yokohama fc FC

yokohama fcファンクラブ(ヨコキタ支部)の略です。横浜北部で活動開始しました。

東京V(1-3)横浜

2013-05-03 | 横浜FC
5月にしてやっと勝ち試合を観戦することが出来た。長かった・・・・。

前半はヴェルディの攻勢に苦しみながらも、2チャンスの内の1回をモノにできて1-0で前半を終わらせる事ができた。
小野瀬がクロスを入れた時には、既に大久保が相手DFのマークを外していてフリーで頭に当てる事ができたのは上手かった。
後半は、相手のCK(?)から同点を許したが大久保がPKを決めて勝ち越しに成功し、最後はゴールキックからの流れで内田がキープして無人のゴールに流し込んで試合を決定づけた。
(私的にはヴェルディの最後のCKからの一連の流れを切った所で勝利を確信した。)
*********************

前節の水戸戦から試合運びを変えてきたが、この試合で更に熟成させたのが印象的だった。
とにかく小野瀬や野崎がガツガツ行ったのは驚いたし、1手減らしてアーリークロスというのも今季これまでの横浜には無かったスタイルだった。(結果としてゴールに絡めた。)
(変な言い方だけど、山口戦術の最大の被害者は小野瀬って事になるね。これだけ変わるのだから・・・)

あと、試合終盤の失点癖はタッチに出してプレーを切る・スペースに蹴り出して大久保を走らせる事を実施して以降は無失点で切り抜けた。
無理やり繋ごうとしなかったのは良かったと思う。(正直、ケンスケが出たとき嫌な予感がしたけど)


山口監督は交代選手を出し惜しむ傾向があるけど、この日は早めにカードを切ってきた。
スンジンの交代はアクシデントぽいけど、これからも後半15分頃までに一枚切って活性化させて欲しい。

カズさんが今季初先発だったけど、久しぶりのカズさん見たら一番足元が巧かったと思う。
足元だけが全てじゃないけど、カズさん程の足元じゃない選手を集めてよくこれでポゼッションとか志向するよな。と思った。

以上の感想から、山口監督は理想は置いといてやり方を現状に変えた方が良いと思う。




ヴェルディは、ストロングポイントなのか、武岡を押し込めたかったのか左サイドからの攻撃が目立った。
ただ、決定機と呼べる場面は無かった気がする。(セットプレーからのゴールはあったけど)
高原選手が孤立無援状態だったのかも知れない。
ジャンル:
サッカー
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 水戸(2-2)横浜 | トップ | 横浜(0-1)福岡 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (カマタクン)
2013-05-06 13:07:47
今日の試合、ジャンボ大久保の古巣相手のゴールに期待したいです。
Unknown (筆者)
2013-05-06 22:07:47
残念ながら、今日は大久保の日じゃなかったですね。
形までは作れているので、次節に期待しましょうか。

コメントを投稿

横浜FC」カテゴリの最新記事