よしおかみきのネタバレ映画・ドラマ日記

~元MC吉岡三貴が見た映画やドラマを私情バンバンはさんでご紹介♪

ベター・コール・ソウル シーズン3

2017-08-09 22:41:13 | 洋画ヒューマン
勝手にエミー賞特集第2弾は
作品賞、主演・助演男優賞、監督賞(ヴィンス・ギリガン#2"目撃者")、
脚本賞(ゴードン・スミス#5"まやかし")の主要では5ノミネート

個人的には助演のジョナサン・バンクスはあるかも~と思っている



     ベター・コール・ソウル 3RD SEASON

本国でも今年OAされた全10話鑑賞し、最新シーズンまで完走したので
BrBaを見直したくなったのですが
それはやっぱり彼のおかげかなー。

正直、当時はそんなに彼の演技に注目していた訳でもなく
スピンオフに出ると聞いても何にも思わなかった。
でも彼、渋すぎるでしょ

高齢者法を専門とする弁護士ジミーことジェームズ・マッギルボブ・オデンカーク)は
恋人でもあるキム・ウェクスラー(レイ・シーホーン)と共同で事務所を借り、
新たなスタートを切ります。

その矢先、頭がおかしくなったから事務所を辞めると言い出した
電磁波アレルギーの兄チャック(マイケル・マッキーン)を救う為
書類を偽造したと認めてしまったのですが…
なんとチャックの全てが演技で、
その自白を録音までしていたのです

さらにジミーを懲らしめるため着々と準備を進め…

一方、ヘクター・サラマンカ(マーク・マーゴリス)の暗殺を邪魔された
マイク・エルマントラウト (ジョナサン・バンクス)は
「やめろ」と書かれたメモを誰が置いたのかつきとめます。



それがBrBaにも登場したフライドチキン専門のロスポヨスを経営する
グスタボ・"ガス"・フリング(ジャンカルロ・エスポジート)で…

アメドラ史に名を馳せた傑作BrBaからのスピンオフ第3弾では
ついに"何故、「ソウル・グッドマン」と名乗るようになったのか"
またマイクとガスの出会いも明らかになります



スピンオフを創ると、
また別の人で創ればよかったんじゃないかと思わせるキャラが出てくるのって
役者の層が厚いって事ですよね~。

マイクもチャックもガスも魅せてくれたけど
ナチョことイグナチョ・バルガ(マイケル・マンド)も存在感を出していました

トゥコ・サラマンカ(レイモンド・クルス)の手下である彼は
トゥコ…もちろんヘクターにも隠れて小遣い稼ぎをしていたんですね。
そこで取引相手のボディーガードだったマイクと出会うのですが
堅気である父が巻き込まれそうになって
ヘクターを殺そうとするのです
心臓病を患っている彼の薬をすり替えて。

最終話"灯り"で、思惑通り救急車で運ばれたんだけど
BrBaにも出ていたって事は死ななかったんでしょうが…
それは置いといても
薬をすり替えるシーンはこっちまで手に汗握る緊張感でしたよ
今後ギャングの中でのナチョの立ち位置も気になるところ

マイクも自分の信念というか
こだわりを貫いているうちにどんどん悪の道に引き込まれていく感じが
BrBaと共通していて好きです

亡くした息子の娘が脅されたのでヘクターを殺そうと思った。
でも邪魔されたのですが、邪魔していたのはガスだったのです。

ガスはのちにアメリカ南西部を牛耳るマフィアのボスですが
今はまだ上納している立場。
ヘクターとは同じボスドン・エラディオに仕え、
「今はまだ死んでほしくない。」とマイクを止めたのです。

その後、マイクは今まで悪い事して貯めたお金を
義理の娘と孫娘に残す為
資金洗浄をガスに頼む事にしました。

これをきっかけに2人は近づいていくのでしょうが
どうやってガス自身がボスへとのし上がるのかも楽しみです

そして、主役のジミーは辛いなぁ。
チャックとの闘いは泥沼化。

弁護士資格はく奪をもくろむチャックはジミーを逮捕させます。
そして脚本賞にもノミネートされている#5"まやかし"では
州法曹協会との聴聞会が。

まんまとジミーの罠にはまったチャックは取り乱し
「弁護士になる前に潰しておくべきだった」と本音を言ってしまうのです。

そのせいでチャックはHHMを追い出され、
気がおかしくなり家を火事にしてしまい…

あ~。大丈夫だろうか…

ジミーは一応の勝ちだったけど1年間の弁護士資格停止。
そのせいで金策に走る中
キムも何とかしようとキャパ以上の仕事を受け事故を起こしてしまいました

もちろんキムの事はジミーのせいではないんだけど
結果的に周りの人を不幸に巻き込んでいく…

やっぱりチャックの言う通りなのでしょうか
だんだん、ジミーが嫌いになってきた

ただね、不思議と見ているこっちは辛くないんです。
いやいやTL上では「辛い」って意見が流れていたから私だけなのかもしれませんが
個人的にはそんなに救いようのないドラマだとは思いませんでした。

そこには誰かへの想いがあるからなのかもしれません。
ジミーのキムへ、キムのジミーへ、
マイクの義理の娘と孫娘へ、そしてナチョの父への想い。

誰を想っていても物事が良くならず空回りするのってよくある事。
だから私はそんなに辛いとは思いませんでした。

喉から手が出るほど欲しかった和解金だってアイリーンの為に諦めましたし。
何て言ってもIt's all good,man.(すべてよし)
そうSaul goodman(ソウル・グッドマン)という名前はここからきているのです。
きっと最終的にはそんなに悪い話じゃないと信じながら、来シーズンも期待する事にします

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへにほんブログ村 励みになりますのでクリックよろしくお願いします
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハウス・オブ・カード~野望... | トップ | ストレンジャー・シングス 未... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

洋画ヒューマン」カテゴリの最新記事