みけの物語カフェ ブログ版

いろんなお話を綴っています。短いお話なのですぐに読めちゃいます。お暇なときにでも、お立ち寄りください。

0040「昔みたいに」

2017-06-08 19:31:40 | ブログ短編
 一人娘(ひとりむすめ)を送り出した夫婦(ふうふ)が、テーブルをはさみお茶(ちゃ)をすすっていた。
「綾佳(あやか)、きれいだったなぁ。今日は天気(てんき)もよかったし、いい一日だった」
「そうですね。あの娘(こ)がこんなに早く結婚(けっこん)するなんて、思ってもみませんでしたよ」
「そうだな。でも、遅(おそ)いよりはいいさ。この家も淋(さび)しくなるなぁ」
「なに言ってるんですか。近いんですから、ちょくちょく帰って来ますよ」
「そうかなぁ」夫(おっと)は嬉(うれ)しそうにしたが、
「でも、そうたびたび帰って来るのは、まずいだろ」
「ふふ…」妻(つま)は思い出し笑いをして、「覚(おぼ)えてます? なんて私にプロポーズしたのか」
「えっ、何だよ急に」夫は目をそらし、お茶をすすった。
「ほら、披露宴(ひろうえん)のときにそんな話が出たじゃないですか。それで、思い出したんですよ」
「そんな話はいいじゃないか。それより、どうしてるかな綾佳は…」
「あなた、私にこう言ったんですよ。俺はお前と――」
「もういいよ、そんな昔の話しは。俺(おれ)はもう忘れたよ」
「ああ、ずるい。都合(つごう)の悪いことはすぐ忘れるんだから」
「でもな、一つだけ覚えてるぞ。新婚旅行のとき、お前と始めて泊(と)まった旅館(りょかん)で…」
「まだ覚えてたんですか? いやだわ。そうだ、また二人で旅行に行きましょうよ。ねっ」
<つぶやき>たまには夫婦で昔の話しをしてみませんか? ちょっと気恥(きは)ずかしいかも。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「無意味じゃねえ?」 | トップ | 「作戦会議」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ短編」カテゴリの最新記事