点ノ記

日々あったことを若干適当に書いています。

アイアムアヒーローを読み終えて

2017年02月28日 20時48分48秒 | 日記
「アイアムアヒーロー」の最終回を見た。一切合切の謎を全く明らかにしないまま終わりっていうのは、いかにもよくあるホラー漫画のようだが、10年近くも続いた作品の終わりとしてはなんとなく寂しい。ZQNは南へ向かっているようだ、とか宇宙からの侵攻だ、とかいろいろ作中で話があっただけで、後は読者側で想像を働かせるしかない。

ZQNと化した比呂美を手なづけてた方法とか、主人公たちが乗っている車がいつの間にか変わっていたり、ショッピングモールで隊列が崩壊した過程とか、本来丁寧に描かれるはずのところもバッサリ省略してきた漫画だから、今思えばこういう最終回も予想できたはずなのに、「きっと謎が解き明かされる」と期待する気持ちが強すぎて肩透かしを受けた気になる。

自分は、一巻でてっこがZQNとなり接近してくる描写で超驚き、一気に心を掴まれて以来グロさと読み味の悪さも含めて毎週楽しみにしていた。ZQNのあまりの異様さに、怖いもの見たさの気持ちが働いたのかもしれない。どんなに生前聡明だった人でも、ZQNになると超不気味で支離滅裂な言動をするから本当に怖く不気味だった。

自分で読んでいて、面白さを感じた箇所は上記のZQNてっこの接近のほか、政府が記者会見でZQNの病名を「多臓器不全及び反社会性人格障害」と発表した瞬間、モールで高飛びZQNが屋上に上ってきた瞬間、高速道路の壁に「来栖幕府」と書いたクルスが実はたかしだったとわかった瞬間あたり。特にたかしと来栖が戦っていたあの辺りは、一こま一こまが凄く緊迫していて面白かった。

ZQNが合体し始めて、やや置いてけぼりを喰らったものの、他のゾンビ作品との差別化を図るためにも必要だったんだな、と解釈して読み続けた。人物絵のコピー再利用が多すぎてゲンナリしても、読み続けた。やっぱり次回の続きと、最終回が気になったので。英雄や比呂美の成り行きが気になったので。

アイアムアヒーローが終わってしまったら週刊スピリッツで毎週追いかける作品は土竜の唄しかなくなってしまう。やはり寂しい。これ、いくらでも続けられると思うけど番外編とかで謎解きやらないんだろうか。
コメント

文字起こし

2017年02月27日 18時42分22秒 | 日記
投稿日は月曜だけど、これを書いているのは日曜日午後2時半の仕事一休み中だ。午前は自分本流の仕事である重要案件を片付けて、午後からは、先日行った業者との4時間弱の会議の会議録作成作業をやっている。

会議録は、協議先の業者が仕様に基づき作ることになっているから、本来こちら側が作る必要はないのだが、先方が作った会議録の内容が実際と合っているか簡単に確認するため、超簡単な要約をこちら側でも独自に作っておこう、という指示を頂いての作業だ。

だから、最初のころはミッションとしては大したものではなくて、その場で取ったメモと自分の記憶を頼りにささっと仕上げていた程度だったのだが、回数を重ねるに連れてうちの厳しい先輩めがドンドンと細かく正確なものを求めだし、結果「言い回しやニュアンスなども含めて超正確な要約を作らないと」OKを貰えないようになってしまった。「来年の人がこの会議録を見たら全然意味がわからないだろ!」って…いやいや、元々そういう目的で作ってないでしょうに。当初の目的を忘れてるんだろうけど。

これの作業が非常に厳しくて、4時間の会議を文字にするとなると、仮に録音した音声をノンストップで流しながら入力できたとしても4時間かかるわけで、しかも実際は何度も録音機で止めては再生を繰り返し聞く必要があるから、もっと時間がかかる。今では、こちらの作る会議録が超精密になっているものだから、業者のかたが提出くださる会議録をこちらが添削して、修正させるというような変な循環が発生してしまっている。

先輩様からOKが出るまでの間には何度もやり直しと怒号が発生するため、自分でも、とにかく正確にという思いから、独自に録音機を買ったのは自然な流れだと言える。職場にも録音機があるけど古くてデカいし、雑音のカット機能が弱いのかあんまり心強くない。その点、自分が買ったものは作業服の腕ポケットに差し込んで使える「ペン型」のやつで、机に置いてて資料が当たったりなどへんなことが起こらないし、凄く便利だ。

昨日もこの作業を少しやって、今日もやって、やっと2時間弱分が完成した。先は長い。こういう作業が出てくるから、土日も仕事をしなきゃいけなくなる。
コメント

またやり直しかよ

2017年02月26日 17時15分22秒 | 日記
・まーた仕事が溜まりだしてきた。年末年始のような大きい一つの塊というわけではないので他の人に気づかれにくいが、細かい仕事がどんどん自分に集まってくる。ガシガシさばいて片付けてはいるものの、追いつかない。時間や心にに余裕がないと一件あたりの仕事のクオリティが雑になってそれも良くない。

「忙しくしている人のところに仕事は集まる」とよく聞くし、その言葉には「仕事が集まるのは仕事ができる人だからこそだ」というニュアンスがあるように思われるが、自分の場合ははっきりと違うと言えてしまう。押し付けられた仕事もあるし、自分の能力不足による滞りもあるに違いない。

そして金曜日の夜に仕事関係における衝撃的な電話が入って、この土日は急遽仕事をしなければいけないこととなった。本当は、今日日曜日は家族で十和田にささやかな小旅行に行って「おかあさんといっしょ」関係のステージショーを見るはずだったのに。あと一ヶ月の辛抱だと思って、心をこめて頑張って仕事をするしかない。

・毎週録画の「プレバト!!」を観ているが、梅沢富美男さん面白いなあ。エラそうにガシガシ能書きを垂れて先生に一刀両断される時の表情がいいし、褒められてさらに得意げになる姿もにくたらしくて最高だ。先週も、体調が悪くても私は俳句ができると豪語していたのに、酷評を受けたとたん「具合が悪かったんだぞ!」と叫んで反抗する姿には笑った。

どっちに転んでもおいしいと思って計算して上手にやってるんだろうな。ああいう、ガンコじじいを自分のキャラクターに出来ている人って貴重だと思う(リアルガンコじじいは普通に嫌われる可能性が高い気がするので…張本さんとか)。プレバト!!の人気は、梅沢さんの存在が作り出した部分は大きいなと思う。

視聴率がいいからしばらくは安泰だろうけれども、最終回が近くなったら、各先生がたを集めて俳句なら俳句、いけばなならいけばな、などの査定をしてみたら、オールスター感が出て面白いのではないだろうか。みっちゃんが作った陶芸作品が才能ナシとかだったら…とか考えるとぜひ一度見てみたくなる。
コメント

仕事が牛歩ぎみ

2017年02月22日 22時04分54秒 | 日記

スジャータのアセロラビタミンCという紙パックのジュース?が大変旨い。超酸っぱいのに体が無性にアセロラを欲する。パックによれば「ヒアルロン酸」「葉酸」「ビタミンB6」がたっぷりとのことだが、これらが今の自分には足りてないってことなのかも。

最近仕事が牛歩ぎみ、というか、やってもやってもあんまり前に進んでいる感じがしなくてモヤモヤする。着実に前には進んでいるが、泥沼を歩いて足が出ない感じというか、夢の中で走ろうとして足がもつれるあの感じというか。残業してても釈然としない。

今日は、仕事の関係で職場のホームページに情報をアップするという作業をしたんだけれども、この作業をやったのがほぼ初めてということもあってか、超絶シンプルでなんの変哲もない雀の涙たいな記載量だったのに、ゴールまでで4時間も費やしてしまった。

このブログみたいに感覚的に、特に考えなくても更新できるものではなく、箇条書きするのにもなんか様式を設定し、また見た目のバランスを取ろうとスペースを入れようものなら「不当なスペースがあるため認められない」とエラー表示される。自由度が全然ない。

自由度がないということは、それだけ安定した仕上がりになるということなんだとは思うが。それにしたって使いづらいだろう。チェックしてくれる担当の部署もあるんだからもうちょっと自由にやらせてもらえてもいいのになあと感じる。「簡単マニュアル」も、166ページにも及んだらもはや簡単とは言えない。

ただ、こういうのは最初で不慣れだからこそつまづくのであって、慣れてしまえば後は無意識でサクサクやれちゃうんだろうな。場合によっては条件反射的に。思えばこのブログの操作も、全くパソコンに触らない人にしてみたら難しいと感じるのかもしれない。

何事も慣れだ、慣れ。今年度は「初めての対応」が多くて死ぬほど苦労したが、「初めての対応」をこなしていけば「初めての対応」をすることにもきっと慣れてくるのだ。それが仕事なんだろうな。早く仕事に慣れたいものだ。

                                        ~完~
コメント

体質の変化か

2017年02月21日 21時38分15秒 | 日記

R-1ぐらんぷり2017のファイナリストが発表された。このメンバーの中だったら、自分はRG一択で応援したい。前回出場の2014年に続きまたしても一発目だから、きっとにぎやかしで大会を暖めてくれるに違いない。優勝は、無難にマツモトクラブあたりになりそう。敗者復活戦はサンシャイン池崎ともう中学生に勝ち上がってほしい。

最近、加齢からくる体質の変化なのか、だんだんと朝起きるのが辛くなってきた。これまでだったら目覚まし時計をセットしても、だいたいその20分か30分前には自然に目が覚めるという特技を持っていたのに、近頃はすっかり目覚ましがないと朝に気づけなくなった。

それでもベッドでだらだら寝転がるということはなくてスッと起きることはできている。体はけだるいものの。そのうち朝起き上がることすらしんどいとなると、いよいよこれまでの生活リズムを見直さないといけなくなるから嫌だなあ。自分は朝シャワーが好きなので。

そういえば先日、ローンを組む目的で銀行から「健康診断を受けてこい」と言われ、受けてきたんだけれども、その際測定した血圧の値が自分史史上最も低かった。上が100ジャスト、下が60くらい。これまでむしろ高めの方で、20代半ばで135とかあって気を付けろと言われていたくらいだった。

今まで高いことばかりを気にして生きてきたので、「血圧、低めですか?」と聞かれたことが無かったのと、「低いとどうまずいのか」がいまいちわからない。さらに血圧が低そうなガリガリのおじいちゃん先生に「100もありゃ十分だ」と言われて結局どうなのかがピンと来ていない。

あと最近、単純に毎日眠くて眠くてたまらない。夜九時になるともうオネムで、今もクラクラしながらパソコンに向かっている。これまで忙しすぎて体内がグチャグチャになっているのかもしれない。取りあえず寝れる時間が確保できる、という幸せを噛みしめながら、今日も眠りにつこうと思う。

                                     ~完~
コメント