熟年新米弁理士のひとり言

平成18年に59歳で弁理士試験に合格した企業内弁理士です。弁理士試験、企業での知的財産業務について、気軽にお話します。

最後の講義

2020-01-11 19:07:16 | テレビ番組
NHKBSで放送されている「最後の講義」を楽しみに見ています。

この「最後の講義」は、「人生最後だったら、何を語り残すのか?」。アメリカの有名大学で行われる「最後の講義」が日本に登場したものです。

各界の第一人者が講義を行いますが、その講義をの内容を分かりやすく映像で説明しているのが特徴ですね。

講義を聞いているだけでは分かりにくいことも、映像を使った分かりやすい説明がされるので理解が進みます。

世界的な物理学者、村山斉さんの講義は良かったですね。

日米の大学を拠点に最先端の宇宙研究をリードしている村山さんも若い頃は挫折だらけだったそうです。

アメリカへ飛び出した研究生活の原動力は子供時代の「科学は楽しい」だったそうです。

宇宙はどう始まったのか?

私たちはなぜ誕生したのか?

次々生まれる疑問「真理を知りたい」に応えてくれましたね。


「生物と無生物のあいだ」などベストセラー著書で知られる生物学者・福岡伸一さんの講義も良かったですね。

「生命とは?生物とは何か?」を問い続けて数十年の福岡さんは、「1年前の自分と今は別人。実は完全に入れ替わっている…」固定概念を揺さぶる目からウロコの刺激的なメッセージを連発します。

まさに「目から鱗が落ちる」でしたね。

いや~「宇宙」「生命」は神秘的で興味が尽きません。

この番組は不定期の放送なので見逃さないようにしないといけませんね。

次回が楽しみです。




ブログランキングに参加しています。よろしければ、以下のURLから投票して下さい。


特許・知的財産 ブログランキングへ

 
弁理士 ブログランキングへ

コメント   この記事についてブログを書く
« AIによる創作の保護 | トップ | 民主主義の勝利 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

テレビ番組」カテゴリの最新記事