読書と映画とガーデニング

読書&映画&ガーデニング&落語&野球などなど、毎日アクティブに楽しく暮らしたいですね!

映画・きっと、星のせいじゃない。

2015年02月22日 | 映画(海外)

 

原題 THE FAULT IN OUR STARS
2014年 アメリカ
原作 ジョン・グリーン「さよならを待つふたりのために」

 

 

主人公のヘイゼル(シャイリーン・ウッドリー)は16歳
13歳で甲状腺癌になり、腫瘍が肺に転移
幸い抗がん剤が効いて、今は酸素ボンベは手離せないものの小康状態を保っています
両親もヘイゼルが死ぬことを前提に毎日を生きており、それはヘイゼル自身も同じです
今さら、友人を作るつもりもない彼女のほぼ無気力な生活を何とかしたいと願う母親(ローラ・ダーン)に薦められて行きたくもない同年代の癌患者たちが集まるサポートグループに参加します
そこで出会ったのは骨肉腫のせいで右足は義足だけれど転移の兆候はなく明るく前向きに生きるオーガスタ(アンセル・エルゴート)
二人は瞬く間に恋に落ちて、互いの家を訪ね好きな本を交換し合い、アムステルダムに住むヘイゼルの愛読書の著者に会いに行こうということになるのですが…

 

 

若い癌患者同士の恋愛物語となれば、お涙頂戴的な内容が想像されますが、本作は少し違います
ストーリー展開の中で避けては通れない「死」が描かれており、確かに泣かされるシーンはあるものの
「死」より「生」を見つめた深い映画だと思いました
彼らは不幸な星の下に生まれついたわけではありません
人生には何の保証もないし不公平かもしれないけれど、恐れや不安を抱えて人生を生きるより、今日この一日を精一杯生きることが大切なのだということがヘイゼルの独白を通して観客に伝えられます

 

 

最近は老いを扱った映画が増えました
自分も、ヘイゼルやオーガスタら若者より彼らの両親の気持ちのほうがより理解できるのですが、
若者が主人公の作品を観て刺激を受けることも必要ですね

 

原作はヤングアダルト向けらしいですが近いうちに読みたいと思います

 

 

 


コメント (2)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
« 内田百「贋作吾輩は猫である」 | トップ | パヴェーゼ「美しい夏」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Nakaji)
2015-03-01 19:56:28
こんにちは。

>「死」より「生」を見つめた深い映画だと思いました

って本当に思いました。だから悲しいだけじゃなくて、なんか勇気をもらうというか、いろいろ考えさせられた映画でした。
たしかに原作読みたくなりました。
Nakajiさん (こに)
2015-03-02 08:21:16
母親がヘイゼルが死んだ後の自分の人生をきちんと考えていることを話すシーンには肯いてしまいました。こういう部分を描いた映画は少ないような気がします。
悲しいけれど前向きになれる映画でしたね。
でも、オーガスタの死はやっぱり悲し過ぎます。自身の転移を隠してヘイゼルに付き合う彼の強さ、優しさ、辛さを思うと苦しくなりました。
若い俳優さんたちの演技も最高でしたね♪

コメントを投稿

映画(海外)」カテゴリの最新記事

24 トラックバック

『きっと、星のせいじゃない。』をよみうりホールで観て、きゅんふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★生きるとは辛さに耐えること、死ぬとは被忘却に耐えること】 ガン患者のラブコメ(哲学的だけど「コメ」なんだと思う)。 可愛い女の子は鼻に管を付けてて ...
『きっと、星のせいじゃない。』 2015年2月16日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『きっと、星のせいじゃない。』 を試写会で鑑賞しました。 映画とは関係ないけど、よみうりホールは久しぶりだった。 どうやら2ヶ月はご無沙汰だったみたい。 【ストーリー】  末期ガンながらも、薬の効果で深刻な状態を免れているヘイゼル(シャイリーン・ウッドリ...
きっと、星のせいじゃない。 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3.5点】(試写会) 試写会が当たりました!去年も当ったけど観に行けなかったから
きっと、星のせいじゃない。 (佐藤秀の徒然幻視録)
知ってはならない「アンネの日記」の結末 公式サイト。原題:The Fault in Our Stars。ジョン・グリーン原作、ジョシュ・ブーン監督。シャイリーン・ウッドリー、アンセル・エルゴート、 ...
きっと、星のせいじゃない。 (あーうぃ だにぇっと)
きっと、星のせいじゃない。@よみうりホール
試写会「きっと、星のせいじゃない。」 (日々“是”精進! ver.F)
愛と死をみつめて… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201502120001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】きっと、星のせいじゃない。 オリジナル・サウンドトラッ...価格:2,138円(税込、送料込)
『きっと、星のせいじゃない。』 (ラムの大通り)
(原題:THE FAULT IN OUR STARS) ----『きっと、星のせいじゃない。』。 これって、タイトルからしてロマンチック。 「うん。 この映画もやはり新宿カリテ、新宿武蔵野館での予告で観ていたんだけど、 やはりヒットしそうな予感があるんだ」 ----ふうん。 青春ラブロマ....
きっと、星のせいじゃない。 (風に吹かれて)
0と1のあいだは無限の数がある 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/kitto-hoshi 原作: さよならを待つふちりのために (ジョン・グリーン著/岩波書店) 末期
きっと、星のせいじゃない。 (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
きっと、星のせいじゃない。 '14:米 ◆原題:THE FAULT IN OUR STARS ◆監督:ジョシュ・ブーン ◆出演:シャイリーン・ウッドリー、アンセル・エルゴート、ナット・ウルフ、ローラ・ダーン、サム・トラメル、ウィレム・デフォー、ロッテ・ファービーク、アナ・デラ...
0と1の間のちいさな無限。~「きっと、星のせいじゃない」~ (ペパーミントの魔術師)
どっちかが余命いくばくもなくてっていうラブストーリーはあれど、どっちもってのは ある意味相当悲しいはなしなんだけども どっちもそういう病だからこそ、誰よりもわかりあえることもあるわけで。ものは考えようで。 誰かに出会って人生が変わるとはよく言うけど、 ....
きっと、星のせいじゃない (はるみのひとり言)
試写会で観ました。 末期ガンに侵されたヘイゼルが、ガン患者の集会で出会ったガスと惹かれあい、残された時間を懸命に生きる望みを見出すみたいなお話でした。不治の病を抱えたカップルのお話ですが、悲しいお話ではないです。前半は2人の出会いから唐突に恋に落ち...
『きっと、星のせいじゃない。』 (2014) (相木悟の映画評)
さわやかに胸に沈殿する、純愛ストーリー! 瑞々しい若手俳優の好演、人生訓を提示する物語性と、硬軟が融合したまばゆい青春映画であった。 本作は、ジョン・グリーンが友人をモデルに書き上げたベストセラー小説の映画化。全米で公開されるやサプライズ・ヒットをか....
「きっと、星のせいじゃない。」 (Noinuの云いたい放題、やりたい放題)
シネマのファースト・デイ・サービスと、 日曜日が重なったので、 無謀にも、映画2本、一気観してきたでござる。 いやぁ…、さすがに疲れました。 昔は、2~3本一日で観ても、結構平気だったんだけどね。 まずは、「きっと、星のせいじゃない。」(←...
恋愛の基本。その2。『きっと、星のせいじゃない。』 (水曜日のシネマ日記)
ガン患者の集会で出会った若い男女の恋愛模様を描いた作品です。
『きっと、星のせいじゃない。』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「きっと、星のせいじゃない。」□監督 ジョシュ・ブーン□脚本 スコット・ノイスタッター、マイケル・H・ウェバー□原作 ジョン・グリーン□キャスト シャイリーン・ウッドリー、アンセル・エルゴート、ローラ・ダーン、      ...
きっと、星のせいじゃない。★★★★ (パピとママ映画のblog)
ジョン・グリーンのベストセラー小説「さよならを待つふたりのために」を基にした青春ロマンス。ガン患者の集会で出会った若い男女が恋に落ち、憧れの作家と対面しようとオランダへ旅する姿などを追う。『ダイバージェント』に出演したシャイリーン・ウッドリーとアンセル...
「きっと、星のせいじゃない」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Fault in Our Stars」2014 USA 末期がん患者であるヘイゼルは両親に勧められ、ガン患者の集会“サポートグループ”に嫌々ながら参加することになる。そこで彼女は、骨肉腫で片足を切断したオーガスタスと出会う… ヘイゼルに「ファミリー・ツリー/2011」のシ...
きっと、星のせいじゃない。 (映画と本の『たんぽぽ館』)
切なくも輝かしい、病気のオンナノコストーリーの王道 * * * * * * * * * * 病気のオンナノコのストーリーは見ないことにしている私ですが、 本作は全米大ヒット作ということで、気になって見てみました。 末期のガンで、酸素ボンベが離せない....
予め死を受け入れた二人のために~『きっと、星のせいじゃない。』 (真紅のthinkingdays)
 THE FAULT IN OUR STARS  17歳のヘイゼル・グレース(シャイリーン・ウッドリー)は、甲状腺ガンが肺に 転移し、酸素ボンベが手放せないながらも小康状態を保っていた。母(ローラ ・ダーン)の薦めでガン患者が集う会に参加した彼女は、骨肉腫により...
きっと、星のせいじゃない。 (映画的・絵画的・音楽的)
 『きっと、星のせいじゃない。』をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)時間的な余裕があるときにはこうした純愛ラブストーリーも良いのでは、と思って映画館に行ってみたのですが、案の定、女子高生が大部分でした。  本作(注1)は、17歳で末期ガンを患っている少...
映画「きっと、星のせいじゃない。」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『きっと、星のせいじゃない』 (公式)を昨日の公開初日に劇場鑑賞。採点は ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら78点にします。 ざっくりストーリー 17歳のヘイゼル・グレース(シャイリーン・ウッドリー)は末期のガン患...
「きっと、星のせいじゃない」☆透き通った涙 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
清らかで濁りのない、透き通った美しい涙がほろほろと流れる映画。 自分の境遇を後回しにして、残される者に対して愛を注ぐ物語。 湿っぽいお涙頂戴にしないところが、さすがアメリカ☆でも大判ハンカチは最初から用意しておこう!
『きっと、星のせいじゃない。』 (こねたみっくす)
ヘイゼルとガスのokay。それはきっと、忘れてしまう言葉なんかじゃない。 何て純粋な恋の映画なんだろうか。何て爽やかな青春映画なんだろうか。そして何て可愛らしいカップルなん ...
きっと、星のせいじゃない。 (映画好きパパの鑑賞日記)
 がんにかかった若者の悲恋物語との事前情報に、アメリカでもお涙頂戴がはやっているのかと、ちょっと冷めた感じで見にいきましたが、丁寧な作りで無理に泣かせようとしていません。ちなみに、周りは若い女性ばかりで、宣伝も女性向きなのですが、中高年の男性がみても、...