熟年新米弁理士のひとり言

平成18年に59歳で弁理士試験に合格した企業内弁理士です。弁理士試験、企業での知的財産業務について、気軽にお話します。

特許権侵害

2013-09-26 18:16:31 | Weblog
米アップルの携帯音楽プレーヤーiPodの円形スイッチが東京都の発明家斎藤憲彦さん(56)の持つ特許権を侵害しているかどうかが争われた訴訟で、東京地裁は26日、アップルの特許権侵害を認め、約3億3000万円の支払いを命じる判決を言い渡しました。

問題となったのはiPodで曲の選択や早送りなどの操作に使う「クリックホイール」と呼ばれる装置です。

円形のタッチセンサーと複数のボタンを組み合わせた構造で、片手でもスムーズに操作できることが特徴です。

国内では04年7月発売の第4世代iPodで初めて採用され、現在販売中の「iPod classic」でも使われています。

新聞記事では、クリックホイールに使われている技術は、斎藤さんが1998年に都内の会社名義で出願した特許ということになっていますが、斉藤さんが訴訟を提起したということは、特許権の譲渡を受けたのでしょうか。
この辺の事情は良くわかりませんが、日本の技術者も大したものですね。

原告側の代理人弁護士によると、斎藤さんは大手IT企業を早期退職した技術者で、これまでノートパソコンの操作に関する技術の発明などを手がけているそうです。

控訴されることになるのでしょうが、知財高裁の判断が注目されますね。









ブログランキングに参加しています。よろしければ、以下のURLから投票して下さい。


特許・知的財産 ブログランキングへ



コメント   この記事についてブログを書く
« 横浜国大 | トップ | 秋の散歩道 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事