熟年新米弁理士のひとり言

平成18年に59歳で弁理士試験に合格した企業内弁理士です。弁理士試験、企業での知的財産業務について、気軽にお話します。

インフルエンザ予防接種

2009-10-29 17:05:34 | Weblog
インフルエンザの予防接種をしてきました。

予防接種といっても新型ではなく、季節性のインフルエンザ予防接種です。
新型インフルエンザの予防接種は、リスクが最も低い層に属する私の場合、来年の春以降になるとか。
新型に感染しないように自己防衛するしかないですね。

という訳で、季節性のインフルエンザの予防接種の予約をするために、自宅近くの病院へ電話をしたところ、65歳以上でないと予約受付できないとのことでした。
「新型ではなく、季節性ですが?」と尋ねたところ、「そうですよ」との返事。

しかたなく、他のクリニックへ電話して予約を取りました。
病院により対応が大きく異なるのですね。

この時期、新型インフルエンザ流行の兆しが出てきているので、風邪の患者がくる内科等のクリニックは避けて、脳神経外科クリニックにしました。

予想通り、風邪気味の患者は少なく、待ち時間もそれほどなく、予防接種を受けることができました。

予防接種をうけるときに、先生に「抗体ができるまでどの程度の期間かかるのですか?」と尋ねると、「1週間位かな」との返事。
看護師さんは、「4週間あれば確実です」。
結局、個人差があるので、1週間から4週間というところらしいです。

「抗体ができたことが分かるといいですね」というと、「そうね、目が青くなるとか、額に「抗体」と浮き出るとかするといいですね」と先生が話されて、思わず大笑い。

額に「抗体」よりは、目が青くなるほうがいいか。

予防接種をしたので、少し安心して海外旅行にいけそうです。

インフルエンザに感染しないで、快適な旅行ができるように願いたいですね。



ブログランキングに参加しています。よろしければ、以下のURLから投票して下さい。
日記@BlogRanking

コメント   この記事についてブログを書く
« 民事訴訟法 | トップ | 弁理士研修 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事