熟年新米弁理士のひとり言

平成18年に59歳で弁理士試験に合格した企業内弁理士です。弁理士試験、企業での知的財産業務について、気軽にお話します。

IPS細胞の実用化

2018-08-11 22:29:30 | Weblog
iPS細胞の実用化が間近に迫ってきました。

京都大学は30日、ヒトのiPS細胞からつくった神経細胞を、パーキンソン病の患者の脳に移植する臨床試験(治験)を8月1日から始めると発表しました。

対象となる患者は、薬物治療では症状が十分にコントロールできなくなりつつある50~60代の7人で、1人目の移植は京大病院が年内にも実施するとのことです。

iPS細胞からつくった細胞を実際の患者に移植するのは、理化学研究所などのチームによる目の治療、大阪大のチームによる心臓治療に続き国内で3例目で、パーキンソン病では世界初となります。

山中教授によると、iPS細胞の最も多きな成果が期待できるのは創薬の分野だということです。

創薬の分野でのiPS細胞の実用化は始まっているのでしょうか?

iPS細胞が病に苦しんでいる人達の救世主になる日が近づいてきました。

関係者の皆様の頑張りに期待しましょう。








ブログランキングに参加しています。よろしければ、以下のURLから投票して下さい。

特許・知的財産 ブログランキングへ

 
弁理士 ブログランキングへ
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
« 長崎原爆の日 | トップ | 米国に押し切られ決着か »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事