晴耕雨読

耕すのは土だけではない。
心のなかこそ酸素を補給し、ゆたかな栄養で満たさなければならない。

デカメロン

2020年02月24日 | 日記
新型コロナウィルスの流行は、いつ終息するのか。今のところ予測はつけられていない。中国では医療のトップが5月ごろにピークに達し、その状態を継続してその後に鎮静する可能性に言及した。非常に強い感染力は、近代の医学でも、その感染拡大を止めることができない。そのウィルスに対する特効薬がまだないために、人々の不安を連鎖的に拡大していっているように見える。

14世紀にヨーロッパを席捲したペストの猛威と人々の恐怖は、今日のウィルスとは比べることはできない。ボッカチオは『デカメロン』でその症状を細かく書いている。
「罹病の初期には男も女も同じように鼠径部や腋下に腫物ができる。人によるがリンゴぐらいの大きさになる。この恐るべき腫物は、その部分から始まって、全身到るところ広がり、やがて黒色と灰色の斑点がたくさんあらわれる。この斑点ができるとその人にとっては死の兆候であった。」

罹病者は一日に1000人以上、致死率はほぼ100%。看病してくれる人もなく、何の手当てもない。人間というよりは、獣のように倒れ死んでいった。『デカメロン』は、このような死の恐怖を忘れようようと、安全な場所に集まって、男女10名が一日一話、十日間計百話を話す仕組みになっている。艶笑譚として有名であるが、その背後にペストという疫病への計り知れない恐怖があったことを忘れてはならない。このペストは14世紀のことだが、人類の歴史は、有史以来、死へ直行する数知れない疫病との闘いであったといっても過言ではない。今、コロナウィルスの流行を見ていると、人類は未だに、恐ろしい疫病の恐怖から逃れられていないことが知れる。


コメント   この記事についてブログを書く
« 瀧山  | トップ | 七日町 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事