三上俊樹日本画の絵具棚

デッサン、本画、日常活動などを掲載します
画像を再掲載することがあります



梱包

2018-04-21 | Diary
明日は搬入飾付で午後に作品の引取に・・

運送業者が来るので全部の作品の額入れと点検、梱包。



ミニチュアも含め27点。

大作のうち、120号にするか100号にするか迷って・・

どっちがいいか?

画廊と相談すると・・

両方入ると言われた。

2Fのギャラリーは1階に比べ小ぶりなギャラリーなので・・

圧迫感を感じるのじゃないかと心配なのだが・・

「美術の窓」5月号(4月20日発売)に個展紹介記事。
「樹の会日本画展」5月開催記事も掲載されています。


展覧会廻り

2018-04-20 | Diary


都美術館へ・・

上野の山は外国人と修学旅行の中学生と観光客と・・ごった返し。

ひとわたり、日春展を見て銀座。

ギャラリー杉野「井出文洋日本画展」

井出さんとは近藤弘明先生の寂静会で同門の付き合い。

同じころ在籍していた塾のメンバーの消息はあまり聞かない。


・・調布へ「岡本 博日本画展」

行くたびに調布はどんどん変わる。

古いお付き合いになった。芸大で小林古径に指導を受けた人で・・

院展とは無縁に生き、日本美術会に所属、独特の画風で墨と淡彩の仕事。

しばらく、しゃべって・・国立へ・・


ギャラリー国立「会田 税・竹花美智子・永松健3人展」

抽象の永松さんは以前、グループ展で一緒でお互いの表現は違うが何か気が合う・・・




再開

2018-04-19 | Diary


一昨日から・・・

描きかけてしばらく止まっていた制作を再開。

まだまだ時間が掛かりそうなので個展にはとても間に合わない。



絵具棚の手前の筆洗のある小さなテーブルの隙間で・・・

ただ、ひたすら絵具を溶く。

丁寧に溶き下ろすことだけに集中する。


落款

2018-04-18 | Diary


これは作品シールに貼るサインの部分。

これはまあまあ上手くいっている。

画面に落款するとき・・

だいたい、上手く行かない。


自問するが訳がわからない。

同じ字体にならないのは、どうしてなんだか。

上手い人の落款を見るとほとほと感心する。

我ながらどうしてなのか理解しがたい。

だから、落款が下手だ。

今度の個展に並ぶ絵の落款もそれぞれ違っている。

展覧会廻り・2度目のDM

2018-04-17 | Diary


八重洲・西邑画廊 「雫の会」前原満夫、岩波昭彦、霜鳥忍、辻村和美

以前は松本高明氏が入っていてメンバー交代。

横浜関内 吉田町みつい画廊「フラウ展」女性36人によるグループ展。

知り合いのメンバー数人と久々の談笑。


関内・画廊楽で担当者と社長とで個展のリスト、6月からの教室について検討。

個展のDM、新しいデザインの違うのが出来ていてびっくりで・・



DMが足りなくなって急きょ作成との事。DMが2種類。

前のデザインがこれ・・


絹金ミニチュア

2018-04-15 | 日本画


何点か用意していた絹金のミニチュア。

まだ何か、ピンと来ない。

そこで急いで3点ほど制作。

全部のミニチュアから出品作を選びなおし。

今日は人出の多い町の・・額屋さんへ・・

裏打ち

2018-04-13 | 技法/技術
絹金のミニチュアを1点仕上げ・・

出来上がった絵がほんの少し乾いていなかったとみえ・・

仮貼りから剥がすとわずかに画面がゆがんでいる。

切ってあるマットに入れるとピタッと来ない。



これは余分を切り取ったもので全く問題ない状態。



美濃紙より厚手の紙で裏打ちを再度施し、仮貼りに画面を裏にして貼り込み。




牡丹到来

2018-04-12 | Diary
近所の樹の会の人から今年も牡丹が届られた。

例年、牡丹は月末あたりだから今年はかなり速い。

アトリエの中でみるみるうちに花が開く。1枚スケッチ。


DM

2018-04-11 | Diary


今月開催分の到来DM。

月末には自分の個展もあって・・・

さて全部回り切れるだろうか?

節句が近い、初夏の花

2018-04-10 | Diary
急きょの依頼で・・

友人の写真家から初孫へ・・

初節句の絵を描いてくれと頼まれ・・・個展前で一旦断ったが・・

「ちょちょっと描いてくれればいいんだ!」

そうはいかないんだがネ・・

節句前までに。さて・・困ったな。

可愛い孫の写真を見せられては断れない・・・。

で・・・

2種の紙にドーサ引き。余分に用意。




庭に藤の花が咲きだし、アマドコロもスギナの間から小さ楕円の花をつけた。

初夏の花たち。




横浜開港記念館

2018-04-09 | Diary


横浜開港記念館でハマ展総会



午後、開会前の1階講堂。

5月の蒼秀会と6月の会員会友展のDMが出来上がり・・



新しいメンバーが参加



こちらは全員、大作ばかり。

樹の会予告

2018-04-07 | 展覧会予告



上野・三越・銀座・渋谷

2018-04-06 | Diary
手術してから電車に乗っての外出は控えていたが、今日は出ないわけにはいかない。

樹の会研究会を終え上野へ

「写実画壇展」

会場で洋画のメンバーと立ち話。銀座線、三越前。



院展の下村 貢氏からご案内を頂き、眼の手術でなかなか行けなかったが・・・

やっと会場で下村さんの絵が見られた。

今回、奨励賞を受賞。静かで深い色面のいい絵だった。

ほか、数名の知り合いの絵は・・・

「どうかしたの?」と聞きたいような・・そんな感じであった。

銀座うしお画廊



いろいろな大きな動物がいて・・そして愛すべき小さな動物もいた。

作家の勝山さんとしばし、雑談。

銀座線で渋谷。ウエマツ。

表具に使う「一番のり」の小袋はないものかと聞くが・・以前のように大きな1㌔入りの袋詰めだけ。

仕方がない。買って帰って小分けし、保存するしかない。

以前は正麩のりを作っていたが結構、この糊が使い勝手が良い。

店の中で日本画院の方に声を掛けられた。少しおしゃべり。

久ぶりの外出、少々、くたびれ。松屋の朝日チャリティー美術展・東京は寄らず。

朝日チャリティー美術展

2018-04-05 | 展覧会予告
4月6日(金)より9日(月)まで

朝日チャリティー美術展・東京展

銀座・松屋 8階イベントスクエア

1点出品しています

めがね

2018-04-04 | Diary


サングラスを除く3つの眼鏡はどれも、もう使えない。

先月末から2週続けた両眼の手術を終えた・・

連日、眼科通いが続く。

眼帯を取った時、色彩の輝きが違うことに驚いた。

以前使っていた眼鏡はまったく使えなくなった。

今は裸眼のほうが少し楽・・

ただ、光が夏のように強いのでサングラスを使用。

まだまだ、安定していないので新しい眼鏡は作れない。


個展まであと2週間あまり・・