読書と映画とガーデニング

読書&映画&ガーデニング&落語&野球などなど、毎日アクティブに楽しく生活したいですね!

吉田篤弘「ブランケット・ブルームの星型乗車券」

2017年12月29日 | や・ら・わ行の作家
  幻冬舎2017年 3月 第1刷発行159頁     ここではない、どこかの街ブランケット・シティの物語生れも育ちもブランケット・シティの青年、ブランケット・ブルーム君の連載コラム題しまして〈ブランケット・ブルームの星型乗車券〉   吉田さんによる絵も何とも優しくて良いのです毎晩、就寝前に少しずつ読んでしばし現実を離れて一日をリセット幸せな気持ちで眠りにつくのに最適な一冊でした 読 . . . 本文を読む
コメント

原田マハ「生きるぼくら」

2017年12月28日 | は行の作家
  徳間文庫2015年 9月 初刷2017年 4月 10刷解説・桂南光415頁   中学時代に父親の事業失敗で両親が離婚転校先の中学でいじめに遭い、進学した高校でも悪質ないじめを受け続け、退学仕事を探すも長続きせず引き籠り生活を続けている麻生人生、24歳母親の収入に頼っていますところがある日突然、置手紙と現金5万円と年賀状の束を残して母がいなくなります年賀状の束のなかに見つけたのは長野・蓼科 . . . 本文を読む
コメント

TV(BS・CS)で観た映画(日本)を5本

2017年12月27日 | 映画(国内)
  「天の茶助」2015年  地上に生きる人間たちは天上の脚本家たちの書くシナリオ通りに生きる、という奇想天外な設定の物語天上のお茶くみ係の茶助(松山ケンイチ)は自分の不用意な言葉が人間界で生きるユリ(大野いと)の人生のシナリオを書き換えてしまったことそ知り、彼女を助けるため人間界に降り沖縄に向かいます上手く書けませんが、ハチャメチャながら1本芯が通っている映画と思いました“諦めず祈り続ければ . . . 本文を読む
コメント (2)

映画・ルージュの手紙

2017年12月26日 | 映画(海外)
  原題 SAGE FEMME英題 THE MIDWIFE2017年 フランス      パリ郊外の小都市で助産婦として堅実に暮らしているクレール(カトリーヌ・フロ)、49歳ある日、彼女のもとに30年間姿を消していた継母・ベアトリス(カトリーヌ・ドヌーヴ)から突然電話が入りますベアトリスが家を出てからすぐ父親が自殺してしまったことで今でもクレールはベアトリスを許してはいませんが、彼女が脳腫 . . . 本文を読む
コメント

12/23、24 大名古屋らくご祭2017

2017年12月25日 | 旅行・エンタメ・雑感etc
  10周年だそうです我が家の初・大名古屋らくご祭は2009年だったかしらテレピアホールという500人くらい収容のホールでした今年の会場ウインクあいち大ホールは800人収容とのことすごいですね~ 延べ何人のお客さんが落語を楽しまれたのでしょう     豪華です 贅沢です               23日 「特選お好み落語競演会」夜の部 都合が悪く行けなくなっ . . . 本文を読む
コメント

角田光代「さがしもの」

2017年12月24日 | か行の作家
  新潮文庫2008年11月 発行2015年 5月 16刷解説・岡崎武志229頁   9編の本の物語「旅する本」「だれか」「手紙」「彼と私の本棚」「不幸の種」「引き出しの奥」「さがしもの」「初バレンタイン」   どれも、本好きにはあるあるです   一番気に入ったのは「ミツザワ書店」今は作家となった男性が子供の頃に通った町の小さな本屋を訪ねます当時、店番をしていたおばあさんは既に亡く店 . . . 本文を読む
コメント (2)

TV(BS・CS)で観た映画(海外)を5本

2017年12月21日 | 映画(海外)
      「かくも長き不在」原題 UNE AUSSI LONGUE ABSENCE1960年 フランス  セーヌの河岸に近いカフェの女主人テレーズ(アリダ・ヴァリ)しっかり者で独身、彼女に言い寄る男性はいますが相手にしませんある日、店の前を通る浮浪者(ジョルジュ・ウィルソン)の姿が目に入りますその浮浪者は16年前、ゲシュタボに捕らえられたまま消息を絶った夫・アルベールによく似ていました不 . . . 本文を読む
コメント (2)

植松三十里「咸臨丸、サンフランシスコにて」

2017年12月19日 | あ行の作家
  角川文庫2010年 4月 初版発行解説・縄田一男286頁    安政7年、条約批准のため遣米使節団が江戸湾を出港勝海舟が艦長を務める咸臨丸には瀬戸内の塩飽衆と呼ばれる水夫たちが乗り組んでいました距離の短さで北極圏に近い大圏航路を選んだ咸臨丸は悪天候に悩まされ、劣悪な環境の住居スペースで暮らす水夫たちの間には病気が蔓延しますアメリカ人水夫との対立、仕官・中浜万次郎への反発など不穏な空気の中 . . . 本文を読む
コメント

植松三十里「愛加那と西郷」

2017年12月18日 | あ行の作家
      小学館文庫2016年6月 初版第1刷発行解説・西條奈加325頁    薩摩藩から奄美大島に送られた西郷隆盛の世話をすることになった島の名家の娘・愛加那彼女を主人公にした歴史小説です江戸や京はおろか鹿児島にさえ行っていない、ただの一度も奄美諸島から出ることのなかった愛加那の目を通して描かれる激動の幕末決して才女でも女傑でもない一介の妻であり母である彼女ですが、彼女がいなければ西 . . . 本文を読む
コメント

佐伯一麦「渡良瀬」

2017年12月17日 | さ行の作家
  新潮文庫2017年 7月 発行解説・堀江敏幸509頁     伊藤整文学賞受賞作   福武書店の文芸誌「海燕」に1993年11月号から1996年9月号まで27回にわたって連載されたものがもとになっています休刊にともなって中断を余儀なくされたものに加筆し全体を整えて岩波書店から刊行されたのが2013年12月連載開始から20年の歳月を経てのことで過去の基盤を「現在」を生きる製作者が「現 . . . 本文を読む
コメント

12/16 木彫りどうぶつ美術館 はしもとみおの世界

2017年12月16日 | 旅行・エンタメ・雑感etc
  木彫りどうぶつ美術館はしもとみおの世界ヤマザキマザック美術館2017年11月24日(金)~2018年2月25日(日)       はしもとさんは動物の彫刻を木彫で制作する彫刻家さんです     アール・ヌーヴォ様式の家具が並ぶヤマザキマザック美術館の展示室におすまし顔で集まった動物たちにホッコリ 笑顔がこぼれます 動物たちそれぞれに カブ、リンゴ、マコなどなど 名前 . . . 本文を読む
コメント

12/12 矢野顕子 さとがえる/ひきたがるツアー

2017年12月13日 | 旅行・エンタメ・雑感etc
  矢野顕子さとがえる/ひきたがるツアー”ひとりでみんなに届けます”三井住友海上しらかわホール       11/29発売弾き語りアルバム『Soft Landing』からの曲をメインに15分の休憩を挟んで2時間矢野さんの柔らかい語りと安定感バッチリの歌声と時に優しく時に激しいピアノに包まれた至福の時間はあっという間でした   知らなかったのですが 石川さゆりさんとのコンサートもやら . . . 本文を読む
コメント

TV(BS・CS)で観た映画(海外)を5本

2017年12月12日 | 映画(海外)
      「リトルマン・テイト」原題 LITTLE MAN TATE1991年 アメリカ  ジョディ・フォスター初監督作品天才少年・フレッド(アダム・ハン=バード)とその母(ジョディ・フォスター)とフレッドを英才教育へ導こうとする児童心理学者・グリアソン博士(ダイアン・ウィースト)三者三様の姿をヒューマンタッチで描きます生後数か月で文字を理解し、4歳で詩を書き、7歳の現在、天才児ゆえ学校 . . . 本文を読む
コメント

新田次郎「強力伝・孤島」

2017年12月11日 | な行の作家
  新潮文庫1965年 7月 発行2011年 7月 75刷改版2014年 1月 78刷解説・小松伸六305頁   新田さん初期の代表作異常な環境に置かれた主人公たちをリアルに描く6編   第34回直木賞受賞作「強力伝」50貫(187.5kg)もの巨石を背負って白馬岳山頂に挑む山男を描きます著者が1932年から1937年まで富士山頂観測所に勤務していた時の体験 . . . 本文を読む
コメント

12/9 桂南光独演会

2017年12月10日 | 旅行・エンタメ・雑感etc
第12回 桂南光独演会中電ホール     桂米朝一門の皆さんです   南光さんのマクラはホント楽しい ミュージカルや宝塚がイマイチで 日本の古典芸能である 歌舞伎、能、狂言、文楽が大好き 原田マハさんの「生きるぼくら」の解説を担当されていることからもわかるように 絵画にも造詣が深い そんなところも自分と波長が合うのかもしれません & . . . 本文を読む
コメント