熟年新米弁理士のひとり言

平成18年に59歳で弁理士試験に合格した企業内弁理士です。弁理士試験、企業での知的財産業務について、気軽にお話します。

人災はいつまで続くのか

2019-09-13 21:38:22 | 災害
台風15号による大規模停電で、東京電力パワーグリッドは13日、千葉県内の停電復旧に要する期間は地域によって3日以内から2週間以内になるとの見通しを明らかにしました。

市民生活に重大な影響を及ぼしている停電は、さらに長期化することになりますね。

同社は「台風の規模が今まで以上に大きかったことを考慮に入れず、過小な想定をしてしまった」としています。

千葉県によると、停電が続く君津市の特別養護老人ホーム(特養)の入所者女性(82)が12日、熱中症の疑いで死亡した。停電に伴う熱中症疑いの死者は3人となりました。

NHKの番組で、千葉県の病院で停電のために亡くなったと思われる患者が5人いるそうです。

この5人は、先程の熱中症で亡くなった人数には含まれていません。

このようなケースは他にもあるので、停電が原因で亡くなった人は相当の数になりますね。

つまり人災で亡くなった人が相当数にのぼり、しかもこれからも増加する虞があるという深刻な状況です。

千葉県知事のコメントはいかにも責任逃れで頼りない。

政府与党は、東京電力の対応を避難しているだけで、これも責任逃れに終始している。

他責の考えでは事態は良くなりません。

自責で考えて行動してほしいのですが、選挙ばかりに目が行く政権では期待するだけ無駄か。

それにしても、何でこの状況で内閣支持率が上がるのか。

有権者も正しい判断ができなくなっているので心配ですね。



ブログランキングに参加しています。よろしければ、以下のURLから投票して下さい。


特許・知的財産 ブログランキングへ

 
弁理士 ブログランキングへ

コメント

これは人災

2019-09-13 09:45:02 | 災害
関東地方を直撃した台風15号による被害が千葉県を中心に発生しています。

この猛暑の中の長引く停電による熱中症で死亡する人が増加していることは、前回のブログで述べましたが、また一人犠牲者がでてしまいました。

台風は天災ですが、停電による熱中症の被害は人災です。

以前のブログでも指摘しましたが、同じ千葉県内でも停電していない地域があるし、東京に行くという手段もある。

千葉県や国が停電が発生していない地域のホテルと交渉して空き部屋を使用してもらえれば、このような悲劇は防げたはずです。

「内閣改造なんてやっている場合か」

内閣改造の報道を垂れ流すばかりのテレビ局や新聞社も同罪です。

国民の生命を守ることができない政府や地方自治体のリーダーは全員表舞台から去るべきです。

全く無責任な行政になってしまった。





ブログランキングに参加しています。よろしければ、以下のURLから投票して下さい。


特許・知的財産 ブログランキングへ

 
弁理士 ブログランキングへ
コメント