そよ風のように

  
  
 日々の出来事や散歩写真を思いのままに・・
 
 
   




   

大雄山最乗寺天狗と巨大下駄

2018-06-24 08:52:21 | お出かけ

大雄山最乗寺は曹洞宗に属し全国に4000余りの門流を持つお寺です

開創以来600年の歴史を持つ関東の霊場として知られ

堂搭は30棟に及ぶ。

      

 

       

 

      

        

       

 

 

             

 

          

 

     

 

苔生した灯籠と巨木

     

 

130ヘクタールという広大な土地(山)

     

 

山門の両脇には天狗の像が・・。

     

 左は大天狗 右は小天狗

     

 

     

天狗伝説は1394年、了庵慧明(りょうあんえみょう)という僧が

最乗寺を開山した際に了庵の弟子の道了が寺を守るために

天狗に変身したと言われている

 

上まで上れない人の為なのか(勝手に想像)途中に

一回り小型の下駄(とは言え人の背丈はある)が祀られていた

     

 

数え切れない階段を上って行くと

天狗の団扇と下駄

     

 

傍には世界一の巨大下駄 重さ3.8トン・・半端ない!

霧が流れてくる

     

 

手前の小さな下駄と比較

     

 

最乗寺は階段も「半端ない!!」

手前の光っている急こう配も階段です

     

こんな階段を幾つも上って来ました

と言う事は下りも同じだけ有ると言う訳で

筋肉痛

ブログに解説を書き込む元気も有りませんでしたが

やっと復活しました。

 

ご訪問ありがとうございます               

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 雨の山門 | トップ | 紫陽花の咲く道 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
スケール (吾亦紅)
2018-06-24 10:05:10
凄いスケールの大きいお寺さんなのですね。
写真の数々も見せていただきました。
下駄は天狗の下駄なのでしょうか?面白い(と言ってはいけないのでしょうけど)です。
階段の急なこと、ご苦労様でした。
おはようございます(^^)/ (hiroko)
2018-06-24 10:38:56
今の私にはとても登り切れない階段ですが、
登った甲斐がありましたね、
しっぽりと雨の神社も風情がありますね☔
吾亦紅さんへ (そよかぜ)
2018-06-25 08:25:17
おはようございます
スケールが大きい。。
そうなのですよ 
疲れが今頃出てきました
昨日のブログも一回では写真が多すぎましたが
2度UPするのもしんどかったので纏めてしまいました
下まで見て頂いてありがとうございます
hirokoさんへ (そよかぜ)
2018-06-25 08:35:26
おはようございます
今頃になって疲れが出ました
歳って事でしょうかね(;´∀`)
階段は350段あるようですが(数えていません)昇って下って山道を歩いて境内を歩いて・・
ほぇ~~(◎_◎;)って感じです
写真を一度にUPし過ぎたのに見て頂いて
ありがとうございます
昨日はUPした後パソコンを開く元気が有りませんでした(;´・ω・)

お出かけ」カテゴリの最新記事