読書と映画とガーデニング

読書&映画&ガーデニング&落語&野球などなど、毎日アクティブに楽しく暮らしたいですね!

映画・ストックホルムでワルツを

2015年01月10日 | 映画(海外)

 

原題 Monica Z
2013年 スウェーデン

 

 

スウェーデンが生んだ世界的なジャズシンガー、モニカ・ゼダールンドが歌手として頂点を極めるまでの波乱に富む数年間に焦点を当てたサクセス・ストーリー

 

首都ストックホルムから300km離れた田舎町、ハーグフォッシュで電話交換手として働くモニカ(エッダ・マグナソン)
離婚後、幼い娘、エヴァ=レナを連れ両親の暮らす実家に戻ってきていたのです
時折、長距離バスに乗ってストックホルムまで出かけジャズ歌手としてステージに立っていたモニカに思いがけないチャンスがめぐってきます
モニカの歌を聞いた有名なジャズ評論家から「ニューヨークで歌わないか」と誘われたのです
クリスマスにエヴァ=レナと一緒にいられないことを父のベント(シェル・ベリィクヴィスト)から厳しく非難されますが歌手としての成功を夢見る気持ちを抑えられないモニカはニューヨークに向かいます
憧れのクラブでマイクの前に立つものの、何故か客は席を立ち店を出て行ってしまうし、途中でステージから降ろされてしまう始末
彼女のルックスが黒人ミュージシャンたちとの共演に相応しくないというのがその理由でした
理不尽な扱いを受けたうえ、酒場で偶然一緒になった大物歌手には「誰かのマネだけではダメ」と厳しい言葉を浴びせられます

挫折の苦い思い出だけを胸に帰国したモニカ

一旦は歌うことを止めようとしますが、仲間たちに誘われて参加した巡業で出会ったベーシスト、ストゥーレ(スベリル・グドナソン)にスウェーデン語でジャズを歌いたいと話したことから、ベッペという詩人を紹介され、彼の書いた歌詞でスタンダードナンバーを歌い始め、スターへの階段を上り始めるのでした

 

大金を手にしたモニカは娘を両親のところから引取り恋人と豪華な家で暮らし始めます
しかし、レコード会社との方針の違い、恋人との破局、自分を認めようとしない父との確執などで酒に溺れるようになったモニカは舞台に穴を空けるようになってしまいます
娘を父親に連れ去られ、孤独の中ついに自殺を図るモニカでしたが、一命を取り留めます
健康を取り戻した彼女はポップスを歌ったりコメディアンヌとして舞台に立つことは止め、もう一度ジャズ歌手の原点に戻ろうと決意、ジャズ・ピアノの巨匠ビル・エヴァンスに手作りのデモテープを送って共演を申し込みます
そしてある日、アメリカから国際電話がかかってきます…

 

 

音楽映画はあまり観ないのですが、本作はジャズということで興味がありました
歌はともかく、モニカ・Z役のエッダ・マグナソンの美しいことといったらありません
後で検索しましたらモニカ・Zご本人も美しい方だったのですね~

 

スターダムにのし上がってからのモニカにはエディット・ピアフが重なりました
ピアフに比較すれば娘もいるし、最後には和解できる父親もいるし、幸せだったのかな

いつも母親の傍にいてくれる娘、モニカを認めようとしなかった父がくれた感謝の言葉

ラストのウェディングドレス姿のモニカはジャズシンガーではなく1人の女性として光り輝いていました

 

20世紀半ばの北欧のファッションや家具も見逃せませんヨ

 

 

映画の中で歌われる「ワルツ・フォー・デビィ」のピアノバージョンを収録したビル・エヴァンスによるアルバム『ワルツ・フォー・デビィ+4』をAmazonに発注しました
早く届かないかなぁ^^




 

 

 


コメント   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
« アリス・マンロー「ディア・... | トップ | 久世光彦「嚝吉の恋 昭和人情馬鹿物語」 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

映画(海外)」カテゴリの最新記事

9 トラックバック

「ストックホルムでワルツを」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Monica Z」…aka「Waltz for Monica」2013 スウェーデン スウェーデンの田舎町ハーグフォッシュに住む電話交換手のモニカはシングルマザー。一人娘のエヴァ・レナを両親に預け、時折ストックホルムのジャズクラブでシンガーとしてステージにたつ忙しい日々を...
『ストックホルムでワルツを』 2014年11月20日 シネマート六本木 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ストックホルムでワルツを』 を試写会で鑑賞しました。 成功の裏には努力だけでは語れないことが沢山ある! 【ストーリー】  スウェーデンの片田舎で、両親と5歳の娘と生活しているモニカ・ゼタールンド(エッダ・マグナソン)。シングルマザーとして育児や家事に励...
ストックホルムでワルツを (あーうぃ だにぇっと)
ストックホルムでワルツを@ブロードメディアスタジオ試写室
ストックホルムでワルツを / Monica Z (勝手に映画評)
母国スウェーデンでは知らぬ人はいないと言われる歌姫、モニカ・ゼタールンドの半生を描いた作品。 文字通り半生で、ビル・エヴァンスと組んで作品を作る辺りで映画は終っている。その意味では、彼女の活躍の初期だけ描いていると言って良いと思います。もっとも、母国ス...
「ストックホルムでワルツを」☆てっぺんまで行かないと見えなかった景色 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
年末に向けて話題作がたくさん過ぎて、なんとなく見逃してしまっていた作品。 ジャズシンガーとして活動中の長島百合子さんが、いいタイミングで誘ってくれたので、一緒に観てきたyo こんなに泣けるいい作品だったとは! 誘ってもらって本当に良かった~♪
ストックホルムでワルツを ★★★ (パピとママ映画のblog)
「Walkin' My Baby Back Home」などの名曲で知られるスウェーデン出身の世界的ジャズシンガー、モニカ・ゼタールンドの伝記ドラマ。5歳の娘を育てるシングルマザーでありながら、夢を信じてモダンジャズ界の歌姫となるまでを追う。メガホンを取るのは、『白昼夢に抱....
映画評「ストックホルムでワルツを」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2013年スウェーデン映画 監督ペール・フリー ネタバレあり
ストックホルムでワルツを (マープルのつぶやき)
JUGEMテーマ:洋画 「ストックホルムでワルツを」 原題:Mnonica Z 監督:ベル・フライ 2014年 スウェーデン映画 111分 キャスト:エッダ・マグナソン      スベリン・グドナソン      シェル・ベリィクビスト スウェーデンの田舎町で...
ストックホルムでワルツを (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(05) スウェーデンの歌姫モニカ・ゼタールンドを演じた女優見たさに