熟年新米弁理士のひとり言

平成18年に59歳で弁理士試験に合格した企業内弁理士です。弁理士試験、企業での知的財産業務について、気軽にお話します。

大統領かビジネスマンか?

2017-02-10 18:56:59 | Weblog
トランプ大統領の滅茶苦茶な言動が批判の的になっていますが、これがビジネスマンの言動と考えれば、品の悪い奴だな~と思うぐらいでしょうね。

どうやらトランプ氏は、品のないビジネスマンの習慣が抜けていないようで、困りものですね。

トランプ米大統領は先月二十日の就任以降、八日までに各国首脳ら約二十人と電話協議を重ね、英国のメイ首相とは直接会談しました。

大半はこれまでの同盟・友好関係を確認する程度で終わっているが、肝いりの移民・難民問題や通商政策で、自分に不都合が生じると、途端にけんか腰になり、協議決裂も辞さない構えを見せています。

「これまでで最悪の取引だ」。トランプ氏が最も激高したのは一月二十八日、同盟国オーストラリアのターンブル首相との電話協議でした。

米メディアによると、首相が難民の一部を米国へ移住させるオバマ前政権との合意を確認しようとしたところ、トランプ氏が怒りだし、一時間の協議予定が二十五分で打ち切られたそうです。

トランプ氏はその後もツイッターに「オバマ前政権は何千人もの不法移民を豪州から引き受けると約束した。なぜだ!」と書き込むなど、不満をあらわにしていたのですが、前任者を批判して責任逃れをするのならば、大統領を辞任すべきですね。

トランプ氏は就任早々、大統領選で公約に掲げたメキシコ国境に壁を建設する大統領令を発令して壁建設の費用をメキシコに一方的に求めた。先月31日には首脳会談が予定されていましたが、「費用を払いたくなければ会談をキャンセルすればいい」とツイッターで挑発し、会談は流れました。

ある人が、「トランプ氏は批判されると倍返しに仕返しをする。批判しないと無理な要求を押し付けるという交渉を得意としている」と言っていました。

安倍首相は、トランプ大統領の特定国の国民の入国を禁止した大統領令に対してコメントをしないと、批判を避けています。

これは無理難題を押し付けられるパターンですね。

ゴルフ場でどのような要求がされるのか、注視していきましょう。








ブログランキングに参加しています。よろしければ、以下のURLから投票して下さい。


特許・知的財産 ブログランキングへ

 
弁理士 ブログランキングへ

コメント   この記事についてブログを書く
« 出張セミナー講師 | トップ | 新たな入国規制 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事