熟年新米弁理士のひとり言

平成18年に59歳で弁理士試験に合格した企業内弁理士です。弁理士試験、企業での知的財産業務について、気軽にお話します。

弁理士研修

2019-09-06 22:16:30 | 研修
弁理士研修を受講してきました。

「ステーキの提供システム」事件を通して特許実務を考える ~ 4人の知財専門家の各視点から ~ という長いタイトルの研修です。

株式会社ペッパーフードサービスが特許出願した「ステーキの提供方法及び可動式パーテーション」が紆余曲折の末、特許審決が出されました。

この特許審決が出されるまでに、争点となっていたのは、発明該当性です。

ビジネスモデル特許で争点となる項目ですね。

特許実務を遂行するうえで、参考になる点が数多くあります。

今回は、発明該当性でしたが、進歩性の有無についても争点となりますね。

大変参考になる研修でした。





ブログランキングに参加しています。よろしければ、以下のURLから投票して下さい。


特許・知的財産 ブログランキングへ

 
弁理士 ブログランキングへ

コメント   この記事についてブログを書く
« 弁理士会の地下資料室 | トップ | 実践ビジネス英語8月放送分 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

研修」カテゴリの最新記事