点ノ記

日々あったことを若干適当に書いています。

シュガーラッシュ感想

2013年07月29日 20時48分29秒 | 日記

DVDで「シュガーラッシュ」を観た。

ゲームセンターに30年も置いてあるレトロゲーム機内で、ずーっとひたすら悪役を演じ続ける主人公。プレイする子どもたちからもそうだが、ゲーム内の世界の住人からも「悪役」として冷遇されていた。いつか自分も皆に認められたい、ヒーローになりたいと、活躍の証「メダル」を手に入れようと奮闘する。

相変わらず、設定の時点で引き込まれてしまう。トイ・ストーリーといいカーズといいこれといい、とんでもない発想で話を作るから毎回驚かされる。凡人には、逆立したって出てこないアイデアだな。悪役だし、不器用で乱暴な気があるが心根が優しい主人公というのにも、親近感が湧く。

序盤で出てくる「悪役会議」も面白い。予告編とかで、ザンギエフとかクッパが出てきているのは見てたけど、まさかザンギエフにあれほどたっぷりした台詞が用意されているとは。日本では別に悪役っていうほどでもないけど、アメリカではそうなのかな。はたまた、ロシア人だから?

その他、ソニックだとかパックマンだとか、日本のゲームキャラがガンガン出てくる。マリオは名前だけしか出てこなかったけど、映画の主な舞台になっている「シュガーラッシュ」というゲームは、マリオカートに様子が似ていて連想ができる。さらに、なんと「上上下下左右左右BA」といういわゆる「コナミコマンド」まで出てきて、ファミコン世代としてはとにかくニヤニヤが止まらない。

話自体も、子どもが見て楽しいのは当然のことながら、大人が見て「仕事は苦労があるし、楽しくはないかもしれない。けれども、その現状を自分から肯定して一生懸命取り組め」というテーマが垣間見える。いいなあ、こういうの。毎日苦労続きだから、いつの間にか元気づけられている。

ちょっと世界観が広すぎて、消化しきれていないところはあったような気もする。
ていうか、この設定は考えればもっともっといろんな展開が出来ると思うから、ぜひ続編を作ってほしいな。トイ・ストーリーと比べたらちょっと酷だけど、間違いなく面白い部類に入ると思った。

                               ~完~
コメント

じわじわ太ってきた

2013年07月27日 07時00分34秒 | 日記

・前回投稿した工業用扇風機だけど、幹事たちが組み立てて課の要所に設置したところ、案外評判がいい様子だった。確かにパワーは物凄くて書類が飛ぶのを防ぐのが大変だけど、「納涼」という一点においては完全に目的を果たしている。まだ、完全デビューにはなっていないが、あの有無を言わさない絶大なパワー、荒々しい職場には適しているのか。

・職場近くにある「ろぜお」というラーメン屋で「ジャイアン」という期間限定のラーメンが出たらしい。噂で聞いたところでは、最近猛威を振るう「くめちゃん」を意識してか、もやしがたっぷり入った巨大ラーメンになっているとのこと…。ネットで「ジャイアン」を調べても「剛田武」としか出ないので、直接食べてきた。

値段は1,000円という思い切り。焦がし醤油の太麺で、にんにくたっぷり、もやしたっぷり、そして圧巻の超デカチャーシュー二枚。ろぜおラーメンの繊細かつ一品料理的なイメージとは違うが、美味しく食べることができた。この方向性なら、くめちゃんを食べた方がいいものの、試みが面白いなと思った。

・娘が、ようやくハイハイができるようになった。8ヶ月28日目にして。
早い子ならば7ヶ月から出来るようになるので、つまり筋力的にはだいぶ前から出来たものが、うちの子の場合「左足を出したら、次右足を出せばいい」というのに気づくまでちょっと時間がかかってしまった。

親としてはハイハイが出来て娘の成長を実感できるので嬉しいが、これからは家の中を這いずり回ることになるから注意が必要だ。角のあるタンス、小さいもの、冬になるとストーブも危ない。一度つっぱり棒的なものを使って結界を作らなければなあと考えている。

                            ~完~
コメント

工業用扇風機を事務室で使う

2013年07月24日 06時05分46秒 | 日記

ロンハーの「芸人リスペクト番付」、パンサー尾形さんの狼狽の仕方がめちゃくちゃ面白かった。悪口を引き出そうとする周りのパスに、あせって取り繕うほどさらに泥沼にハマる。陣内を10位にした理由が「見ず知らずの人に洗脳されたから」って。面白すぎて、狩野さんのよりもこの企画にはまっていた気がした。

ところで先日、「うちの職場内の親睦会費で扇風機を買おう」という話になった。

これまでは、職場にはクーラーは無いし、扇風機も基本的に置いてなかった。夏場になると90台ちかくあるパソコン類の熱も相まって絶望的に暑く、地獄のような職場になっていた。熱中症になってもしょうがないので、やっと!満を持して!扇風機の購入に踏み切ったのだ。2013年にして。

で、今年の親睦会幹事である後輩H君らが扇風機を買ったんだけど、なんと「工業用のやつ」にしてしまった。工業用って工場の機械冷やすやつだろ。そのバカでかさに一目で大爆笑。

人数が多くて部屋が広いから普通のやつではだめだな、っていう発想だったのだけど、試運転で課長に向けてスイッチオンしたら、「弱」なのに爆裂な風が吹き荒れて書類は飛び散るわ、「ババババババ」と強烈な音が出るわ、その辺の爆風コントばりの光景が広がって最高…もとい最悪だった。

ネットで買ったため、格安(4,000円弱)なのだが返品が利かない、と。
せめてこのバババという音を小さくすることはできないか、と調べ「扇風機の速度調節器」というのを見つけたが、それはひとつ5,000円する、という。あせりまくる後輩を見ていて笑いが止まらない。しかも恐ろしいことに、この扇風機がなんとあと5台もある。

あせりまくる後輩H。これまで幹事仕事をそつなくこなしてきて、悪く言うと「無難で印象に残らない」イメージがあったが、ここにきて一気に頭角を現したな。課の職員一人につきだいたい350円くらいの損害だが、その分は笑わせてもらったので自分的には全然いいなと思った。後は、お堅い方々にどう謝罪するか。

                               ~完~
コメント

13時間

2013年07月22日 06時49分47秒 | 日記

今回の選挙もそうだけど、毎回、どこの政党がどういう考えで自分がどこに入れるべきなのかわからなくなる。選挙カーを見てても自分の名前を叫ぶのみだし、広報を読んでも耳あたりの良いことしか書いていない(選挙カーは、本当にもう何のためにやっているものなのかわからない)。

ところがインターネットにはいいものがあって、先日後輩から「自分の考えに最も近い政党がわかるサイトがある」と教えてもらった。やってみたらこれが素晴らしい。たった20個の質問(「TPPには参加するべき」とか)にそう思う、ややそう思う、中立、ややそう思わない、思わないで答えていくのみ。親切にも、ひとつひとつの政策についてメリットやデメリットまで簡単に解説されている。

漠然とニュースを見てたらわからないけど、はっきり「○○についてはどう思うか」と聞かれると、案外考えてしまうし、自分自身こう思っていたのか、という整理にもなる。いいサイトだな、と思った。今後は何か大きい選挙があるたびにこれを活用していこう(きちんとした大学教授さんが作っている、とのこと)。

ところで、今回は初めてきちんとした投票所で投票した。これまでは選挙事務に携わる必要があったので必ず期日前投票という形になっていたので。今回から、体力の限界のため選挙事務を遠慮させていただいたところ、実に有意義な日曜日を過ごすことができて本当に有難い。

朝起きて投票行って、散歩して買い物して、部屋そうじして公園行って娘と遊んで、再び買い物行ってマック食べて、ビール飲んで食後ジョギングして。これらの行動をとっている間、これまでだったら「椅子に座り、何の情報もない空間で13時間はんこを押す」という作業になっていた。

なんていうか、解き放たれた気分。毎回従事される方は、本当にお疲れ様でしたと言いたい。特にむつの方々だとさらに深くまで残るだろうから、その心労たるや計り知れないな。

                                ~完~
コメント

例え+例え

2013年07月19日 06時13分40秒 | 日記

仕事をしている最中、のどが渇いて売店でパインアップルジュースを買って飲んだ(自分は、パインアップルは果物の中で一番おいしいと思っている)。スパークリングで、程よい酸味と香りと甘みがあったのに、なんとゼロカロリーだったのでえらく驚いた。

で、飲んでて一息ついていた時にふと疑問に思ったんだけど、パインアップルという名になんで「アップル」という別の果物の名前が入ってるんだろうか。「りんご的な」という意味なのだとしたら、一番好きなパインアップルの存在がまず「りんごありき」で認められてて、なんか悔しい気がした。

後でパインアップルの語源を調べてみたところ、確かに「アップル」部分は「りんごのような香りがする」という意味であった。これはまあ、見込みの通りだしどうしようもない。ただ…前半部分の「パイン」は、「松ぼっくりのような形をしている」という意味だとのこと。

つまり、パインアップルは「松ぼっくりのような形をしている、りんごのような香りがするヤツ」という、例えと例え足し合わせた言葉だったわけか。なんか虚しい。これほど美味しい果物なのだから、パイン独自の、実態のあるネーミングが欲しかったなと思う。さすがに手遅れすぎるか。

しかしまあ、さらに調べてみたところ昔はりんごを含む果物全般を指して「アップル」と言っていたという説もあるとのことで、そうだとするなら「ストロベリー」とか「ブルーベリー」の「ベリー」みたいな使い方なのだな、と納得することができる(ただしピーチはピーチアップルに改名してもらいたいが)。

世の中にはエボシダイ、アコウダイと「タイ」がついているの「タイ」にじゃない魚もいる(エボシダイは「スズキ目」、アコウダイは「カサゴ目」)らしいし、Yシャツも聞き取り違いがそのまま正式名称になっている。結構ものの名前の由来っていうのはいい加減なものなんだな。パインアップルは、まだそれらの中ではましな方なのかもしれない。

                               ~完~

コメント