太極・無極

宇宙を意味する「太極・無極」のなかに、「人」は生きています。限りある「人生」を有意義に生き抜いていきたい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

短い小説

2007-05-11 18:07:05 | 想うこと
先日、愚生の「短い小説」が、某地方紙に掲載された。そこには、愚生の本名と住所が明示されている。このブログで、その日付とか、掲載紙名とかを明かにすると、匿名でやって来たことと、矛盾することになる。そんな訳で「靴の上から痒いところ掻く」ような表現になることを、おゆるしください。

ともあれ、4月下旬に掲載されたのを確認できたとき、少しばかり、久し振りに胸が高鳴るのを感じた。正直、大変嬉しかった。翌日、古くからの友人が「読んだよ。掲載おめでとう。」と電話があった。この電話も大変ありがたかった。もっとも、反響はこの1本だけである。まあ、こんなものだ。こんな程度のことだと思いながらも嬉しい気持ちを今も引きずっている。

掲載を励みに、今後も創作を続け、いづれ、ブログの上で発表するのもいいかなと思い始めています。この「太極・無極」でやるか、別のブログにするかは、今後考えます。

掲載された「短い小説」は、機会があったら、いつか紹介します。図書カードが賞品で送られてきました。

また、がんばります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 気  節 第10号(1997.5.... | トップ | 中国語検定3級 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

想うこと」カテゴリの最新記事