点ノ記

日々あったことを若干適当に書いています。

ドカベン最終回予想結果と最終回感想

2018年06月29日 05時53分37秒 | 日記

前回予想したドカベン最終回予想の、結果は以下の通りだった。自分的には今回の最終回があまりに不完全燃焼だったのでどうでもよくなり、当たり判定もガバガバで考えることとした。

・「4試合連続山田太郎サヨナラHRでYYS!(やっぱり山田は凄い)」「中西球道がサヨナラホームラン打たれる最後のストレートの球速は170キロ」
最後HRを打った球は、球速表示もなければ中西が投げる動作の絵もなかった(見開きでいきなりホームラン)。中西球道という、これもまた水島漫画を代表する偉大なキャラがまったくないがしろにされている感が否めないが、描かれてはいないもののきっと170キロ出ていたのだ。脳内補完で大正解とする。

・ホームラン後の岩鬼のセリフは「ようやった、それでこそスーパースターズの4番や!」
中西の球を必死でカットし続ける山田に、タイムをとった岩鬼が打撃のアドバイスをする。敵の真田一球が「最高のフルスイングだぜ」と話したのに対し、岩鬼は「おんどれらのレベルではな。けど、わいと山田はケタが違うんや」と反論。山田を、自分と同格と認め褒めた、という点をもって広い意味での大正解とする。

・水原勇気が往年の名台詞「やっぱり私野球が大好き!」的なことを言い、中西球道は「球けがれなく道けわし」と言う。
水原が放ったセリフはサヨナラHR後の「すみません感動して涙が出ちゃいました」だったが、これは野球が好きだからこそ出たセリフなので大正解。中西は「山田はおれが今までに出会った中で一番の選手だ」という、しらじらしすぎるセリフを12点も取られたあげく笑顔で語ったが、これも球けがれなく道けわし、という信念に裏打ちされてのセリフなのだから、大正解とする。

・最後の一コマは、甲子園球場マウンドからの遠影。
厳密には最後の一コマは小さいころのサチ子だったが、これは試合後の球場で山田と岩鬼の回想したシーンだ。本当の最期の場面は夜の甲子園球場だし、自分はこの回想シーンが全くの無駄だと考えているため大正解とする。ていうか、回想シーンが長すぎて明訓四天王の殿馬や里中にセリフがほぼ全くないというのはどうよ。

…と、ヤケクソの全問正解を果たした。せっかく、これまでに描いてきた野球漫画の主人公が大集結しているというのにもったいなさすぎるなあという思いが強い。なんかこち亀の時も思ったが最終回って案外あっさりめが多いな。いや、これも勝手なファン心理なのか。79歳になった御大には本当にお疲れ様でした、と言いたい。

                           ~完~
コメント

最期のドカベン予想

2018年06月26日 04時08分57秒 | 日記

いよいよ、次号でドカベンが最終回となる。序盤を除いてずーっと野球しかしていないドカベンシリーズだけでもこち亀を越える200巻以上出ていると考えるととてつもないが、そんな野球漫画の最終回は一体どんなものになるのか。よくブログで「つまんねー」と言いながらも毎週チェックし予想してきたので、せっかくだから最後の予想をしたいと思う。

ちなみに今までの予想は大体、外れてきた。「京都ウォーリアーズ対ソフトバンクはあぶさんの代打サヨナラHRでソフトバンクが勝つ」という予想はかなり自信があったものの、そもそもあぶさんが登場せず京都が勝つという残念極まりない結果に終わってしまった。今回こそ当てたい。

ただ今回はもう最終回なので、試合の展開としては間違いなく、絶対的に、4試合連続山田太郎サヨナラHRでYYS!(やっぱり山田は凄い)で終わるのだから、ここの部分はもう予想する意味がない(ここが外れたら罰があってもいい)。よってそれ以外の細かいところを次の通り予想してみた。

・「中西球道がサヨナラホームラン打たれる最後のストレートの球速は170キロ」。ドリームトーナメント編になってからというもの、速球派投手が大勢出てくるので球速表示が青天井になっている。中西も水島漫画の代表的存在なのでせめて球速表示で最後を飾るのではないか(というか最終戦失点しすぎな気もする)。

・ホームラン後の岩鬼のセリフは「ようやった、それでこそスーパースターズの4番や!」。本来の岩鬼なら「またここ一番でやーまだのドまぐれが出たで」と言いそうだが、無印最終回で里中を「お前こそ小さな巨人やったで」と褒めたことから、同じく称賛のセリフを放つと予想する。

・水原勇気が往年の名台詞「やっぱり私野球が大好き!」的なことを言い、中西球道は「球けがれなく道けわし」と言う。そのほか、これまでの主要なライバルキャラが小ゴマで一言ずつ、今後の野球人生について展望を語る(主に打倒山田!的なことを話す)。

・最後の一コマは、甲子園球場マウンドからの遠影。全員大集合の絵かとも思ったが、チャンピオン誌で特設ページを組み水島御大からも寄稿があるということなので、集合絵はそこで披露され、本編は哀愁漂わせて終わるものと見た。トーナメント優勝の賞品である、大リーグとの試合は当然一コマも描かれない。

今後ドカベンについて予想するということは生涯ないわけだから一生懸命考えた。果たしてどのくらい合っているか、木曜日が楽しみだ。

                               ~完~

コメント

H30弥生いこいの広場

2018年06月25日 05時48分49秒 | 日記

息子がそこそこ、早めに寝てくれたおかげで自分も仮眠をとって、日本対セネガルを後半戦から見ることができた。1点リードされた時にはもうだめかと思ったが、あそこで同点ゴールを決めてしまう本田が凄いな。1戦目でボロボロに言われていたなかで結果を出すなんて、なんと持っている男なんだろう。

日曜日は天気も良くて暖かかったので、弘前市「弥生いこいの広場」へ。ここへ遊びにくるのは娘としては3回目で、息子にとっては初めてだ。

動物園だ、と聞いて興奮した娘はただでさえ早起きしがちなのに当日朝4時に起きた。弥生の広場はライオンとかキリンとか像とかそういう有名なところがいないのでその点、がっかりだけしないように何度も話して抑え直ししていたが、それでもなおこの興奮度とは。

一応娘的には「うさぎに触る」のと「馬に乗る」のがメインだと。これまで何度か動物園に行ってわかったことだが、娘は早くメインを堪能したいがためにその道中で会える動物はスルーしがちになるのでそこがとにかくもったいない。入園して一発目に見たプレーリードックなんか、普段ペットショップで見たらずっと見ていられるほどの珍しさ・可愛さのはずだがなあ。

恒例の「えさガチャガチャ」でイノシシとサルと、アライグマの餌を引いて、えさやりも行う。なんか以前来た時よりガチャガチャに入っているえさが減っているような…。これは値上がりと捉えるか、はたまた入園者みんなになんべんなく楽しんでもらうためのアイデアと捉えるか(たぶん後者か、気のせいかなんだろうと思う)。

メインのうさぎを触って馬に乗って、満足した娘は盛大にアスレチックで転んでケガしたが、その後ファミレスでごはんを食べて車中で寝てと、いい日曜日を満喫できて良かったように思う。さすがに次回となると、もっとメジャーな動物を求めだすはずなので今度は息子向けに遊びにくるかもしれない。

その息子はと言えば、まだ1歳だからなのかどの動物にもさほど関心を示すことなく淡々とたまごボーロを頬張っていた。うさぎを見たときはちょっとだけ笑顔になっていたが別段、触ろうと言うことも無かった。きょうだいでも趣味嗜好は似ないものなんだろうか。

                          ~完~
コメント

1歳の息子寝かしつけのこつ

2018年06月24日 20時39分10秒 | 日記
ただ今、1歳の息子の寝かしつけ中。普段の寝かしつけの担当は自分だが、毎日なかなかすんなりは寝てくれない。毎日これだけのことに時間がかかってしょうがない。

寝かしつけの骨はひたすらおしりをポンポン叩くことで、どうやらこれが彼にしてみれば安心するらしい。さらに子守歌なんかも歌いながらだと効果的で、やや寝やすくなる。歌はなんでもいい。

とにかく常に手を動かしていないとほぼ寝ない。赤ちゃん特有なのかわからないが、眠たいという場合でも泣くから手を止めることが許されないから手が凄く疲れる。

今は、右手でオケツをポンポン叩きながら、左手でケータイでブログ書いてるから内筋が限界だ。早く寝かしつけて自分も就寝し、12時に起きてサッカー応援したい。
コメント

現担当になって一年、身近なところで爆弾の爆風を浴びる

2018年06月21日 21時38分10秒 | 日記

昨日の「水曜日のダウンタウン」、先日予告されていた芸人閉じ込め企画が放送されないなあと思っていたら、一般市民に110番通報されて警察に捜査されていたとは。確かに、一発目でも公衆の面前でいきなり芸人を拉致していたし相当危なかった。企画自体は面白かったのでいつか何かの形で日の目を見ることができるかどうか…。

さて、昨日でちょうど、今の業務に就いて一年が経過した。一年前の今日は全然、仕事の本質を理解しないまま見様見真似で作業していて、前の担当に質問しまくり、周りに迷惑かけまくりだった。一年も経つとだいぶ慣れて、いろいろなことを考えたり判断したりが少しずつながらできるようになってきたように思う。

ところが、そんな一年前よりも明らかに仕事が忙しくて毎日微妙に残業も重ねるはめになっているのが辛い。要因がいろいろあって、去年より処理件数が増えているというのもあるし、職場の引っ越しで接客業務とか、職員とのやりとりが増えているということもあるが、結構大きいのが「身近なところで爆弾の爆風を浴びまくっている」というのがある。

「爆弾」というのはもちろん本物ののではなくて「仕事上でマズい結果を出して問題が起きる」ことを例えているのだが、少なくとも今自分に近しい業務に就いていて日々、せっせせっせと爆弾を製造している爆弾職人が二人いて、先日は実に大きい爆発にまともに巻き込まれてしまった。

爆弾の後処理は本当にエネルギーを使う。本来なかった業務なのになあとか、一瞬でも思ってしまうと心が腐って爆弾製造者に対して恨み節が出てしまうが、今もなお無自覚に爆弾を作っている姿を目の当たりにすると、なんとかしてこれ以上爆発を起こさないようにとみんなでフォローしてしまい、結果みんなが残業する理由になっている。

爆弾職人を見ていると明らかに、日々の仕事に緊張感とか緊迫感が足りていない。爆弾が完成してしまった時の影響のデカさヤバさを意識したらああいう仕事の仕方にはならないのだが、それが見られないのはどこか他人事だからなんだろうな。爆弾職人の一人はその素質を買われて近々担当が変わることとなったが、性根がそのままでは変わった先でもまた爆弾を作るかもしれない。

かく言う自分も去年の今ころ、一回爆弾を爆発させたことがあるんだよな。あの時助けてくれた人らには直接なお返しができないが、今目の前の爆発をフォローしきることで間接的にでもお返しができれば。

                       ~完~
コメント