点ノ記

日々あったことを若干適当に書いています。

娘の幼稚園最後の運動会

2018年06月18日 21時12分25秒 | 日記

平成30年6月16日、5歳半で年長さんとなる娘の、幼稚園での最後の運動会が行われた。去年は当日大雨となって会が流れてしまったが今年はカラッと快晴で気持ちのいい天気だ。

前日に嫁が場所取りに行ってきたが、場所取りは早い者勝ちではなく抽選とのことで、運の良さが試される。嫁は話によるとちょうど半分めくらいに当たったとのことだが、コーナー曲がったくらいのあたりの最前列を確保でき観戦するには絶好のポジションをゲットできて良かった。

実際はコーナーの位置だと開会式がほぼ見れなかったり、お遊戯がうまく見れなかったりと、最前列でも結構大変だったんだけれども。幼稚園にリクエストしたいのは、場所によって子どもをほぼ全く見れない種目ができてしまうので、できたらちょっとずつ校庭を回るとか、どの席をとってもまんべんなく子どもを見られるような工夫をしてみてほしい。

さて、娘は徒競走に障害物競走にお遊戯にと精力的に体を動かしていた。順位はさほど関心がないのか、適当に走り切って適当な順位で終わりという様子で闘争心は見られない。そのへん男子はすさまじくて、全力で駆け回っていてそれはそれで非常に頼もしく、かわいらしくもあった。

親子競技があって、娘と一緒に走った。二個のフラフープを被って、それをバトンがわりとして走る。勝負は各親子の走力よりもフラフープをいかにスムーズに次に引き継ぐかのスピードが最も重要で、そこでモタついて大幅に差を開けられてしまうとこもあった。自分らはどれも平均的で面白味はなかったが、当の本人は楽しんでいたのでそれで良かった。

恐かったのが「卒園児(小学1年~3年生)による徒競走」で、ガタイもよくパワーもついている小学生が、幼稚園児用の校庭で全力出すものだから、自分が陣取っているコーナーのところでたくさん転ぶ。転びまくって自分のところに飛び込んできそうなうえ、砂ぼこりもモロに喰らうので大変だった。臨場感がエグかった。

これで娘の幼稚園での運動会は終わりだ。来年は小学生になっているのかと思うといまいち想像ができないが、来年以降も応援は続けていきたい。また、息子がこの幼稚園に入った場合は、場所取りするならコーナー以外を取りたい。

                           ~完~
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 息子1歳となる | トップ | 現担当になって一年、身近な... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事