熟年新米弁理士のひとり言

平成18年に59歳で弁理士試験に合格した企業内弁理士です。弁理士試験、企業での知的財産業務について、気軽にお話します。

夢が膨らむ

2019-07-09 16:21:56 | 報道
日本人の祖先による3万年以上前の航海を再現するため、国立科学博物館などのプロジェクトが作った5人乗りの丸木舟は9日午前11時半すぎ、台湾東部から沖縄・与那国島に到着しました。

かいを漕いで流れの速い黒潮を越え、直線で約200キロの航海に成功したそうです。

7日午後2時半すぎ(日本時間)に台湾を出発し、時計や地図、コンパスを持たず、地形や星、月、太陽を手掛かりに進みました。

しばらく風が強かったのですが、8日から海がないできて、太陽が真上にある8日正午ごろには方角をつかめず、一時蛇行したそうです。

深夜から9日未明は曇って星が見えなかったり、休んだりしてペースダウンしたのですが、北東へほぼ一直線に進んで、見事与那国島に到着しました。

約3万年前には台湾は大陸と地続きでした。

沖縄の島々への航海は、祖先が日本列島に渡った主要なルートの一つとみられるのですが、遺跡から当時の舟が見つかっていません。

プロジェクトでは丈夫な草を束ねた舟や竹のいかだを作り、かいでこぐ実験航海を行いましたが、速度が遅くうまくいきませんでした。

今回の挑戦は、石斧を使い、杉の大木から丸木舟を作るのは難しかったが、スピードが出て、黒潮を越えられることが分かりました。 

日本人の祖先を解明する一つの可能性が証明されたことは大きな成果ですね。

夢のある話です。

私の好きな沖縄が日本人の祖先のスタート地点であることは嬉しい限りです。

この研究の進展が図られることを期待しています。




ブログランキングに参加しています。よろしければ、以下のURLから投票して下さい。


特許・知的財産 ブログランキングへ

 
弁理士 ブログランキングへ


コメント   この記事についてブログを書く
« やはりトランプは無能か? | トップ | 竹村健一さん逝く »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

報道」カテゴリの最新記事