点ノ記

日々あったことを若干適当に書いています。

ドラマ元年

2014年03月09日 21時19分54秒 | 日記

膝の調子もなんとか良くなり、再びジョギングに精を出している。ジョギング用ウォークマンを愛用して新しい曲をたくさん入れて聴いているが、マキシマムザホルモンがあまりにもランに合いすぎて他の曲だとどうしても物足りなくなってしまった。カルピスの濃い割を飲んでいるような感覚に近いかもしれない。

さて最近は、本当によくドラマばっかり観ている。「ばっかり」と言っても仕事もしてるし育児もしてるので、一日1話か2話くらいずつしか見られないんだけど。この間やっとリーガルハイを見終わって、今は「チームバチスタの栄光」シリーズを楽しんでいる。

以前も軽く書いたことがあるけど、とにかくこれまでの人生「ドラマ」というものを軽視してきたというか、「どうせ自分の毛嫌いする恋愛ものばかりなんでしょ」と偏見の目で見ていて(事実昔は恋愛もののトレンディドラマが多かった)、たまに好きな漫画がドラマになっても勝手にいいように改変されてるから許しがたく、むしろ敵視していた。

ところが同期から「半沢直樹」借りて見て、こういう職業もののドラマってめちゃくちゃ面白いなあということに気づかされてから、とにかく人のお勧めを聞いて見まくろうと思えている自分がいる。やはり恋愛ものには欠片も興味がないけれども。

「バチスタ」は「半沢」と比べると…というか、堺雅人さんと比べると演技がわざとらしい気がするが内容が凄く面白い。医療系の話は専門的すぎるし、何より手術シーンが極めてグロいので見ててつらいものの、それをうまくわかりやすく推理ものにしているから凄い。

こういうのを見ていると自分の仕事もドラマにならないかな…って思う。はっきり言って題材は豊富だと思いますよ、事実は小説より奇なりを地で行くというか破天荒な出来事ばかり目にできる仕事なので。ドラマにしようとしたら「明日ママがいない」以上に問題になりそうだけども。

とにかく今は、TSUTAYAから一気に借りてきた6枚(12時間分)の「バチスタ」を、あと6日以内に見ることに集中しよう。延滞金を払う結果にならないように、まずは毎日娘を規則正しく夜8時に眠らせるミッションを成功させるのだ。

                                 ~完~
コメント