神奈川県 逗子で医療用ウィッグ(かつら)をカットする化学療法(抗がん剤)を経験した美容師のブログ

三浦半島(鎌倉、逗子、葉山、横須賀、三浦)横浜市 湘南地区 県内外からお問い合わせいただいてます

読売新聞埼玉版に掲載されました

2013-05-29 22:04:25 | 報道でのご紹介
       NPO法人日本ヘアエピテーゼ協会埼玉支部の毛内 英克さんが読売新聞埼玉版で紹介されました。

  


     記事の内容は↓


    抗がん剤の影響で髪が抜けるショックを和らげるため、さいたま市大宮区の美容師毛内英か克さん(46)が

  医療用かつらを使って元の髪型に戻す「再現美容師」としてがん患者を支援している。

  患者数は増えているが、かつらの扱いに慣れた再現美容師は少なく、

  毛内さんは「脱毛の事実を受け入れられず、前向きになれない人は多い。外見を保つことで、患者さんの気持ちを明るくしたい」と語る。


    再現美容師は、がんなどで髪を失った患者のための医療用かつらを開発したNPO法人日本ヘアエピテーゼ協会(東京)が2006年から認定しており、

  23都府県の約30店に約100人の再現美容師がいる。
 
    毛内さんは約20年前から、さいたま市大宮区で美容室「K Palette(ケーパレット)」を経営。

    親戚をがんで亡くしたことをきっかけに同協会を知り、2011年秋に認定を受け、昨年春から活動をはじめた。

  元のヘアスタイルに近づけるため、治療前に来店して自分の髪に合わせたかつらを作ることを勧め、

  治療後には伸びていく髪に合わせてかつらを整える。


    毛内さんが1対1で対応し、現在は20〜50歳代の約30人の女性が通っている。

  県東部の40歳代の主婦は約1年前にがんと診断されて抗がん剤治療を受け、ほぼ全ての髪が抜けた。

  別の店で作ったかつらは合わず、人目を気にして閉じこもりがちになった。

  昨年秋に毛内さんのお店を知り、以前のロングヘアに戻すことができ、「生き返った思い」と喜ぶ。

  同協会の医療用かつらのほか、他社製のかつらについても様々な相談に応じている。

     問い合わせは、同店(048・643・6061)








    女性の癌患者の為に必要な補整具に医療控除を求める市民運動をしています 

                   ご協力お願いいたします http://www.shomei.tv/project-1585.html
               
                   携帯からはhttp://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=1585  

人気ブログランキングへ←よろしかったらクリックお願いします
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへにほんブログ村
コメント

熊本日日新聞に掲載されました

2013-05-09 22:21:21 | 報道でのご紹介
    日本ヘアエピテーゼ協会熊本支部の宮之前 亜紀さんの活動が熊本日日新聞に掲載されました。

   宮之前さんは乳癌サバイバーの再現美容師です。

   「髪が生えそろうまでの1~2年、仕事や楽しみをあきらめて大切な時間を空白期間にしてほしくない。」

   がん患者の方の目線で寄り添って活動をしています   


    


     日本ヘアエピテーゼ協会のブログですhttp://www.hair-epithese.com/pg336.html


    女性の癌患者の為に必要な補整具に医療控除を求める市民運動をしています 

                   ご協力お願いいたします http://www.shomei.tv/project-1585.html
               
                   携帯からはhttp://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=1585  

人気ブログランキングへ←よろしかったらクリックお願いします
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへにほんブログ村
コメント