熟年新米弁理士のひとり言

平成18年に59歳で弁理士試験に合格した企業内弁理士です。弁理士試験、企業での知的財産業務について、気軽にお話します。

夏の風物詩

2014-07-30 19:59:34 | Weblog
夏の風物詩、スイカと風鈴の出荷が大幅に減少しているようです。

何でも最盛期の1/3以下の出荷量で、このままでは無くなってしまうということです。

スイカの出荷量が減少しているのは、生産者の高齢化により重いスイカの搬送が堪えることと、消費者にとって大きなスイカを食べるのが大変なので、カットスイカを選ぶ傾向にあるということが原因だそうです。
なるほど納得ですね。

驚いたのは、風鈴の出荷量が減少している理由。
風鈴の音が生活騒音トラブルの原因になっているとのことです。

風鈴の音が騒音とは、日本人の感覚が大きく変化しているのでしょうか。

このような感覚の変化だと、鈴虫の声も騒音と感じるようになりそうですね。

風流という言葉は死語になるのか、寂しい限りです。








ブログランキングに参加しています。よろしければ、以下のURLから投票して下さい。


特許・知的財産 ブログランキングへ

 
弁理士 ブログランキングへ

コメント   この記事についてブログを書く
« 両巨頭の退官 | トップ | 博士 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事