熟年新米弁理士のひとり言

平成18年に59歳で弁理士試験に合格した企業内弁理士です。弁理士試験、企業での知的財産業務について、気軽にお話します。

新型肺炎

2020-01-16 23:13:13 | 健康
中国・武漢市で集団発生している、新型コロナウイルスによる肺炎が日本でも初めて確認されました。

中国では24日から大型連休に入り、人の大移動が始まります。

武漢市は日本企業も多く、行き来も激しくなる。感染は広がりを見せるのか心配ですね。

厚労省は現時点でヒトからヒトへと感染が拡大するリスクは低く、過度な心配は必要ないとしていていますが、本当に大丈夫なのでしょうか。

厚労省や政府関係者によると、新型コロナウイルスの感染がわかったのは、神奈川県在住の30代の中国人男性で、武漢市に滞在していた3日に発熱し、6日に武漢市から帰国、同日、神奈川県内の医療機関を受診したそうです。

当初は軽症だったが熱が下がらず、10日に県内の別の医療機関を受診。X線検査で肺炎の症状がわかり入院したとのことです。

この間に、交通機関や人との接触で感染を広げていなければいいのですが。

それから中国政府の発表は信用できませんね。

SARSの時も隠蔽していたし、今回もそうなのかなと思いましたね。

香港であれだけ多くの感染者が出ているのに、武漢での感染者が少なすぎますね。

死者の数の少ないのではないでしょうか。

実はかなりの数の感染者で死者も多かったりして。

WHOの積極介入を望みますね。





ブログランキングに参加しています。よろしければ、以下のURLから投票して下さい。


特許・知的財産 ブログランキングへ

 
弁理士 ブログランキングへ


コメント   この記事についてブログを書く
« 首相になってはいけない人 | トップ | やはりなし崩しに拡大するのか »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

健康」カテゴリの最新記事