点ノ記

日々あったことを若干適当に書いています。

家族風呂

2013年09月29日 22時01分27秒 | 日記

娘のただれた股を良くすべく、肌にいいという温泉の家族風呂に行ってきた。今回で二回目となったけど、さすが温泉というべきか、ただ血行が良くなったがゆえのものなのか、とにかくオケツが劇的に良くなってきた。下痢のほうも薬が次第に効いてきている感がある。娘に自然な笑顔が戻り、夜もすやすや寝られるようになった。油断せずしっかり治して、また元気に遊ぶようになってほしいと切に願う。

ところで今更ながら、今年のキングオブコントのかもめんたるは面白かったなあ。あの演技力が凄い。天竺鼠がやってたような荒唐無稽なものはいかにも吉本、という感じだが、最近のコントってむしろしっかりした話の流れとか、演技の部分が重視されがちなんだろうかね。

途中、天竺鼠が優勝しかけた流れになって、もしこのまま優勝したら荒れるぞ~と思ってたところだったが、さすがにうまく抜かれて良かった(別に天竺鼠が嫌いなわけではなく)。TKOは一本目、会場から悲鳴が上がっていたし娘も怖くてしっかり泣いたがそのキモさが最高に面白かった。

鬼ヶ島は、毎回悪魔に憑りつかれる系のネタが出てくるなあ。熱量が半端ないので単独ライブDVDを見ようという気にはならないものの、大会では毎回出てほしいなと思った。うしろシティのようなスタイリッシュなネタの後に見たらバカバカしくて大爆笑してしまう。

今回も、最後までずっと面白くて満足だったけど、最初の一時間、これまでの大会を振り返るということに時間を割いていてそこがもったいなかったように思う。歴代のチャンピオンのネタを流すにしても、フルタイムではなく妙に部分的だった(キングオブコメディ、ものの数秒で終わってた)。

そういう中で本番が始まると、終始進行が押して芸人の絡みが無くなっている。ダウンタウンの無茶振りに狼狽する芸人たち。あの光景もこの大会の楽しい部分だと思う(だって、あれほどの豪華なメンツが座っている)から、次回はそこの尺も多めに取っててほしいな。

                                           ~完~
コメント (2)

ソフトボール大会

2013年09月28日 19時40分07秒 | 日記

平成25年度のソフトボール大会。
去年は確か気温が30度もあって厳しかったが、今年は23度と実に心地よく最高の日和となった。

自分は今回、育児の関係があって練習に参加できなかったので、応援だけという形になった。けど、これまでずっと長く練習を続けてきたみんなの話を聞いていたので、同じ職場の
人間としては応援に来ないわけにはいかない。BBQも俺を待っている。

今年もうちの課はAチームとBチームの2チームが出場したんだけど、組み合わせの妙で、どちらも一回戦勝ち上がると二回戦目でぶつかってしまうという近い位置だった。まあ、Bチームははっきり言って思い出チームというか、上手くない人たちが多いから負けるだろうと踏んでいた。

…が、これがすごく良く奮闘して、ピッチャーもノーコンなりに緩急をつける投球をしたI君に始まり、走塁も転倒し流血しながらもホームインした同期I、レフトからのバックホームでタッチアウトを演出したSさんなど、見所満載。応援する方はあまりに面白くて自然と声が大きくなった。

最後も2アウト満塁、1点差という非常に緊迫した状態からのサード強襲ゴロ、うまく取ってからのファーストアウト。勝った瞬間「うおお」と叫んでみんなでグランドに飛び出していた。スポーツ見てガッツポーズしたのはWBC以来かもしれない。最高の試合だった。

2回戦、夢のAチーム対Bチームとなり、心情的にはBを応援していたが、容赦ない猛攻で20対0くらいで負けた。同じ課のメンバー相手でも一切手を抜かないAチーム…恐ろしく非情だが、優勝を狙って調整を入れているあたりさすがだなと思った。

このあたりで自分は帰宅したんだけど、後で聞いたらAチームはその後順調に勝ち進み、見事3位になったという。
あのゴリゴリメンバーでも3位か…。上には上がいるとはいえ残念だ。

今年は試合に出てないので、さすがにBBQも遠慮してあまり食べられなかった。来年は余裕があるなら出場して、心行くまで肉を食べ酒を飲みまくりたい。

                                          ~完~
コメント

いびきが気になって

2013年09月26日 01時10分44秒 | 日記
ひっそりと31歳になった。今年も何かと頑張っていこう!と思っている矢先、娘の体調不良の件が大変で日々の生活がままならない感じになっている。

娘がとにかくひたすら泣きまくるので、今は自分も含めて嫁の実家でお世話になっている。そのために気は基本張りっぱなしになり、なかなか眠れず。やっと寝付けたと思ったら今の時間目が覚め、為す術もない。

とにかく娘が早く元気になることを祈るしかない。明日、有給を半日とって大きい病院に連れて行くけど、赤ちゃんに処方する薬ってどうしてもゆるやかなものにしかならないから、すぐに良くなるものとは思えない。

マラソン大会近いのに雨で走れない、仕事休まざるを得ない、と、なーんか最近、流れが良くない。これが耐え所ということなんでしょうかね。頑張りたい。
コメント

アウトデラックス面白い

2013年09月22日 06時57分43秒 | 日記

娘のゲリピーの調子が相変わらず良くなくて、家族みんなが疲れ切っている。いつもおなかが痛いから基本的に機嫌が悪く、おなかが痛いからすぐウンコが出る。ウンコが出ると擦れて赤くなった股に沁みて激痛で泣く。拭いて薬を塗ってもすぐまたウンコ。非常に厳しい。しかも赤ちゃんの下痢は2,3週間続くという…。

こういう状態なので、もはや最近は夜テレビを全く見られなくなった(娘が寝ているときはなるべく起きないようにしないとだめだから)。パサパサした毎日になって気持ちも荒むけど、「アウトデラックス」だけはなんとかして視聴し、素晴らしく面白いので見ている間だけは気を紛らわしている。

前回の森脇健二さん面白かったなあ。「オールスター感謝祭のマラソンに命をかけている男」という紹介文だが、命をかけすぎて本番前日、ホテルに遺書を残すのだと。で、収録終わりにホテルに戻ってきて、遺書を破って捨てる。「最近は死なへんのがわかってきて、メモ書き程度になった」だって。

また、感謝祭のコース内にある急坂を意識して、同じ角度・距離の坂があるところに家を建てたり、野ウサギや猿と走ったりするという。「今の時点ではこの体は『ボディ』や。本番では『マシーン』に持っていかな」と熱弁するが、本人以外誰も意味がわからない。おもしろすぎる。

しかし、面白いのはきっと番組の放送時間が23分と丁度いいからだろうな、とも思う。あの熱量の人間たちを1時間見ていたらしんどい。現実にいたらまあまず疲れて相手にできない人たちばかりが出てくるし、編集と演出とマツコさんのリアクションが相まって「面白い」番組になっているんだな。

バラエティが下火になってしばらく経つが、自分たちみたいに疲れた人たちを癒している効果がある以上、いつまでも無くなることはないなと思った。お笑い番組を見る昔ほどの熱量は無くなったものの、あさってのキングオブコントも楽しみにしている。

                                                   ~完~
コメント

300回目

2013年09月18日 06時00分27秒 | 日記

今回が300回目。

200から300までの間は結構あっという間だった気がする。しかし、この間の投稿を振り返ると洗濯機新しく買ったり、バックトゥザフューチャーを生まれて初めて観たり、お世話になった車を売却したり、マラソンに開眼しダイエットに成功したり、パソコンが壊れたりといろんなことがあったなあ。

それでも、なんと言っても娘との生活が始まったというのが最も大きくて、これまでの生活スタイルが本当に一変してしまった。寝返りをしては喜び、夜寝付かないとなれば日中あちこちに行って疲れさせ、夜も7時半になったら部屋の電気を消して眠りをいざなう。「おかあさんといっしょ」も見る(これはもはや、自分の楽しみでもある)。

ハイハイを覚えて行動範囲が広がるといよいよ子供特有の「聞き分けの無さ」っぷりが出てきて、「そっち行っちゃだめだ」と進行方向をガードするととにかく怒り泣く。職業は冒険家なのか、というくらい研究熱心で、文字通り寝る間も惜しんで走り回る(目下の研究対象は磁石である)。

また最近は胃腸の調子がすこぶる悪く、下痢ばっかりするようになってしまった。それに伴っておしりの皮膚がかぶれて、真っ赤になってとてつもなく痛々しい。おしっこをしただけで沁みて、「ぎゃああ」と叫ぶ。あまりの絶叫にかわいそうになる。病院からの薬で、なんとか早く良くなってほしい。

きっとこんな感じで400回目までもひたすら娘のいろんなことが起こるんだろうな、と思う。間もなく立って歩き出すだろうし、そろそろ発声する最初の一言も注目している。毎日モンスターの相手をして大変苦労している嫁なので、まずは嫁のことを呼んであげてほしいが、せめて二言目に俺を登場させたい。小林よしひさに負けたらとてつもなく悲しい。

400を迎えるのは平成26年の7月かな。それまでに、今の環境がどのように変わっているかちょっと不安でもあり、楽しみでもある。

                                            ~完~

コメント