みけの物語カフェ ブログ版

いろんなお話を綴っています。短いお話なのですぐに読めちゃいます。お暇なときにでも、お立ち寄りください。

「しずく62〜初音」

2016-12-31 19:16:28 | ブログ連載~しずく
 その日の下校(げこう)時間、校門(こうもん)の前に神崎(かんざき)つくねの姿(すがた)があった。彼女は誰かを待っているように、通り過ぎて行く生徒(せいと)たちを見つめていた。そして、一人の生徒に声をかけた。
「ねえ、ちょっといいかしら? あなたとお話がしたいんだけど…」
 つくねが声をかけたのは川相初音(かわいはつね)だった。水木涼(みずきりょう)と同じく、しずくと仲(なか)の良かった友達の一人だ。操(あやつ)られた涼にしずくが襲(おそ)われる直前、初音が言った〈しずくと仲良しじゃなかったの?〉という言葉が気にかかっていたのだ。初音が二人の仲を知っているはずがない。
 初音は何の違和感(いわかん)もなく答えた。「あら、何かしら? でも、あたし、これから塾(じゅく)があるのよ。歩きながらでもいいかしら? 一緒(いっしょ)に帰りましょ」
 二人は歩き出した。歩きながら、初音はつくねの顔を覗(のぞ)き込むように言った。
「話って何かしら? 学校では言えないことなの? もしかして、好きな人のこと?」
 つくねはちょっとまごつきながら答えた。「ち、違うわよ。そういう話じゃなくて…。ほら、あたし転校(てんこう)してきたじゃない。で、もしよかったら友達になってくれないかと…」
「あら、何を言ってるの? あたしたち友達でしょ。あたしはそう思ってるわよ」
「そう…、ありがとう。でもね、あたし、人とおしゃべりするのって得意(とくい)じゃなくて…」
 確かにつくねにはそういうところがある。――つくねは話ながら、気づかれないように初音の背中(せなか)に手を伸(の)ばした。その手には、例(れい)の緑の石が握(にぎ)られていた。
<つぶやき>人を見分けるのは難しいね。どんな人なのか見た目だけでは分かりません。
Copyright(C)2008-2016 Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「スーパーウーマン」 | トップ | 「あやつる」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ連載~しずく」カテゴリの最新記事