
勿論、不具合は治ってないので自社工場で再修理しましたけどね‥

いつも貴重な情報ありがとうございます。
Unknown (元UDメカニック改め現UDメカニック)
2021-05-08 02:19:10
お疲れ様です。
インジェクター交換時はスリーブも同時に交換した方がいいと思います。それも色々ありまして笑
書ききれないほど故障や問題が盛り沢山です。私はまだまだ未熟ものですが、1度お会いして色々と教わりたいです。
Unknown (元UDメカニック改め現UDメカニック)
2021-05-08 02:26:10
私はInstagramはしてないんですが、Mikiaxis社長に興味があるんですが、InstagramならもっとMikiaxis社長の事を知れるのでしょうか?
Unknown (mikiaxis)
2021-05-11 10:56:36
元UDさーびすまんさん

色々調べているとGHは設計はボルボで製造や組み立ては日本となっていますが、どこまで国内で製作してるんだろう…と不思議に思います。
設計の段階である程度材質も指定はされると思いますが、流石にあそこまで脆いというか合ってない素材は他の国産車ではありませんからね…
各パーツを輸入して国内で組み上げているのかな?とか色々考えましたが…
でも、今まで見れなかった車両のデータがかなり深いところまで見えた事で感じたのは決して悪い車じゃないという事なんですけどね…
ただ今回のインジェクターハーネスに関しても補修部品は出すけど設計を変更してまで対策はしないというメーカーの姿勢も見て取れますね…
Unknown (kochi)
2021-05-11 17:38:17
お疲れ様です。いつもブログを拝見させていただいております。自分も最近エルフ4HL1(古いです。)(汗)のインジェクターの交換を実施しました。インジェクターを詰まらないようにするには、どんなメンテナンスをすればいいですか?定期的なオイル交換なのでしょうか?あとは乗り方や使用の内容ですかね?インジェクタークリーナーを燃タンから入れるのは効果あるのでしょうか?
またインジェクターのハーネスを製作されたのはすごいですね!うちの会社はUDがあまり入庫しませんが、GH7搭載のトラックは入庫します。先日はドージングモジュール(尿素関係)を交換しました。かなり金額が高いです。おどろきました。
いつも情報ありがとうございます。
Unknown (元UDメカニック改め現UDメカニック)
2021-05-11 21:23:52
UDの悪口はそこまでよっ!!UDトラックスのHPはもう0よっ!!笑
Unknown (imamura)
2021-05-13 01:30:49
>>元UDメカニック改め現UDメカニックさま

当社は運送会社なのですが、ウチのGHクオンは始動不良でスリーブとハーネス全交換しました。。
ですので仰る意味は良く分かりますw

mikiaxis様の理念の通り、ここが情報交換の場になれば皆様の利益、ひいては業界の健全な発展につながるのではと私も期待するところですよ。

ネタが尽きるくらい吐き出そうじゃないですか!
クオンは良い車ですよ!



>>mikiaxisさま
身体が資本ですので決して無理をなさらずに(^o^)ノシ

コメントを投稿