熟年新米弁理士のひとり言

平成18年に59歳で弁理士試験に合格した企業内弁理士です。弁理士試験、企業での知的財産業務について、気軽にお話します。

独裁の弊害

2018-07-31 18:00:29 | Weblog
女子レスリング、日大アメフトに続いて、今度はアマチュアボクシングの独裁による弊害が明らかになりました。

日本ボクシング連盟に対し、都道府県連盟の幹部と元五輪代表ら関係者333人の有志による「日本ボクシングを再興する会」がスポーツ庁や日本オリンピック委員会(JOC)、日本スポーツ協会などに郵送した告発状に、公式戦での不正判定を強要されたという複数の審判員の証言書が含まれていることが30日、わかりました。

日本連盟の山根明会長の強制力が働いていたことが証言されています。

助成金の不正流用疑惑に続き、選手の勝敗にも同会長が影響力を持っていた可能性が浮上してきました。

これらのスポーツ団体の不祥事に共通しているのが、①トップの長期政権、②トップが人事権、予算執行等の権力を独占、③周囲にいる人がイエスマン、茶坊主等のトラの威を借るキツネのように、絶対服従、忖度しまくりの3つです。

あれ、これって安倍政権も同じでは。

そうです独裁政権の弊害が大きく出ていますね。

上記の3つのスポーツ団体の弊害は、それらのスポーツ関係者に対して弊害の悪影響が出ていますが、安倍政権の独裁による弊害は全国民に悪影響が出ているので、弊害の大きさが桁違いです。

安倍政権による独裁の悪影響は、自衛隊の海外派遣(集団的自衛権を認めた安保法制の弊害)、共謀罪の適用による冤罪の増加、特定秘密保護法による不都合な真実の隠ぺい等々、早々に安倍政権を退場させないといけませんね。

のんきな国民がどこまで弊害に気が付かないのか、後戻りできない状態になりつつあるのに。







ブログランキングに参加しています。よろしければ、以下のURLから投票して下さい。


特許・知的財産 ブログランキングへ

 
弁理士 ブログランキングへ
ジャンル:
スポーツニュース
コメント   この記事についてブログを書く
« 実践ビジネス英語7月放送分 | トップ | 兼任で大丈夫? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事