熟年新米弁理士のひとり言

平成18年に59歳で弁理士試験に合格した企業内弁理士です。弁理士試験、企業での知的財産業務について、気軽にお話します。

分断を推し進める最悪の大統領

2017-12-07 20:55:49 | Weblog
トランプ米大統領は6日、ホワイトハウスで演説し、「エルサレムをイスラエルの首都と公式に認める時だと判断した」と述べ、商都テルアビブにある米大使館を移転させることを正式に発表しました。

東エルサレムを将来の独立国家の首都と位置付けるパレスチナや中東諸国は一斉に反発しており、地域情勢の悪化を招く可能性がありますね。

それにしてもこの大統領は、アメリカだけでなく、世界中を分断しようとしている歴史上最悪の大統領ですね。

アメリカでは人種差別的な政策により社会を分断し、パリ条約からの撤退により世界中を敵に回し、北朝鮮との挑発の応酬で東アジアを分断、そして今回のエルサレムをイスラエルの首都と公式に認めることでイスラム世界とキリスト世界との分断を確定的にしました。

このトランプ大統領の悪行に関して、アラブ社会だけでなく、ドイツ、フランス、英国等のヨーロッパの多くの国のリーダーが支持しないと声明を発表しました。

国連も支持しないことを明確にしました。

日本はというと、これが例によって曖昧な発言。

官房長官は支持、不支持は現在のところコメントしないとのこと。

まさか支持することはないと思うのですが、トランプ大統領にべったりの安倍首相のことだから「100%米国と一緒にある」なんて言うのかと不安になりますね。








ブログランキングに参加しています。よろしければ、以下のURLから投票して下さい。

特許・知的財産 ブログランキングへ

 
弁理士 ブログランキングへ

コメント   この記事についてブログを書く
« 弁理士研修 | トップ | 実践ビジネス英語11月放送分 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事