熟年新米弁理士のひとり言

平成18年に59歳で弁理士試験に合格した企業内弁理士です。弁理士試験、企業での知的財産業務について、気軽にお話します。

米国大統領選挙速報

2016-11-09 13:41:55 | Weblog
米大統領選は8日、投開票されました。

米国初の女性大統領を目指す民主党候補のヒラリー・クリントン前国務長官(69)と共和党候補の実業家ドナルド・トランプ氏(70)が接戦を繰り広げています。

米主要メディアによると、東部時間8日午後10時(日本時間9日正午)段階で、クリントン氏が東部などの9州と首都ワシントンで勝利確実となり、トランプ氏は南部など16州を固めた。勝敗の鍵を握る激戦州の東部ペンシルベニアや南部フロリダなどでは競り合い、横並びです。

開票が進む米大統領選で、米紙ニューヨーク・タイムズは日本時間9日午後0時20分時点で、共和党のトランプ氏が勝利する確率を「80%」と報じています。

共和党の地盤の州を確実に制しているうえ、激戦州でも票を伸ばしているためとみられる。トランプ氏の当選確率は次第に上昇している状況です。

間もなく午後2時になりますが、現段階での選挙人獲得人数は、トランプ244人、クリントン197人とニューヨークタイムスの予想が的中しそうですね。

この状況下で、円高、株安が進んでいて、現在、1ドル101円台、日経平均16700円台と700円安となっています。

やはり投資家は不安なのですね。

トランプ大統領に備えて準備しておかなければ。

円高、株安はドンドン進行していくでしょうから、株を売却しておかないと。

トランプ大統領になって良いことは、沖縄米軍基地がなくなることでしょうかね。

これは期待されますね。







ブログランキングに参加しています。よろしければ、以下のURLから投票して下さい。


特許・知的財産 ブログランキングへ

 
弁理士 ブログランキングへ
ジャンル:
海外
コメント   この記事についてブログを書く
« 米国大統領選挙 | トップ | トランプ大統領 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事