そよ風のように

  
  
 日々の出来事や散歩写真を思いのままに・・
 
 
   




   

白詰草とカタバミ

2018-07-10 08:40:39 | 野の花

     

 

      

 

シロツメクサ(白詰草)名前の由来

1846年(弘化3年)にオランダから献上されたガラス製品の包装に暖衛材として

詰められていたことに由来する

 

明治時代以降家畜の飼料用として導入されたものが

野生化した帰化植物です

根粒菌の作用により窒素を固定することから

地球を豊かにする植物として緑化資材にも用いられている

 

ご訪問ありがとうございます  

                                                

『写真』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 入道雲 | トップ | 上を向いた向日葵 »
最近の画像もっと見る

野の花」カテゴリの最新記事