点ノ記

日々あったことを若干適当に書いています。

平和公園で手足痺れる

2013年05月30日 06時51分54秒 | 日記

6月22日の職場内駅伝大会に向けて、我が課の駅伝参加者でタイム計測をした。
平和公園1周700メートルのコースを、3周。

人によっては「今日だったっけ、タイム計測」くらいの軽いノリだったんだけど、自分だけはもう10日前から緊張し、モチベーションを高め、完全にこの日に標準を合わせて調整を続けてきた。酒も我慢し、計測日当日も開始1時間前にウイダーインゼリーを飲むほどの徹底ぶり。我、非常に気持ち悪い。

なんというか、そこそこ適当に準備して適当に走って、去年よりも大幅に遅くなってたりするといたたまれなくなるというか。「遅くなったのは前日酒飲んだからだな」とか言い訳しちゃいそうなヤツなので、「やれるだけのことをやって、それでもダメだった」と言える下準備をしたという感じがする。

結局、タイムは7分41秒と、昨年よりも3秒遅いタイムとなってしまった。
3秒ってたいしたことないかと思うけど実はそこそこ違いがあって、距離にするとたぶん15メートルくらい差がある。去年より練習し、去年より体重軽かったのに遅くなった。いよいよ、加齢の衰えというやつがでてきたのか。

もう、2周目の最初くらいから酸欠で手や足が痺れだしてきてこれはヤバいなと思った。そこまでして走る必要あるのか、3周終わったら速やかに死ぬだろうな、と体が動かなくなる。そういう意味では3秒差で終われて良かった。

その他の方々は、去年遅かった人は皆20秒ずつくらい速くなって凄かったが、去年速かった人が逆に20秒ほどタイムを落としていて、結果チームとしては去年とそれほど変わらない成績となった。まだ本気で走ってない人もいたから、多少は早まるかな。2005年時の「4位」という成績を上回ることができるだろうか。

今、部長が必至に選手登録を考えているところ。今年は、駅伝チームの課内での「透明人間感」が例年以上なので、いい成績を出して存在を主張していきたい。

                         ~完~
コメント

若いモンのフリ

2013年05月28日 06時19分38秒 | 日記

今週に入って、小林よしひさ兄さんの体操服が変わっていた。主に色が。これって、毎週変わるのか?だとしたら、年間50着ということになるからさすがにそれは無いかな。気づけばいよいよ、娘が寝てて見ていない時でもよしひさ兄さんの変顔を拝むようになってしまった私。

さて、先週金曜日は久しぶりに大規模な飲みに参加してきた。
もともとは職場の2年目職員が1年目職員を招いて、仕事の悩みを相談しあったり親睦会の引継ぎっぽいことをする飲みだったのだが、お祭り感大好きな3年目同期がほとんど現幹事を取り仕切っているので、実態は3年目の院政。その人の強い要請で自分も参加することになった。

正直なところ、3年目である自分にとってはこの飲みに参加することに意義はない。むしろ、1年2年という若手だからこそ話せる上への愚痴とか、そういうので盛り上がるべきところだから居ては邪魔になりそうな、そんな予感がして、正直なところ参加はしたくなかった。

実際行ってみたら、日ごろ全然喋る機会がない子らとも話せたしみんないい人だったので楽しかったんだけど。うわさで、「人と付き合うつもりが全くないヤツ」と評されていたM君が、実はそんなことなくて凄い律儀で気ぃ使いだったのがわかったり、やはり何事も百聞は一見にしかずなのだな、と思った。

ただ、やはり飲みのノリは「若いモン」であって、最年少は22歳。人によっては酒を飲みたてのサークルの大学生みたいな感じがして、そこはおじさん大いに厳しかった。職場としては3年目だから自分も若手だけど、なんやかんやでもう31だからね…。それでもまあ、ぜひにと誘われたのだからと思い、場の一員にはなろうと頑張った。

今回は最後まで楽しく飲むことができたけど、これからはあのノリをするのはきっと難しくなっていくだろう。どんどん歳を重ねていったとき、若いモンがどういう人か知るという機会は減っていくのかもしれないと思うと、非常に恐い。中年への変革期を感じた、今回の飲みであった。

                               ~完~
コメント

癒し

2013年05月23日 21時34分07秒 | 日記

今日は、一日のうちで何度か、頭にくることが重なってしまい非常に疲れた。心身ともにクタクタになったけど、娘が無の境地でブリブリ頭を振っているのを見てたら自然と笑いがこみ上がってきて、荒くれた気持ちも治まった。娘は自覚ないだろうが、本当に癒しの効果があるので感謝している。

さて、最近は出勤前に娘と一緒に「おかあさんと一緒」を観るようになったんだけど、改めてみるとほんとに子どものために様々な計算が巧みにされていて凄い番組だな、と思っている。意味がわかってるのかどうなのか、とにかく毎朝、娘の番組への食いつき方がハンパじゃない。

思えば自分の時はじゃじゃ丸、ピッコロ、ポロリだったなあ。あの時の感覚では、ずーっと固定メンバーでやってるものと思っていた。懐かしい。今はメーコブ、ムテ吉、ミーニャになってて、どれも今風でかわいい(特にミーニャが)。やっていることは昔とほとんど差がない。

で、番組の後半で「ぱわわぷ体操」をする「たいそうのお兄さん」が、毎回個性的な変顔をするのでやたら脳に焼きつく。最初は「うわ、この人気持ち悪いなあ」と思ったが、いつの間にか毎朝お兄さんの変顔で笑っていて、ハマッている自分がいることに気づいた。

小林よしひさという名前の31歳、ということしかわからないが…きっと、「おかあさんといっしょ」に起用されるに至るまで、相当な険しい道のりがあったのだろうなと推測する。大学で体操や運動の理論を学び、幼児教育のなんたるかを学び…また厳しい下積み時代があり…。数々の苦労があっただろうな。

だから、この変顔にはきっと強い意思や込められた想いがあるんだ。生半可な気持ちでやっているんじゃない。毎日体操の子どものメンバーが違うから、きっと5本撮りで、体力も消耗しながら頑張っているんだ。それを気持ち悪いの一言で片付けてはあまりにお兄さんが不憫ではないか。

明日からも、娘と一緒にぱわわぷ体操で元気をつけて仕事に臨もう。
機会があれば、ぜひ見てみてください。

                               ~完~



コメント (2)

相手にしないのが一番

2013年05月21日 05時49分22秒 | 日記

ハマカーン神田さんが、韓国人占い師魚ちゃんから「全く才能ない」「優勝なんて1回なら誰でもできる」と言われ激怒しているらしい。「才能がないのはその通りだが、THE MANZAIにエントリーした漫才師全員がバカにされた」と。

この占い師のことを自分は全く知らなかったので調べてみたんだけど、毒舌が売りの何でもズバズバ言うタイプの人なのか。韓国料理のお店をやってて、無償でお客さんを占っているうちに有名になり結構テレビにも出ている。公式サイトによると「思ったことははっきり言いますが、皆の幸せのために言ってるので怒らないでね」とのこと。

才能がないとか、誰でも優勝できるとか言う発言は個人のお笑いに対する感想であって、そもそも占いですらないと思う。ただのお笑いファンの自分が「なに言ってるんだこいつ」とあきれてしまうくらいだから、ずーっと昔から仕事としてやってる神田さんには許せない発言だったんだろうな。

その後ツイッターで、その場で笑いで返せなかったことを反省して「そんな短気じゃ芸能界からすぐ消えるな、魚ちゃんの言うとおりだ」と発言するも、2日後に「まだイライラが消えていないようです。ザマンザイをバカにされたこと、やはり許せない」「他の仕事に気持ちを引き摺らないようにするの大変」と書き込んだ。

これほど本気で怒っているとは…。これはもう、今年もエントリーしたTHE MANZAIで連覇を達成し、見返すしかないでしょ。2回優勝ってのは、M-1も含めればパンクブーブーしか成し遂げたことがないから大偉業になる。絶対やってほしい。

でも、優勝したら「あなたの幸せのために言った」とか言いそう。どっちに転んでも占い師には好都合で、ダメージも全くない。当たるも八卦、当たらぬも八卦とはうまい言葉だ。キレてしまう気持ちはとてもわかるが、結局それを笑いに変えられなかったから相手の思う壺で、そういう意味で今回は神田さんの負けということなのかもしれない。

                             ~完~
コメント (2)

大会後速やかに

2013年05月19日 07時10分07秒 | 日記

8年前にお世話になった先輩方から飲みに誘われたんだけど、ちょうどその日は別な飲みが入っている日だった。行く方の飲み会は、あまり知らない人が多く参加するので実はあまり乗り気じゃない。乗り気じゃないほうに行って、行きたい方を断る、というのは非常にムズ痒い。せめて、行く方を全力で楽しむほかない。

さて、先週の日曜日うみねこマラソンを走り終えたわけだけど、あれからもうすでに体重がバリバリ増加していて恐ろしい。練習追い込み期間中に鉄の意志で食べるのを回避していた「くめちゃんラーメン」に、試合が終わったからと解禁して行ったせいなんだけど、まさか一夜にして1キロも体重が増えるとはね。

それに練習自体もあれほど毎日やっていたにも関わらず、今はモチベーションがだいぶ低下してせいぜい3日に1回軽ーく走る、という程度になってしまった。堕落っぷりの凄さ、恐るべし。自分という人間はとにかく大会にエントリーし、常にケツを叩いていなければ一生走るとか節制するとかしないヤーツなんだな。

職場には、マラソン大会にも参加せずともたった一人の意思で朝走ったり、鍛えたりする人がいる。ホントにどういう精神状態なのかな、と思ってしまう。そういう人は得てしてスタイルも良く、シュッとしている。日ごろの自分の生活態度と比べると毎日の積み重ねってのは大きいな、と思わざるを得ない。

そこで、職場の駅伝大会のメンバー決めで行われる「平和公園タイム計測」を近々の目標に設定して、そこに向けて再び自分を律していこうかな、と決めた。タイム計測は5月28日。あと10日しかない。みんなで2.1キロのタイムを計るし、1軍に入れるかどうかもかかってくる大事な機会なので、合わせていこう。

くめちゃんラーメンは…しょうがないので、また10日我慢しよう(仕事終わりに空腹の極みの状態だと、無性に食べたくなってしまう中毒性がある)。

                             ~完~
コメント (2)